「ほっ」と。キャンペーン

タグ:アオモンイトトンボ ( 5 ) タグの人気記事

2010年 トンボの観察・・・アオモンイトトンボ・オス(♂)&メス(♀)

静岡市の麻機遊水地では、アオモンイトトンボが見られます。オスの腹部8節9節にある青い紋名前 の由来だそうです。
昨年は、ディティールをブログに掲載いたしましたので、そちらをご覧ください。→2009・トンボの観察・・・アオモンイトトンボ・オオイトトンボ

[アオモンイトトンボ・オス(♂)]
全長31mm~36mmと、小振りです。実物は、写真ほど大きくないので、眼を凝らして見ないと見落としてしまいますよ。
d0019350_9291648.jpg
一昨年、kake24さんに眼後紋の事を教えていただきました。→2008・トンボの観察・・・ムスジイトトンボorセスジイトトンボ?→アオモンイトトンボ
眼の後ろにある青い紋眼後紋です。これは、他のイトトンボでも見られます。d0019350_930834.jpg
[アオモンイトトンボ・メス(♀)]
メスオス同色のものと、下の写真のようなオレンジ色タイプがあるようです。図鑑によりますと、同色系のメスにも青紋があるそうです。そうしますと、オスとメスの見分けが付きませんね。
d0019350_1119927.jpg
アオモンイトトンボは、単独で産卵するそうです。それで、オスが近くにいなかったのかな~ぁ。
ちなみに、キイトトンボは、交尾しながら産卵します。→2008・トンボの観察・・・キイトトンボd0019350_9595092.jpg
トンボの紹介が続き、虫嫌いな方にはご迷惑をお掛けいたします。甚だ勝手ながら、高速スクロールをお願いいたします。 駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
 (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。
[ホームページ]
こちらが・・・→駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】
駿河工房からのお知らせー【最新のニュース・イベント】
社長の業務日記・・・→HP【駿河工房日記】 「つぶやき」はこちら→Twilog
[ブログ]
住宅設計・よもやまばなし・・・→ブログ【駿河工房設計室】    
建築現場の様子も見られます・・・→ブログ【駿河工房の工具箱】    
New 焼津市の『セントラルタウン宗高』分譲開始→ブログ
【駿河工房の不動産情報】

New 自宅の建築日記→ブログちいさな家ができるまで ~駿河工房設計士 自宅建築日記~
New 営業マンのつぶやき→ブログ静岡木の家暮らし

長期優良住宅事業
平成22年度 木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)の募集開始について
詳しくはこちらをご覧ください。→長期優良住宅建設工事助成
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
駿河工房がつくる「長期優良住宅先導的モデル」→『CONCIERGE』は、長期優良住宅特集
長期優良住宅の上棟→耳寄りな情報・・・長期優良住宅先導的モデル事業  
by surugaki | 2010-05-06 11:42 | トンボ | Comments(2)

2009・トンボの観察・・・アオモンイトトンボ・オオイトトンボ

昨年から身近にいるイトトンボ名前特定していますが、私にはどれも同じように見えますので、スッキリ一回で判ったことはありません。(涙) 今回は、私的な記録ですので、斜め読みされても飛ばし読みされてもいっこうに構いませんよ。

[アオモンイトトンボ・オス(♂)]
これは、昨年、検証しましたので、間違いは無いと思います。 こちらが昨年の記事です。→2008・トンボの観察・・・ムスジイトトンボorセスジイトトンボ?→アオモンイトトンボ・・・昨年は、kake24さんに眼後紋(がんこうもん)のことを教えていただきました。
d0019350_15234858.jpg
[オオイトトンボ・オス(♂)]
村岡師匠の解説記事によりますと、これはオオイトトンボでしょうね。90mmのマクロレンズで撮った為、頭部にピントが合っているだけで、他はピンボケです。やはり、マクロレンズは、ニコン純正の105mmの方がイイですね。(責任転嫁)
こちらが、村岡師匠解説記事です。(特に、これからトンボ屋を開業される方は必見です。)→オオイトトンボの見分け方(増刊号)
実は、ルリイトトンボ・オス(♂)or セスジイトトンボ・オス(♂)ではないかという疑念をいだいています。d0019350_15242354.jpg
[㊧アオモンイトトンボ・メス(♀)?と、㊨オオイトトンボ&クロイトトンボの交尾]
は、多分、アオモンイトトンボのメス(♀)ではないかと思います。その理由は、ここ麻機(あさばた)遊水地には、アオモンイトトンボ多く生息しているからです。
右の上が、オオイトトンボ?のオスとメスで、右の下クロイトトノボのオスとメスだと思います。どちらも交尾しています。
d0019350_15244479.jpg
[オオイトトンボ?の交尾]
もちろん、オオイトトンボハート型交尾をします。
こちらが、ハート型交尾です。→2008・トンボの観察・・・♪あ~ぃの~♪ムスジイトトンボorセスジイトトンボ d0019350_15251090.jpg
[クロイトトノボの交尾]
トンボは、種類に関わらず、10節に分かれていますし、交尾は、どれもハート型です。これは少し歪んでいますね。d0019350_15252666.jpg
トンボの観察を始めて3年になりますが、特にイトトンボは、まだまだ見分けがつきません。これから懸命に努力して、今年度中には、少なくとも見分けられるようにいたします。(マニフェスト) 是非とも見分け方をご教示くださいますようお願い申し上げます。 駿河工房 今井


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
 (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。
[ホームページ]
こちらが・・・→駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】
駿河工房からのお知らせー【最新のニュース・イベント】
社長の業務日記・・・→HP【駿河工房日記】[ブログ]
住宅設計・よもやまばなし・・・→ブログ【駿河工房設計室】    
建築現場の様子も見られます・・・→ブログ【駿河工房の工具箱】    
New 焼津市の『セントラルタウン宗高』分譲開始→ブログ【駿河工房の不動産情報】
New 静岡の住まい情報ウェブマガジン→ブログ駿河One通信
New 営業マンのつぶやき→ブログ静岡木の家暮らし

超長期住宅先導的モデル事業
全建連型・地域木造優良住宅先導的システム・国産材モデル 募集中!
建築された方には最大で200万円が国から補助されます。自由設計国産材100%世代を
超えて住み継がれる家づくり
です。今春は3軒上棟しました。興味をお持ちの方は、弊社まで
お気軽にお問い合わせください。詳しくは、こちらをご覧ください。→
【200年住宅】

200年住宅の上棟→耳寄りな情報・・・200年住宅 (長期優良住宅先導的モデル事業) 
平成21年度エントリーした5軒実施設計を開始しました。駿河工房の200年住宅 着々と
by surugaki | 2009-05-24 18:39 | トンボ | Comments(8)

2008・トンボの観察・・・アオモンイトトンボ(♀)

麻機湿原には、羽化したばかりのイトトンボがいました。名前は、分かりませんが、アオモンイトトンボメス(♀)ではないかと思います。よく見ますと、眼の周りや胸に産毛が生えているのが分かります。静岡弁の「みるい」という形容がぴったりですね。実際には、全長30mm程度ですから、この写真するより、肉眼で見たほうが可愛らしく見えます。(ホント

注釈:静岡弁・「みるい」は、「未熟。若い。柔らかい。の意味。」と、こちらのブログでに書かれていました。→ことば・言葉・コトバ
d0019350_9401945.jpg
■遠慮がちに、少しだけ拡大してみました。
羽の骨組になる部分も乳白色です。ガラスの器のようにキラキラ輝いています。
優しい眼をしています。もしかしたらムスジイトトンボかもしれません。まるで、ガラス細工のようです。
d0019350_1053225.jpg
[アオモンイトトンボ・メス(♀)]

■このイトトンボは、胸がオレンジ色ですから、「アオモンイトトンボではないのでは?」と思われた方も居られたかもしれませんね。実は、私もそうでした。ところが、先日の記事→2008・トンボの観察・・・ムスジイトトンボorセスジイトトンボ?を書く時に調べていましたら、アオモンイトトンボメスには、同色型といって、オスと同じ青い体のトンボと、異色型といって、オレンジ色の二種類があると知りました。

その異色型のメスが近くにいましたので、真上から撮りました。ところが、カメラと平行ではないために、ピントが心臓と思われるところに合ってしまい、眼や胸部には合っていませんでした。ここにトンボの心臓があることも先ほど知りました。それどころか、トンボに心臓があることすら知りませんでした。・・・またしても、調査すべきことが増えてしまいましたね。もちろん、調査結果は、開示させていただきます。d0019350_1755326.jpg
■異色型の未成熟なメスは、オレンジ色ですが、古くなると、茶色になるそうです。このトンボは、鮮やかなオレンジ色ですから、人間でしたら、15~17歳くらいでしょうね。トンボの成虫は、寿命数か月といわれています。
d0019350_9415398.jpg
未成熟といっても、羽化したばかりのトンボに比べ、厳つい顔つきです。間違っても、可愛いとは言えませんね。そういえば、このトンボが近くにいたので、羽化したトンボまでアオモンイトトンボ(♀)だと思ったのでした。もちろん、真相は藪の中です。d0019350_1116351.jpg
今回は、自分自身への記録記事ですので、虫がお嫌いな方や読むのが面倒な方は、飛ばし読み(造語)してくださいますようお願いいたします。 駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】 

6月21日、22日・住まいの見学会ー【ニュース・イベント】
↑場所はこちらをクリックしてご確認ください。

[ブログ]

ブログ【駿河工房設計室】    ブログ【駿河の工具箱】    
ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
by surugaki | 2008-06-16 22:34 | トンボ | Comments(6)

2008・トンボの観察・・・ムスジイトトンボorセスジイトトンボ?→アオモンイトトンボ

一昨日の記事・2008・トンボの観察・・・♪あ~ぃの~♪♡ ムスジイトトンボorセスジイトトンボ ♡検証をしようと、早朝から静岡市の麻機湿原に行ってきました。

麻機湿原には、多くのイトトンボが棲んでいます。もちろん、先日の記事のイトトンボは直ぐに見つかりましたが、どれも沼に浮く蓮葉の上です。最短距離でも3mはありますので、マクロレンズが使えません。(涙)

■腰を屈めて水面を見ますと、イトトンボが交尾しながら飛んでいるのが見えました。お~ぅ!と、、、とまりました。早速、タムロンのマクロレンズで撮りました。今回は、トンボの目と胴体の間にある「中・後胸」の撮影が目的です。

ムスジイトトンボセスジイトトンボは、この「中・後胸」の模様が異なる。」と、WEB図鑑に書かれていました。六本の筋があると、ムスジイトトンボで、背に筋があるとセスジトンボということを頭に浮かべながら、自宅で画像を確認してみますと、いずれのイトトンボとも違うようです。d0019350_19282166.jpg
■タムロンのマクロレンズで接写しますと、部分的にピントが合います。は、オスの顔にピントが合っていて、は、オスの羽周辺に合っています。
そこで、↓下の写真のようにピントが合っていない部分をカットしてみました。d0019350_19291587.jpg
[アオモンイトトンボ]
全長30mm程度で、胴の直径1mmにも満たない可愛らしいイトトンボですが、マクロレンズを通して見ますと、厳つい顔つきをしています。そこで、この顔を元に図鑑やネットで調べてみますと、「アオモンイトトンボ」のようです。このトンボは、関東以西に棲んでいるそうです。

「この沼には、アオモンイトトンボが多く棲んでいるよ。」と、先日知り合ったおじさんが言っていましたので、間違いないでしょう。・・・ということで、今回は、二種類のトンボの検証は出来ませんでしたが、この「アオモンイトトンボ」が見れてよかったです。「早起きは三文の徳」というか「怪我の功名」ですね。(自己満足)d0019350_19293598.jpg
これからも「トンボ記事」が続きそうですね。。。ハイ、その通りです。 駿河工房 今井


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページは、【名前】クリックしますとご覧いただけます。

駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】         駿河工房からのお知らせー【ニュース・イベント】
by surugaki | 2008-06-15 09:01 | トンボ | Comments(11)

2008年・トンボの観察・・・ショウジョウトンボ&アオモンイトトンボorクロイトトンボ

ショウジョウトンボ」は漢字で「猩々蜻蛉」と書くそうです。昨年は名前の由来について、若干の迷いがありましたが、「赤い目を持つことや好んで酒に集まることから、顔の赤い酒飲みの妖怪猩々」にちなんで名付けられた。」というのが、正しいようです。余談ですが、私はデリケートで、酒を飲んでいなくても、太陽に当たると赤ら顔になるので「猩々人」と呼ばれています。(昼間から飲んでいると思われている方も居られるようですが、それは大いなる誤解です。ほとんどは、現場焼けですね。)

昨年ショウジョウトンボは、逆立ちでトラロープを綱渡りしていました。→赤いトンボ&青いトンボ (オマケ付き)
d0019350_10384484.jpg
■「とまっているトンボ」より、「飛んでいるトンボの静止画像」を撮るのが目的でした。・・・でも、このショウジョウトンボも素早い動きで、静止画像になりそうもありません。(涙) 観察していますと、トンボは水草が群生している所に産卵していました。

産卵中なら羽の動きが鈍るだろうと待ち構えていますと、直ぐに飛来し、産卵が始まりました。案の定、羽の動きが鈍かったですね。昨年は、逆立ちするショウジョウトンボでしたが、今年は直立するところが撮れましたので、今回はよしとしましょう。d0019350_10391343.jpg
ショウジョウトンボは、縄張り意識が強く、他のトンボが産卵しているというのに、上空から急降下して襲いかかっていました。とんでもない「ならずもの」です。

産卵していたのは、アオモンイトトンボだと思っていたのですが、調べているうちにクロイトトンボの可能性も捨てきれなくなりました。・・・そこで次回は、このイトトンボについて検証させていただくことにしました。 d0019350_10393164.jpg
最後は、次回記事予告編になってしまいましたが、虫がお嫌いな方でも見られますように、可愛らしいイトトンボ厳選いたしますので、是非、ご覧くださいますようお願いいたします。 駿河工房 今井


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページは、【名前】クリックしますとご覧いただけます。

駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】         駿河工房からのお知らせー【ニュース・イベント】
by surugaki | 2008-06-12 07:24 | トンボ | Comments(10)