「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ベッコウトンボ ( 5 ) タグの人気記事

【トンボの観察】・・・雨蛙 ・ ベッコウトンボ ・ ヨツボシトンボ

今日もfacebookまとめです。

磐田市・桶ヶ谷にトンボを撮りに行ったら、雨蛙がいました。思わず、手ブレ付きタムロン90㎜マクロで5cmまで近づいて
撮りました。そういえば、2005年に自宅の雨蛙の体色の変化を調べようと、真夜中に急襲したことがありました。雨蛙は、
真っ暗の中でも、体色を周りの色に合わせる能力があることが判りました。⇒自宅の雨蛙
d0019350_20102440.jpg
これは、本日撮ったベッコウトンボのメスです。絶滅危惧IA類(CR)や国内希少野生動植物種(種の保存法)に指定され
ていて、捕獲が原則として禁止されています。
先日、アップした個体は、成熟して全体が黒かったですが、これは、鼈甲(べっこう)らしい個体です。捕獲禁止ですので、
標本写真としてアップしました。
d0019350_20105949.jpg
ヨツボシトンボは、ベッコウトンボと同じ、トンボ科ヨツボシトンボ属ですが、絶滅危惧種ではありません。それで、ベッコウ
トンボほど注目されていません。数が少なければ珍重されるというのは理解できますが、近種のヨツボシトンボが棲める環境
を守ることは、ベッコウトンボの絶滅を防ぐことにもつながると思います。
翅に4つの黒褐色の斑があることから「四つ☆」と名づけられました。ベッコウトンボと同じように毛深いトンボです。トンボに
気を送りながら、タムロンの手ブレ付き90㎜マクロで10cmまで近づいて顔をドアップしてみました。これなら注目されるはず。
虫嫌いの方は、スルーしてくださいますようお願いいたします。
d0019350_20112148.jpg
今日は、カワトンボを撮りに行きましたが、2頭しかいませんでした。山肌の崩落防止壁の工事をしていて、風景が変わっ
ていました。この工事が原因とは断定できませんが、ここ8年の間に生態系が変わっていることが分かります。環境と共生
する暮らしが大切だと思います。 駿河工房 今井

駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-05-05 20:30 | トンボ | Comments(0)

トンボの観察/2013・・・ついに再開!

チョットの間、お休みしていましたが、急遽、「トンボの観察」を再開しました。これは、facebookにアップした記事をまとめました。

【トンボの観察・・・ショウジョウトンボの羽化】
昨日、テントウムシの羽化をアップしましたので、今日は、ショウジョウトンボの羽化です。羽化したては、ガラス細工のように
透明感がありますが、これは、2時間以上前に羽化したと思われます。
これから、真っ赤に染まっていきます。今日は、絶滅危惧種のベッコウトンボの大発見をしました。これから、記事にしますので、
是非ご覧ください。
d0019350_19374525.jpg
【絶滅危惧種・ベニイトトンボ】
このトンボは、絶滅危惧種のベニイトトンボのオスです。静岡県磐田市の桶ヶ谷沼で本日撮りました。あまり見かけないと思います。
交尾の様子は以前撮ったことがあります。(クリック)→■2010・トンボの観察・・・イトトンボ&ギンヤンマの交尾
d0019350_19391922.jpg
【絶滅危惧種・ベッコウトンボ】
これは、ベッコウトンボのメスです。絶滅危惧IA類(CR)に指定されていて、今では、ほとんど見られなくなりました。日本では、
静岡県磐田市・桶ヶ谷沼に最も多く繁殖しています。
普通、メスはベッコウ色をしていますが、この個体はオスのように黒く、翅には「3」と書かれています。これは、3月末に羽化した
個体で、成熟しているため黒くなったのです。「3」は、個体の移動を確認するために付けられました。
今年は、本日と5月3日に個体数調査が実施されます。今までベッコウトンボの行動範囲は狭いとされていたのですが、これは
確認された場所(生まれた場所周辺)より3kmくらい離れた所で見つけました。
桶ヶ谷沼ビジターセンターによりますと、観測を始めて以来、これだけ遠方に移動したのを確認したのは、初めてだそうです。
絶滅危惧種の中でも、最も珍しいトンボということになります。(自己満足)
こちらに桶ヶ谷沼で確認されたベッコウトンボの頭数が記載されています。⇒桶ヶ谷沼ビジターセンター
d0019350_194037100.jpg
また、トンボの観察を再開しましたので、よろしくお願いいたします。 駿河工房 今井

駿河工房では、4月29日(祝・月) 13:30~15:30に、住まい教室・『無理のない資金計画編』を開催します。
 詳しくは駿河工房/ニュース・イベント
駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-29 20:04 | トンボ | Comments(0)

2010 トンボの観察・・・ベッコウトンボ・オス(♂) & メス(♀)

4月29日(木)昭和の日桶ヶ谷沼へ、ベッコウトンボの観察に行きました。午前中降っていた雨は正午には上がり、絶好の観察日和です。桶ヶ谷沼では、ベッコウトンボの減少を危惧して、敷地内に飼育池を設け、人工的な増殖計画を進めています。本日は、オス2頭メス5頭を確認しました。ベッコウトンボは、環境省のレッドデータブック絶滅危惧I類に指定された希少昆虫です。体長は体長35~45mm程度で、胸部から腹部にかけて、細かい毛に覆われいます。
詳しくは、こちらをご覧ください。→『ウィキペディア(Wikipedia)』・ベッコウトンボ
昨年のベッコウトンボ 
2009・トンボの観察・・・ベッコウトンボ・オス(♂) 昨年は、メスを見ることが出来ませんでしたが、今年は、初日から多く見られて良かったです。
d0019350_15171572.jpg
[ベッコウトンボ・オス(♂)]
オスは、翅の模様と全身がです。胸部から腹部にかけては毛深いですが、上から見ると毛はあまり見えません。
d0019350_15174267.jpg
[ベッコウトンボ・メス(♀)]
メスは、ベッコウブローチを連想させます。仲間のヨツボシトンボに、体型や色が似ています。d0019350_1518195.jpg
桶ヶ谷沼には、ベッコウトンボとヨツボシトンボのハーフもいるそうです。そうなると、見分けがつかなくなりますね。今回の記事は、標本のようになってしまいました。何といっても、絶滅危惧I類ですからね。(意味不明)
                                                         駿河工房 今井


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
 (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。
[ホームページ]
こちらが・・・→駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】
駿河工房からのお知らせー【最新のニュース・イベント】
社長の業務日記・・・→HP【駿河工房日記】 「つぶやき」はこちら→Twilog
[ブログ]
住宅設計・よもやまばなし・・・→ブログ【駿河工房設計室】    
建築現場の様子も見られます・・・→ブログ【駿河工房の工具箱】    
New 焼津市の『セントラルタウン宗高』分譲開始→ブログ
【駿河工房の不動産情報】

New 自宅の建築日記→ブログちいさな家ができるまで ~駿河工房設計士 自宅建築日記~
New 営業マンのつぶやき→ブログ静岡木の家暮らし

長期優良住宅事業
平成22年度 木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)の募集開始について
詳しくはこちらをご覧ください。→長期優良住宅建設工事助成
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
駿河工房がつくる「長期優良住宅先導的モデル」→『CONCIERGE』は、長期優良住宅特集
長期優良住宅の上棟→耳寄りな情報・・・長期優良住宅先導的モデル事業  

 
by surugaki | 2010-04-30 16:33 | トンボ | Comments(2)

2009・トンボの観察・・・ベッコウトンボ・オス(♂)

磐田市・桶ヶ谷沼実験池の周辺には、空色の樹脂製水槽が並べられていました。それに深さ20センチくらいまで水を入れ、沼地に生えている草を水槽ごとに種類を変えて植えてあります。

ここでは、絶滅危惧種ベッコウトンボをはじめとするトンボの生態を調査しています。草の種類によって産卵するトンボの種類も変るそうです。ベッコウトンボは、(ヨシ)やガマなどの抽水植物が好きなようです。
d0019350_86071.jpg
図鑑によりますと、体長は37~45ミリで、毛深いトンボと書かれていました。翅(し=はね)に3か所ある鼈甲(べっこう)色の紋様があります。未成熟な個体は体色も鼈甲色で、これが名の由来となっているそうです。成熟すると雄は黒褐色、雌は茶褐色に変色するようですので、ここにいるトンボは、全てがオス(♂)です。
物語もなく、図鑑のように[前から][横から][後から]写してみました。よく見ると、本当に毛深いですね。

[前から]
この固体は黒褐色ですから、成熟したオス(♂)ということですね。d0019350_87386.jpg
[横から]
横から見ると毛深さがよく分かります。d0019350_88446.jpg
[後から]
まるでトンボのブローチです。d0019350_882868.jpg
ベッコウトンボは、環境省レッドリストでは、絶滅危惧Ⅰ類に指定されていますし、国内希少野生動植物種でもあります。次の世代にもベッコウトンボが棲める環境を残すのは、今を生きる私たちの責務だと思います。 
                                                          駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
 (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。
[ホームページ]
こちらが・・・→駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】
駿河工房からのお知らせー【最新のニュース・イベント】
社長の業務日記・・・→HP【駿河工房日記】[ブログ]
住宅設計・よもやまばなし・・・→ブログ【駿河工房設計室】    
建築現場の様子も見られます・・・→ブログ【駿河工房の工具箱】    
New 焼津市の『セントラルタウン宗高』分譲開始→ブログ【駿河工房の不動産情報】
New 静岡の住まい情報ウェブマガジン→ブログ駿河One通信
New 営業マンのつぶやき→ブログ静岡木の家暮らし

超長期住宅先導的モデル事業
全建連型・地域木造優良住宅先導的システム・国産材モデル 募集中!
建築された方には最大で200万円が国から補助されます。自由設計国産材100%世代を
超えて住み継がれる家づくり
です。今春は3軒上棟しました。興味をお持ちの方は、弊社まで
お気軽にお問い合わせください。詳しくは、こちらをご覧ください。→
【200年住宅】

200年住宅の上棟→耳寄りな情報・・・200年住宅 (長期優良住宅先導的モデル事業) 
平成21年度エントリーした5軒実施設計を開始しました。駿河工房の200年住宅 着々と
by surugaki | 2009-05-05 09:59 | トンボ | Comments(2)

2009・蜻蛉屋(とんぼや)開店・・・ベッコウトンボ・クロイトトンボ・モノサシトンボ

自宅から車で1時間ほど行った所に桶ヶ谷沼と鶴ヶ池 があります。ここは日本で数少ないベッコウトンボの生息地です。本日は、桶ヶ谷沼でベッコウトンボのが実施されました。今年は105頭を確認したそうです。昨年は、155頭でしたから、約三分の二に減っています。私は、桶ヶ谷沼の隣りの鶴ヶ池に行きましたが、確認出来たのは、1頭でした。

[ベッコウトンボ]
ベッコウトンボを撮ろうとしてマニュアルでピントを合わせていたら、またしても逃げられてしまいました。結局、撮れたのは、下の写真の1カットだけでした。(涙) しかも、トンボの右羽にピントが合っただけで、他はピンボケです。(涙2)5月まで見られるそうですから、次は必ずリベンジします。
こちらのホームページベッコウトンボの個体数調査の結果が出ていました。→桶ヶ谷沼ビジターセンター
d0019350_6313623.jpg
[クロイトトンボの交尾]
池の中を見ますと、イトトンボ交尾をしていました。たぶん、クロイトトンボだと思います。図鑑には、「クロイトトンボは胸部側面に青白い粉をふく」と書かれていますから間違いないとは思いますが、自信はありません。d0019350_6321969.jpg
今度は、より鮮明に写そうとマクロレンズで、15cmまで近づいて撮りました。近づくと逃げてしまいますので、トンボにsuruga気を送りました。これで1分間は動かないはず。suruga気のお陰かは定かではありませんが、とりあえず写すことが出来ました。(ホッ) 望遠レンズよりは鮮明になりましたが、私の図鑑には、ディティールがあまり載っていませんので、特定は難しいですね。(涙)

モノサシトンボ・オス(♂)???たぶん、クロイトトンボ・オス(♂)→[オオイトトンボ]
先回は→クロイトトンボと断定したばかりですが、モノサシトンボのオスではないかと思えてきました。これから、ディティールが載っている図鑑を探しに行ってきます。
再調査した結果、クロイトトンボのようですので、訂正させていただきました。(迷走)
5月4日磐田市桶ヶ谷沼ビジターセンターに伺い、リーフレットを頂きました。そこには「オオイトトンボ」と書かれていましたので、早速、変更しました。これが最終のつもりです。
d0019350_6381591.jpg
[モノサシトンボ・メス(♀)?]
これがモノサシトンボのメスと断定したのは、上のトンボの近くにいたからです。それだけの理由ですから、当てにならないのは言うまでもございません。
こちらが昨年、モノサシトンボと断定した固体です。→2008・夏休みの自由研究=トンボの観察・・・モノサシトンボ
こちらは、再調査の結果、モノサシトンボのメスで間違いないようです。
d0019350_63327100.jpg
結局、正確に名前が判ったのは、ベッコウトンボだけでした。これから詳しく調査し、正確な情報をご提供できるよう努めますのでよろしくお願いいたします。 駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
 (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。
[ホームページ]
こちらが・・・→駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】
駿河工房からのお知らせー【最新のニュース・イベント】
社長の業務日記・・・→HP【駿河工房日記】[ブログ]
住宅設計・よもやまばなし・・・→ブログ【駿河工房設計室】    
建築現場の様子も見られます・・・→ブログ【駿河工房の工具箱】    
New 焼津市の『セントラルタウン宗高』分譲開始→ブログ【駿河工房の不動産情報】
New 静岡の住まい情報ウェブマガジン→ブログ駿河One通信
New 営業マンのつぶやき→ブログ静岡木の家暮らし

超長期住宅先導的モデル事業
全建連型・地域木造優良住宅先導的システム・国産材モデル 募集中!
建築された方には最大で200万円が国から補助されます。自由設計国産材100%世代を
超えて住み継がれる家づくり
です。今春は3軒上棟しました。興味をお持ちの方は、弊社まで
お気軽にお問い合わせください。詳しくは、こちらをご覧ください。→
【200年住宅】

200年住宅の上棟→耳寄りな情報・・・200年住宅 (長期優良住宅先導的モデル事業) 
平成21年度エントリーした5軒実施設計を開始しました。駿河工房の200年住宅 着々と
by surugaki | 2009-04-30 06:38 | トンボ | Comments(6)