タグ:ホトトギス ( 6 ) タグの人気記事

草 ・ ホトトギス

【今日の朝パチッ!・・・草の種】
名前を忘れた草にΦ0.5㎜位の種がいっぱい付いていました。よく見ると水を蓄えています。これも生きる知恵でしょうか。
瑞々しい感じがします。食べられるかもしれません。(未確認)
d0019350_2346631.jpg
【焼津ギャラリーの清掃と草取り】
今日は、本社と焼津ギャラリーの一斉清掃日です。私は、焼津ギャラリーに行き、木の剪定をしました。焼津ギャラリーは、
阪神淡路大震災の発生する1時間前に四国から木頭杉を焼津に搬入しました。
既に18年が経っていますが、外壁の杉板も塗り直していません。玄関前の珪藻土の壁は、1階だけ家庭用高圧洗浄機で
洗浄したらきれいになりましたが、2階が汚れています。
お客様から「使用前・使用後みたいで、いいね!」言われ、そのままにしてあります。今日は、米袋8袋の草や葉が集まり
ました。今度は、2階の外壁もきれいにしなくては・・・。足場が必要です。 (-﹏-。) 。
どうしたことか、金糸梅 (きんしばい)が1輪だけ咲いていました。いつもは、6月に咲くのに、異常気象の影響でしょうね。 (-﹏-。) 。2
d0019350_023214.jpg
【山に自生するホトトギスとタイワンホトトギス】
近所の山に自生するホトトギスは、種、開花途中、完全開花と一連の流れが分かります。自宅のタイワンホトトギスとは、
明らかに花の付き方が違います。
在来のホトトギスは、ほとんど見られなくなりましたが、・・・実は、タイワンホトトギスは、「絶滅危惧種」ですが、在来種は
そうではありません。
違和感を感じると思いますが、タイワンホトトギスは、自生する物を採って、品種改良して、園芸品種として売られている
からです。桔梗や川メダカと同じです。ですから、タイワンホトトギスや桔梗、川メダカが「絶滅危惧種」ということを知る人
は少ないのです。
自生するホトトギスは、日陰に咲きますが、自宅のタイワンホトトギスは、日向で多くの花を付けています。皮肉なものです。 (-﹏-。) 。
d0019350_23485275.jpg

昨日は、寒かったのに今日は暑さが戻ってしまいました。気候変動が激しい日が続きそうですので、くれぐれもご自愛ください
ますようお祈り申し上げます。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-21 23:48 | | Comments(0)

60th Anniversary ・ 雨の日には・・・

【今日の朝パチッ!・・・60th Anniversary 】
5年前に、ほぼフル・レストアしたミニ⇒ も10ヶ月間も野ざらしでしたので、バッテリーがあがり、錆が出てきました。
きれいにしようと思いましたが、小雨が降っていましたので止めにしました。それで、横に咲いたホトトギスの花を撮りました。
2009年にフロントグリルに取り付けた、「ミニの50th Anniversary バッチ」の上にある「グリルボタン」に膝を入れて、
「私の60th Anniversaryボタン」にしました。
d0019350_20573699.jpg
【雨の日には雨の中を 風の日には風の中を・・・相田 みつを】
・・・に、従ったわけではありませんが、風雨の中、近くの山に行きました。ところが、いつもとチョット道を変えただけなのに
迷ってしまいました。
たぶん、標高600mくらいの所だった思いますが、お茶畑も4番茶の摘みとりが終わり、整っていました。こんな山の中でも、
人の手が入っている事を考えると頭が下がります。茶畑の先の山も雨が降っていました。下を見ると、スミレが咲いている
ではありませんか。雨に打たれ、泣いているようです。「日本の四季」を取り戻したいと思う、今日この頃です。
d0019350_2058244.jpg
今日は、私の60歳の誕生日でした。facebook&mailでのお祝いメッセージ、誠にありがとうございました。駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-20 21:01 | 四季 | Comments(2)

【青木シンの「印度幻影」展】ホトトギス・台風26号

【青木シンの「印度幻影」展】
青木シン先生の「印度幻影」展に伺いました。鑑賞の後、近くの韓国料理店で、論評会が開かれるとのことでしたが、「印度幻影展」
のことは、忘れられたかのように、他の話題で盛り上がりました。
さすがに論客ばかりで、語り口に説得力があります。私はただただ、うなづいているばかりでした。facebookにお顔と名前を入れる
のは、ルールー違反かと思い、お顔だけ掲載させていただきました。真鍋さんは、口髭だけですが、「髭は口ほどにものを言う。」
・・・オリンパス、よかったです。ほ、欲しい!(意味不明)
d0019350_0453212.jpg
【夜な夜な (-﹏-。) 。・・・ミラーの掃除】
カメラのミラーが汚れていたので、そ~ぉと布で落としてみました。・・・が、ミラーの下に埃が積もっているのに気づいて
しまったのです。・・・それが、悲劇の始まりでした。 (-﹏-。) 。
綿棒にレンズクリーナーを染み込ませて、ミラーの下をこすってみますと、な、なんと、綿棒が真っ黒になるではありませんか。
こんなに汚れているものかと、ゴシゴシ、こすってしまいました。・・・塗装が、剥がれているではありませんか。 (-﹏-。) 。
それで...、カメラの構造を調べてみますと、ミラーは、反射でファインダーを覗いた時に見えるようにするためで、シャッターを
押すとミラーが上に上がり、レンズを通った光は、撮像素子に向って直進する構造になっていたのです。
こちらに動画で解説していました。⇒> そういえば、以前見たことがありました。今更気づいても「後の祭」です。
d0019350_232558100.jpg
【昨日(10月14日(月)の出来事】
【今日の朝パチッ!・・・ホトトギス(杜鵑草)】
自宅のホトトギスを「タイワンホトトギス」だと思って育てて、10年以上が経ちました。改めて、「タイワンホトトギス」を
調べてみたら、少し違うのではないかと思い始めました。
「ヤマホトトギス」を改良した物かもしれません。 (-﹏-。) 。「紫の斑の賑しや杜鵑草  轡田 進」・・・紫の斑があるから、
よしとしよう。.今日は、夕方から青木シン先生の「印度幻影展」に伺い、夜は「島田大祭・帯祭り」のフィナーレを見学しよう。
と、決めましたが、東京で飲めば、若干の変更はあるかもしれません。
d0019350_23253357.jpg
【秋らしい爽やかな風が心地よい。】
今日は、やっと、秋らしくなりました。日差しや緑まで爽やかに感じます。このまま秋になってくれればいいと思うのですが、
これから、台風26号が近づいてくるようです。
静岡では、桜やエゴが咲いています。いつになったら、「日本の四季」が戻ってくるのでしょうか。
d0019350_784640.jpg
【気象庁・「関東で10年に一度の強い台風」台風26号関東に接近】
今年の台風26号は、9年前の平成16年(2004年)台風第22号と進路がそっくりだと報道されていました。
実は、9年前、関東地方に台風が直撃した時、私は、娘の結婚式の為、霞が関ビルにいました。夕方、結婚式が終わり、
やっとの思いで、東京駅に着くと新幹線が不通でしたが、構内で5時間以上待っていたら、乗ることが出来ました。
でも乗れただけで、一向に発車の目処は立ちませんでした。式が終わって7時間が経とうとしていました。やっと、動いた
かと思ったら、今度は、新横浜で止まってしまいました。既に1時を過ぎていました。
家に着いたのは、朝5時くらいでした。忘れようとしても忘れられない結婚式になってしまいました。
「災難は、忘れた頃にやって来る。」とは、正にこのことです。今から、用心するに越したことはありません。気をつけましょう!
d0019350_7303243.jpg
静岡では、台風が去り静かな朝を向えましたが、時々強い風が吹いています。これから台風が向う地方の方はくれぐれも警戒
してください。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-16 00:53 | 四季 | Comments(0)

気になる野の花2006・秋(その9)・・・ガラス細工のような花

秋の山では、青紫の小さな花や、お馴染みのホトトギスまでが、ガラス細工のように見えます。触ると壊れてしまい
そうです。

[アキチョウジ(秋丁子)]
花径5mm花長15mmくらいの青紫の花です。春にご紹介させていただいたムラサキケマンに、似ていたので、
ケシ科キケマン属ではないかと当たりを付けて調べた結果、ヤマエンゴサク(山延胡索) に辿り着いたのですが、
これも春に咲く花で、誤りだと分りました。(涙) 気を取り直して再度調べてみますと、アキチョウジ(秋丁子)に
間違いないようです。シソ科ヤマハッカ属の多年草です。秋に丁子形の花を咲かせることから名付けられたそう
です。(丁子は、家紋にも使われています。→丁子紋)葉が細い種類に、セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)
という、同じ仲間の花が咲いているようですから、これは、その可能性もあります。

■風が吹くと、サラサラと揺れます。まるでガラス細工のようです。
d0019350_17104297.jpgd0019350_17105683.jpg

[ヤマホトトギス]
ここのところ、ホトトギス記事を2度も載せさせていただきましたので、すっかりお馴染みになりましたが、山の
ホトトギスは、今までとは、全く違う表情です。まるでガラス細工の生き物のようです。

■㊧花被片(かひへん)を閉じた姿は、ガラスの花瓶のようです。㊨花柱だけになっている花もあります。
d0019350_17365499.jpgd0019350_13131677.jpg
■ガラス細工の生き物が、楽しく合唱しているようにも見えます。ガラスの花瓶のようになった花は、右端の花の
ように、花被片を少しづつ散らしながら、花柱だけになります。きっと、この中に種が詰まっているのでしょうね。
解剖して確認するのを忘れましたので、この結果は、次回以降にご報告させていただきます。その代わりと言っては、
申し訳ないのですが、タイワンホトトギスとヤマホトトギスの違いが見えてきました。それは下の写真のように、茎の節
に一つか二つの花を咲かせるのが、ヤマホトトギスで、いくつもの花を付けるのが、タイワンホトトギスだと思います。

■左から順に、花被片(かひへん)が立ち上がって散っていく様子を捉えた分解写真にも見えますね。
d0019350_17113737.jpg

秋が深まるごとに、野の花は繊細になっていくようです。これからも少しづつ、報告させていただきます。 
                                                               駿河工房 今井

[お知らせ]
駿河工房のイベントは、こちらをご覧ください。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)
by surugaki | 2006-10-17 17:17 | | Comments(16)

気になる野の花2006・秋(その6)・・・自宅のホトトギスと山のホトトギス

自宅のホトトギスが、咲きだしました。園芸店で購入したものですから、タイワンホトトギスではないかと思いすが、
確証はありません。先日も山のホトトギスをご紹介させていただいたばかりですので、今回は、花を並べて比較して
みました。山に自生していたものよりも派手な赤紫色で賑やかな感じがします。蕾も赤紫色で、山のホトトギスとは
異なります。
先日の記事に蕾が載っていますので比較してみてください。→気になる野の花2006・秋(その2)・・・紫と白の花
こちらは、昨年のホトトギス記事です。→気になる花・ホトトギス(多くの蕾が付いています。)

[自宅のホトトギス・・・タイワンホトトギスか?]
d0019350_8363975.jpgd0019350_855523.jpg
[㊧自宅のホトトギスの蕾]       [㊨山のホトトギスの蕾]d0019350_11505095.jpgd0019350_11512991.jpg
どちらも開花直前ですが、
ガクの色が全く違います。
自宅のホトトギスはガクの
下のコブが目立ちますが、
山のものは、目立ちません。
(撮影した角度にもよります。)
山のホトトギスの蕾のほうが、
数は少ないですね。

[山のホトトギス・・・ヤマホトトギスか?]
山のホトトギスは、薄紫色のものと青み掛かったものが咲いていました。いずれも自宅のものより、優しい感じが
します。ヤマジノホトトギス(山路杜鵑草)ではないようです。ヤマホトトギス(山杜鵑草)だと思いますが、確証は
ありません。こちらのHPには、日本産ホトトギスのリストが載っていました。
d0019350_21495173.jpgd0019350_2140094.jpg
先日、載せたばかりで、「またか~ぁ」と、思われた方も居られた事と存じますが、勝手ながら自分の記憶として掲載
させていただきました。誠に失礼いたしました。   駿河工房 今井

[お知らせ]
9月30日(土)・10月1日(日)の住まいの見学会は終了いたしました。
見学会の様子は、こちらをクリックしていただきますとご覧いただけます。→住まいの見学会
多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。これからも、お越しくださいますようお願い申し
上げます。また、駿河工房のイベントは、こちらをご覧ください。
ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)
by surugaki | 2006-10-14 11:35 | | Comments(7)

気になる野の花2006・秋(その2)・・・紫と白の花

紫と白は、高貴な色というイメージがあります。近くの山には、紫と白を併せ持った野の花が咲いています。今回は、
ホトトギス(杜鵑)とヤブマメ(藪豆)をご紹介いたします。

[ホトトギス(杜鵑)]
自宅にも、ホトトギスを植えてありますが、今は、未だ蕾です。昨年、調べてみましたが、園芸種の台湾ホトトギス
ではないかと思います。近くの山に咲いていたものが日本原産のホトトギスのような気がします。

自宅のものは、蕾が濃い紫色ですが、これは、緑から乳白色です。それにしても不思議な花形です。鳥のホトトギス
の胸の模様に似ているので、こう名付けられたようです。ユリ科ホトトギス属の多年草です。山地の湿った場所にひっ
そりと咲いていました。俳句で用いる場合は、杜鵑の下に草を付けて、鳥と区別するそうです。杜鵑の下に花がつくと、
サツキを表わすそうです。

紫の斑の賑しや杜鵑草    轡田 進   

こちらが自宅のホトトギスです。比べてみてください。→自宅のホホトギス(今年も咲き次第、アップいたします。)
■↓山のホトトギスの蕾は、緑色から乳白色になって開花します。(自宅の蕾は、赤紫色のままです。)
d0019350_1383980.jpgd0019350_1391061.jpg
■米粒のような形をしたところが、オシベです。6個あるのが分りますか?花柱は、先端が裂けています。d0019350_1395240.jpgd0019350_1434361.jpg
[ヤブマメ(藪豆)]
藪などに生えているマメ科の植物なので、こう呼ばれたそうです。確かに、藪の中で他の植物に巻きついていました。
マメ科ヤブマメ属のつる性植物です。花径は5mm程度ですが、花の丈は、10~20mmくらいあります。マメ科の花
らしい形をしていますが、なんともいえない品を感じます。これは、色がそう感じさせるのかもしれません。花言葉は、
「二股」だそうですので、品とは裏腹に少し危険かもしれません。
d0019350_1323352.jpgd0019350_13231862.jpg
秋の山には、不思議な形をしているのに、どことなく品が漂う花が咲いています。これから、それらをご紹介いたします
ので、里山に行った時にでも、思い出していただければ幸いです。本日は「中秋の名月」ですが、見えそうにありませ
んね。(涙)どうしてもご覧になりたい方は、昨年の十六夜(いざよい)の月ですが、こちらをクリックしてご覧ください。
月見の石  
                                                              駿河工房 今井

[お知らせ]
9月30日(土)・10月1日(日)の住まいの見学会は終了いたしました。
見学会の様子は、こちらをクリックしていただきますとご覧いただけます。→住まいの見学会
多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。これからも、お越しくださいますようお願い申し
上げます。また、駿河工房のイベントは、こちらをご覧ください。
ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)
by surugaki | 2006-10-06 15:23 | | Comments(4)