タグ:ツバメ ( 6 ) タグの人気記事

ツバメの飛翔・・・SURUGA まとめ

ここのところ、facebookblogに「ツバメの飛翔」を投稿してきましたが、今回は、「NAVER まとめ」の向こうを張り、
SURUGA まとめ」として、投稿しました。
ツバメの巡航飛行速度は、時速47km/h、最高飛行速度200km/hと言われています。
上空を飛翔している姿です。最もツバメらしい飛び方です。
旋回しながらスピードを落とし、水面ぎりぎりに飛び、水を飲んでいます。
d0019350_005439.jpg
連写すると、裸眼では見えなかった「ツバメの飛翔」の様子が見えてきて、面白いですね。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-01 00:23 | 野鳥 | Comments(0)

ツバメの飛翔パターン

【ツバメの飛翔】
ツバメは水面の急降下して、カワセミのように餌を捕っていると思っていたのですが、そればかりではなく、水飲みや水浴びを
していることが分かりました。
しかも、ここに集まっているのは今年生まれた若鳥ばかりです。これからの長い旅に向けてのトレーニングも兼ねているようです。
水から飛び出すところを合成してみました。凄い運動能力に唖然としました。(ぽか~ぁん。)
d0019350_2023172.jpg
【ツバメの飛翔とアメンボ
ツバメは水を飲む時も、水面に浮く「落ち葉」に突っ込んで、スピードと距離を確認しているように見えます。
近くにアメンボがいましたので、ツバメの標的になりはしないかと心配していましたら、水面にが現れました。
これでは、さすがのツバメも突っ込めません。
d0019350_20241971.jpg
【夏休みの自由研究・・・ツバメの飛翔パターン】
①水面すれすれに飛翔しているツバメを1/1250秒で撮ると、まだ嘴(クチバシ)が黄色い「若鳥」と分かります。
②ツバメが水面に突っ込む時、三の行動パターンが確認できました。
●一つは、急降下して水面に浮かぶ虫を捕ることです。
●次は、水浴びです。この場合は、超低空飛行から突っ込みます。(これは、昨夜アップさせていただきました。)
●最後は、水を飲むことです。下の合成画像を見ると、低空飛行をしながら、クチバシと2本の脚だけを水中に突っ込み、
体は空中にあることが確認できます。
ピントが少し甘いですが、なんとなく確認できました。(ほっ)
d0019350_2026324.jpg
ツバメが旅立つ前に、もう少し観察しようと思います。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-08-30 20:31 | 野鳥 | Comments(2)

夏休みの自由研究・・・ツバメの飛翔

【夏休みの自由研究・・・ツバメの飛翔・その1】
ツバメは、子育ても終わり、川や池の水面を高速で飛行したり、水中に飛び込んで餌を捕っています。
これから長い旅に出ますので、今のうちに美味しい物を食べて、飛行練習をしているようにも見えます。
「トンボの飛翔写真」は、ポーバーリングしている時を狙って、シャッターを押しますので、1/1000秒でも
静止写真になりますが、ツバメは高速で飛行しているため、トンボのようにはいきませんでした。
ツバメの通るコースにピントを合わせて、シャッタースピードをトンボと同じ1/1000秒にして、連写しました。
手持ちで、ピントも甘いですが、昼間の明るい時でしたら、1/2000秒くらいで静止すると思います。
今度の休みに1/2000秒で試してみようと思います。
d0019350_0255874.jpg
後姿・・・ツバメはホバーリングも出来ます。d0019350_0263096.jpg
【夏休みの自由研究・・・ツバメの飛翔・その2】
ツバメの巡航速度47km/h(秒速13m)で、最高飛行速度は、200km/h(秒速55m)に達すると言われています。
ちなみに、ギンヤンマの場合、巡航速度12.5km(秒速3.5m)、最高速度25km/h(秒速7m)と、言われていますから、
ツバメの速さは並みではありません。
この写真は、約12m離れたところから、6コマ/1秒で撮影したうちの2カットを合成しました。
写真の真ん中にピントを合わせていますので、両端は、ブレていますが、ツバメの速さはお分かりいただけると思います。
ギンヤンマは、ホバーリング時、秒速0mですから、ファインダーを覗きながら、手でピントを合わせることも出来ますが、
ツバメは、飛行ルートにピントを合わせておき、通った時にシャッターを切ります。私のような素人には、「数うち当たる」
方式が最も適した撮り方だと思います。
d0019350_0275089.jpg
ツバメは軒先に巣を作りますが、最近は、糞が落ちることから嫌われる方も多くなりました。私もムクドリの糞には泣かされて
いますが、ツバメが棲める環境は残してほしいと思います。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-08-28 00:37 | 野鳥 | Comments(0)

ツバメの親子

facebookに投稿した、近所のガソリンスタンドで子育てをする「ツバメ」をまとめました。

先ほどガソリンスタンドに寄ったら、ツバメがコクピットに餌を運んでいました。
コクピットの蛍光灯の上に巣があり、ヒナが2羽、親鳥に餌をねだっていました。
鳥は、暗くなると目が見えなくなると思っていましたが、鶏以外は、見えるようです。
ヒナは、口が裂けそうです。これでは、親鳥も餌を運ばざる得ません。朝から夜まで大変です。
親鳥は、いつ休んでいるのでしょうか。チョット、心配になりました。
d0019350_6141467.jpg
【ツバメのヒナも大変だ。】
昨夜、ガソリンスタンドでツバメの親鳥がヒナに一生懸命餌を運んでいました。夜まで働いていたら、朝がしんどいとと思い、
親鳥の様子を見に行きました。朝も餌を運んでいましたが、夜に比べ頻度はかなり少なくなっていました。
ガソリンスタンドの社員に聞きますと、夜は外灯に集まる虫を捕って、直ぐに運んでいるそうですが、朝は虫がいないので、
時々しか運ばないようです。
運んできた餌は一回に一羽のヒナ鳥にしか与えていませんでした。... ヒナ鳥にとっては、親鳥が着た時が勝負のようです。
口が裂けんばかりに開けて、親にアピールしていのです。餌を与えれたヒナは満足げでしたが、もらえなかったヒナはあきらめ
きれなかったようで、親鳥がいなくなるまで口をパックリと開けていました。親鳥は、生存競争の厳しさを教えているようでした。
d0019350_6164860.jpg
【微妙な関係・ツバメの親子】
これで3日連載になってしまいました。ツバメの親鳥は夜ほど餌を運びません。しかも、電線に留まった番(つがい)は、
餌もくわえず、別の方向を見ています。
ヒナもよくしたもので、親鳥を呼んだりしません。夜9まで餌を運んでくるのですから、少しは休まないと体が持ちませんね。
親子は、丁度イイ間(ま)を共有しているのでしょう。おしまい。
d0019350_6184419.jpg 
今日は、いつもより涼しい予感がしますが、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 駿河工房 今井

facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-07-18 06:19 | 野鳥 | Comments(0)

「ミニトマトとミニスイカ」・「桔梗(キキョウ)」・「ツバメの成鳥」

ここのところ、facebook ばかりで、ブログが疎かになっていました。今回も3記事をまとめました。

【今日の朝パチッ!・・・ミニトマトとミニスイカ】
□ミニトマトの花は、ナス科らしい花形です。あと、二週間もすれば、真っ赤に熟しそうです。
□ミニスイカの花は、ウリ科と全く同じ花形です。大きなスイカは、広い砂地で作りますが、これは、プランターでも育つそうです。期待大!です。
□最初の果物は、鳥にあげますが、野菜は、あげません。(不退転の決意
d0019350_9193533.jpg
【桔梗(キキョウ)】
桔梗は「秋の七草」ですが、梅雨時に咲きます。鑑賞用に江戸時代から多くの園芸品種が作られたそうです。
自生株は減少傾向にあり、環境省レッドリストでは、絶滅危惧II類(VU)に指定されています。
新潟県では、既に絶滅したそうです。静岡でも、自生しているところを見たことがありません。もちろん、この花もフラワーボックスで育てられていました。
イギリスでは、「Balloon Flower 」と呼ばれている通り、蕾は「風船」のようです。
「桔梗の花 咲く時ぽんと 言ひそうな  加賀千代女」・・・目に浮かびます。
d0019350_9202273.jpg
【ツバメの成鳥】
深夜にツバメの幼鳥をアップしましたが、それに比べ成鳥は精悍です。
□屋根下のアルミぼ棒に留まるツバメの羽根は、濃紺メタリックです。
□抱卵するツバメの眼は真剣です。
□田んぼには、ツバメが飛んでいますが、気を送っても効果がありません。 (-﹏-。) 。は、早いっ!
d0019350_9225858.jpg
それにしても、暑い梅雨でした。恵みの雨が欲しいものです。 駿河工房 今井

6月23日()・地域型住宅ブランド化事業・採択住宅の見学会開催します。詳しくは、⇒駿河工房 ニュース・イベント
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-06-22 09:25 | 環境 | Comments(0)

暖かいので、出て来ました!

d0019350_21171368.jpgd0019350_21172679.jpg
玄関先にある、虫かごを何気なく朝見ると、中で黒い物が動いている!
もしかすると、ゴキちゃん!良く見ると、なぁ~んだ、クワガタでした。
昨年の夏に、捕まえて、カブトムシは秋にいなくなり、
クワガタも、いなくなったと、思っていました。
クワガタは、何年も生きるのは、知っていましたが、
冬は、あまり出てこないので、空の虫かごだと思っていました。
忘れていてゴメンネ、クワガタ君!

ちなみに、今日はツバメを、今年初で見ました。
もう、そんな季節なのですね!

                         駿河工房    佐藤



ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】 

[ブログ]
ブログ【駿河工房設計室】    ブログ【駿河の工具箱】    ブログ【静岡で満足できる木の家づくり】

ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
by surugaki | 2008-04-03 21:57 | 昆虫 | Comments(2)