<   2014年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

You Tube ・ OMソーラー静岡 ・ 駿河工房

先ほどTBS・『緊急!池上彰と考える 巨大地震その時命を守るためにⅡ』を見ていたら、「OMソーラー静岡」のCMが流れて
きました。もちろん、静岡県限定ですが、You Tubeでは、全世界からご覧いただけます。

実は、You Tubeで、<クリック>⇒駿河工房 omソーラーの家と、検索すると、下の動画などもご覧いただけます。

facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-26 23:24 | 情報 | Comments(0)

シジュウカラ(四十雀) ・ プロペラ機 ・ ヘリコプター

【シジュウカラ(四十雀)】は、
いつも忙しなく動き回っていますが、今日は、枯れススキにとまり、ストローのような茎を突付いては、虫のような物を取り出して
いました。足場が不安定で風に揺れるためか、必死でしがみついていました。・・・こんなに悠長なシジュウカラは、初めてです。
漢字で四十雀と書くのは、雀40羽に匹敵するくらい「うるさい」からだと思っていましたが、どうも違うようです。こちらに名の由来
が書かれていました。⇒語源由来辞典
d0019350_2142331.jpg

「ご~ぉ~ぉ~」という音がしたので、空を見渡すと、両翼に「日の丸」をつけたプロペラ機が飛び去っていきました。
しばらくすると、静岡県警のヘリコプターが近づいてきました。何かあったのかな~ぁ?・・・首が疲れてしまいました。
— 場所: 静岡県藤枝市上空
d0019350_2144236.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-25 21:46 | 野鳥 | Comments(0)

カワラヒワ ・ 鳶(トビ)

【カワラヒワ】
最近、カワラヒワをよく見かけます。「ヒマワリ」の種が好きなので、略して「ヒワ」ということではないそうです。セキレイなどは、
ジャンプしてから羽を広げますが、羽を広げながら飛び立ちました。
まさかこんなに格好悪い飛び方をするとは思いもしませんでした。 — 場所: 藤枝市蓮華寺池公園裏山
d0019350_10572355.jpg
【久能海岸の鳶(トビ)】
また、静岡市久能海岸で、おじさんがパンを撒いていました。トビが40羽ほど集まってきました。写真を撮りに来ていた女子たち
も怖がって車の中に非難しました。
防波堤に付けられた看板には、「お願い・・・赤ちゃんがこわがります!」と書かれていましたが、トビのことではありませんでした。
詳しくは、次にに写真を掲載しますので、そちらをご覧ください。どうしたものか複雑な気分です。 — 場所: 静岡市久能海岸
d0019350_1058345.jpg
この看板には、「お願い・・・赤ちゃんがこわがります!この付近での花火・爆竹・オートバイの暴走は、やめてください。
静岡市乳児院」と書かれていましたが、トビのことは何も書いてありませんでした。
d0019350_1124740.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-25 11:03 | 野鳥 | Comments(0)

ホオジロ&カシラダカ ・ イカル(鵤) ・ ミサゴ

【似たもの同士・・・ホオジロ&カシラダカ】
今年は、「ホオジロ(頬白)」が多いと思っていたら、真鍋さんより、「カシラダカ(頭高)」が急増したとコメントを頂きました。
早速、写真で検証してみますと、「ホオジロ」だと思っていた固体のなかに「カシラダカ」が多く入っていました。図鑑には、
「冬羽の羽縁がすり切れると、夏羽の黒色が現れる。」と書かれています。そうなると、私のような素人には、いっそう見分
けがつかなくなりそうです。
d0019350_20575675.jpg
facebook真鍋 弘さんに詳しく解説していただきましたので、原文のまま掲載させていただきました。
ホオジロの「チィ」よりカシラダカは大人しい地鳴きですが、聞き分けは難しいですね。今回、かなり近くで地鳴きを聞くことができ、
ホオジロとの違いを確認できました。貴重な経験でした。
私は三浦半島に住んでいますが、大雪の後に普段見ない林道の中で40羽近くを見ました。恐らく近県から三浦半島にだけでも
数千羽が移動したと想像しています。
カシラダカは普段、大きな木のないところにいますから、今回の大雪で避難したと思われます。ふだんに餌にしていないだろう杉の
球果も採餌していました。友人のベテランbirderたちのメールのやりとりでも今回のカシラダカは話題になっています。
今井さん、二枚の写真いいですね。写真に見るとおり、カシラダカはホオジロに比べて尾羽が短いです。それと腹部が白く、そこに
斑があります。
後は、名前のとおりのモヒカンですね。冬羽根の今は、雄と雌の見分けがしにくいのですが、目の後ろの耳羽の辺りが濃いのが♂
です。夏羽根になると♂はモヒカンが黒くなりますから見分けがすぐつきます。第1回冬羽根の幼鳥は全体に色がうすい感じです。
今回は幼鳥をプロミナーでしっかり見ました。「かわいい!」思わず出てしまいます。写真のカシラダカはもう夏羽根に変わりかけて
いますね。
【ハゼの実を食べるイカル(鵤)】
今年は、ルチビタキ・オスも来ず、ジョウビタキも少ないので、ハゼの実が余っています。 (-﹏-。) 。今日は、イカルが一生懸命
食べていましたが、食べ切れません。 (-﹏-。) 。
イカル=イカルガ(斑鳩)と呼ばれることもあるようですが、厳密には「斑鳩」の文字を使うのは誤用のようです。イカルは、漢字
で「鵤」と、書くそうですが、角のように丈夫な嘴を持つ事に由来するそうです。そういえば、栴檀(せんだん)の実もバリバリ噛み
砕いていました。ー 場所: 藤枝市蓮華寺池公園裏山
d0019350_21152951.jpg
クチバシのディティールです。
d0019350_21174044.jpg
【山のミサゴ】
空を見上げると、ミサゴらしき鳥が飛んでいました。50m以上も上空でしたので確認できませんでした。帰宅して、Photoshop
でトリーミング拡大してみますと、ミサゴに間違いありません。
昨年秋に久能海岸で見かけましたが、山にいるとは思いもしませんでした。空を見上げると、ミサゴらしき鳥が飛んでいました。
昨年のミサゴ⇒
d0019350_21215133.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
スタッフブログは、こちらです。







 
by surugaki | 2014-02-23 21:23 | 野鳥 | Comments(0)

メジロとカワセミ、キジをお供に上棟

【メジロは雑食だっ!】
コゲラが開けたと思われる穴に入って、虫を獲っているようです。メジロは、今の時期は梅の花蜜を吸ったり、地面に落ちた実
を拾っています。要するに何でも食べるということですね。
d0019350_8152797.jpg
【キジがお供したいと・・・】
キジのオスは、赤いハートの中に目があります。つい、90°回転させたくなります。昨年の秋に見かけた幼鳥が成長したのでは
ないかと思います。
若武者のように凛々しい顔立ちです。桃太郎のお供の「サルは智、キジは勇、イヌは仁」だそうです。昨年のキジの幼鳥はこちら⇒
d0019350_8165274.jpg
【大安吉日の上棟】
「しずおか優良木材・駿河木組みの家」が上棟しました。材も架構もいいね!
d0019350_8173947.jpg
【またしても、カワセミ】
今日もカワセミが待っていてくれました。・・・が、、、ここは、先日までオスがいた枝です。メスの縄張りは別のところでしたが、
そこの木を全て切られてしまったので、移動してきたのでしょうか?
ここにいたオスはどこに行ってしまったのでしょうか?・・・これから調査しますぅ。
☆ここを縄張りにしていたオスです。(かわりばんこかな~ぁ?)⇒ ー場所: 静岡市麻機遊水地
d0019350_8244854.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
スタッフブログは、こちらです。







 
by surugaki | 2014-02-23 08:22 | 木の家 | Comments(0)

大改造!!劇的ビフォーアフター・・・庭先マルシェ in ここにいこ

【朽ちる直前のカーポートをリノベーション】
朽ちる直前のカーポートですが、「リノベーション」をすることになりました。これから、「惣菜工房」になります。この鉄骨に荷重を負担
しないように土台も柱も桁も木造で組み直します。もちろん、屋根も取り払い、新しくします。完成しましたら、「ビフォーアフター」を
掲載します。・・・と、以前ブログに書きましたので、本日は、アフターを次に掲載しました。
d0019350_21535576.jpg
■ あっ!アフターです。3月1日、Open!です。詳しくは、⇒庭先マルシェ in ここにいこ
d0019350_21541795.jpg
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-21 22:26 | Comments(0)

surugaki まとめ・・・カワセミの表情

【役者じゃのう・・・カワセミ・オス(その2)】
カワセミは、少し背中が見えたほうがメタリックグリーンに輝き、きれいです。正面から見ると青いサンタクローのようです。
クチバシの下に白髭が見えます。
d0019350_16573331.jpg
【芸達者な藤枝蓮華寺池公園のカワセミ・オス(その1)】
藤枝の蓮華寺池公園には、「カワセミ組」なる、カワセミ撮りのグループがあります。「カワセミ組」の方々は、カワセミ撮りだけ
ではなく、生態系の保全に努めています。
メンバーのYさんが置いた枝にカワセミ・オスがとまっていました。このオスは、なかなかの芸達者です。これから、その芸達者
ぶりをアップしますので、是非、覗いてみてください。・・・続く。 — 場所: 藤枝市蓮華寺池公園
d0019350_16592038.jpg
【芸達者な藤枝蓮華寺池公園のカワセミ・オス(その2)】
羽づくろいも豪快です。・・・続く。
d0019350_1705073.jpg
【芸達者な藤枝蓮華寺池公園のカワセミ・オス(その3)】
羽づくろいも小鳥とは思えないくらい豪快な感じがします。・・・おしまい。
d0019350_171414.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
 スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-21 17:03 | 野鳥 | Comments(0)

野鳥の観察ーキジバト ・ シロハラ ・ カワセミ ・ モズ

【微妙な関係・・・キジバトとシロハラ】
キジバトは、いつも山道で餌を漁っていますが、冬になるとシロハラもそこに加わります。共生しているようにも見えますが、微妙ですね。
d0019350_22415529.jpg
【役者じゃのう・・・カワセミ・オス】
今までメスの縄張りだったところにオスが居ました。このオスは、なかなかの役者のようです。あのメスはどこに行ってしまったのでしょうか?
— 場所: 静岡市麻機遊水地
d0019350_22421355.jpg
【モズの番(つがい)か?】
モズは縄張りを持っていますので、春の繁殖期までは単独行動です。仮にオスの縄張りにメスが入っても攻撃します。(NHK・「ダーウィン
が来た!」で知りました。⇒ )今までオスとメスが同じ枝にとまっているところを見た事がありませんでした。上がメスで下がオスです。
・・・どの社会も同じ?かな~ぁ???
d0019350_22423279.jpg
実は、オスを撮っていたら、メスのところへ飛んでいったのです。↓
d0019350_092378.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
 スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-18 22:44 | 野鳥 | Comments(0)

ダイザギ ・ ツグミ ・ ホオジロ・アオジ・コゲラ

【朝陽がまぶしかった。】
d0019350_22173711.jpg
雨が上がると近くの山も神々しく見えます。いつも「グギャ~ァ、グギャ~ァ」とうるさく鳴いているでさえ「神の鳥」のようです。
d0019350_2218888.jpg
今年は、冬鳥が少ないように思います。静岡で見かけるのは、ツグミやホオジロ、アオジなど茶緑系の鳥ばかりです。お茶の産地・
静岡だからでしょうか?異常気象に思えてなりません。
d0019350_22183072.jpg
この実なんの実♪ 名前も知らない♪ 実ですから♪名前も知ら~ぁな~い~♪実に~ぃなるでしょう???・・・何の実かな~ぁ???
近くにいたコゲラも天を仰いでいました。ぽか~ぁん。。。
d0019350_221845100.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
 スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-16 22:21 | 野鳥 | Comments(0)

ベニマシコ(紅猿子)の番 ・ ダイサギの着陸

【ベニマシコ(紅猿子)の番(つがい)】
20mくらい先にベニマシコのオスがいました。漢字では、「紅猿子」・・・「名は体を表す」が如く、「猿の子」のように見えます。
近くにメスもいました。メスだけは、ジョウビタキ・メスとアオジから生まれたのではないかとさえ思えてきます。
実は、ジョウビタキ・メスとアオジがその後、出てきたからです。 — 場所: 静岡市麻機遊水地
d0019350_23385134.jpg
これらが後から出てきた、「アオジ」と「ジョウビタキ・メス」です。「ベニマシコ・メス」の両親と言っても、疑問を持つ人は
少ないように思います。
d0019350_23433578.jpg
【ダイサギの着陸】
ダイサギが着陸態勢に入りましたので、手動でピントを合わせながら追っかけました。写真を合成しますと、グライダーのように
飛び、空気抵抗を利用して着陸しているのが分かります。
d0019350_2346689.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをクリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
 スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-02-15 23:47 | 野鳥 | Comments(0)