<   2013年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

上棟 ・ トビの餌付け ・ アオサギ(蒼鷺)

【茶畑の前で、上棟】
今日は、茶畑の前で、「静岡県優良木材の家・SURUGA DOMINO」の上棟です。近くでは、「トンビがぐるりと♪輪をかいた~♪」(ふる~ぅ)
:この写真は、合成です。午後から本社で「OM静岡県会議」のため、現場を後にしました。
d0019350_20505511.jpg
【トビの餌付け】
昼休みにアップした「上棟の写真」のトビは「合成」ですが、上棟現場の近くの海岸に棲んでいます。良し悪しは別として、このトビは、
おじさんと犬が「餌付け」をしています。
パンの耳を水面に投げると、上手にキャッチし、空中で足まで首を伸ばして食べます。これも、パンをキャッチする瞬間を「合成」して
みました。ここでは、「鳶に油揚げをさらわれる」のは、カラスと相場が決まっているようですようです。⇒ミサゴ?が落とした魚
d0019350_20511826.jpg
【海のアオサギ(蒼鷺)】
池や田んぼのアオサギは、「グギャ~ァ、グギャ~ァ」と鳴いて、どことなく品がない。同じ青なら、つい、「カワセミ」に目が行って
しまいます。⇒ アオサギと本命のカワセミ
ところが、海のアオサギは鶴のように凛々しい感じがします。飛び方まで鶴に見えてくるから、不思議です。
d0019350_20513768.jpg
今日は、絶好の上棟日和でした。 秋らしい日が続きますようお祈りいたします。  駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-31 20:54 | 木の家 | Comments(0)

ロンドンバス ・ アサギマダラ

【ロンドンの2階建てバス】
現場に行く途中、私の前を「ロンドンバス」が走っていました。私が行こうとする方向に向っています。信号待ちの時に運転席から
フロントガラス越しにパチッ!・・・「日本平動物園」に入っていきました。
な~ぁんだ!私が行こうとしている場所と同じではありませんか。・・・明日、上棟する現場は、動物園の目と鼻の先です。現場を
一回りして帰ろうとすると、バスが園児を乗せて発車するところでした。動物園の出口にいると、バスが出てきました。なかなかカッコ
イイですね。「静岡にはロンドンバスがよく似合う」・・・なんちゃって。
d0019350_10934100.jpg
【アサギマダラ】
昨日、出会ったのは、「ロンドンバス」だけではありませんでした。実は、ロンドンバスが日本平動物園に入ると、車の前に「アサギ
マダラ」が飛んでいました。
写真を撮ろうと、車を降りると、後ろから来たバイクに衝突しました。バイクに乗った方のヘルメットにぶつかったのを目撃してしまっ
たのです。 (-﹏-。) 。まるでスローモーションのようでした。でも、鱗粉(りんぷん)は飛び散りません。・・・この蝶は、鱗粉が付いて
いないことは知られていますが、この場面で確認できなく...てもよさそうなものです。
近づいてみますと、アスファルトの上に身動き一つしないで止まっていました。生きているようです。指先に止まらせ、全身から気を
送りましたら、元気が出てきました。
左手に蝶、右手にカメラでしたから、ピントが合わせづらかったですが、何とか撮れています。この蝶は、1000kmも飛行するそうです。
だいぶ回復してきましたので、道路脇の森に放ちました。
d0019350_1084191.jpg
やっと、秋らしい気候が戻ってきました。短い秋を満喫しよう。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-31 10:12 | 四季 | Comments(0)

ヤブラン ・ コバノガマズミの実 ・ コスモスとひまわり ・ 銀木犀(ぎんもくせい)

【今日の朝パチッ!・・・ヤブラン(藪蘭)】
「ヤブラン」は、日陰に咲く、百合(ゆり)科ヤブラン属の植物です。自宅の中庭でも日影に咲いています。今日は雨のため、
いっそう暗く見えます。
斑入りの園芸種もありますが、原種に近い物を下草として植えてあります。下草としては、手軽ですからお奨めです。
d0019350_21171944.jpg
【「コバノガマズミ(小葉莢迷)の実?」を覗き込む「マユタテアカネ?」】
「コバノガマズミ(小葉莢迷)か、ただの「ガマズミ」かは分かりませんが、「マユタテアカネ」が上からのぞいていました。
これも、「ノシメトンボ」かもしれません。(これが、⇒コバノガマズミの花
私のような素人には、特定できないものが多く、間違いだらけです。 (-﹏-。) 。
d0019350_21181130.jpg
【休遊地のコスモスとひまわり】
通勤途中にある休遊地の「コスモス」は、今の時期に満開になります。今年は、半分が「ひまわり」に代わっていましたので、
雨の中、車内からパチッ。
真冬になると「菜の花畑」になるところもあります。・・・季節感が無くなってしまったと嘆く声も聞かれますが、小春日和の
「花咲か爺さん」は、「みんなの目を楽しませたい」と、仰っていたのを思い出しました。⇒小春日和の「花咲か爺さん」
d0019350_21185212.jpg
【銀木犀(ぎんもくせい)】
今の時期になると、ネット上に「金木犀(きんもくせい)」の画像が多く載っています。「金木犀」ばかりで、「銀木犀」が
載らないのは、どうしてなのか、私なりに考えてみました。
①金木犀の花は、清水エスパルスカラー・「オレンジ色」で目立つ。
②金木犀の方が香が強いので、遠くからでも存在が分かるのに、銀木犀は、ほのかに香るため、近づかないと分からない。
③金木犀は、大気汚染に強いが、銀木犀は大気汚染に影響されやすく、空気が汚れると花数が減るらしい。
銀木犀のほうが、「控えめで清楚」な感じで、好感が持てますが、これだけは、好みがありますからね。
d0019350_21192673.jpg
今日は、小雨でしたが、寒かったのですね。パッと、「花屋」を臨時開店しました。秋らしい晴天を見たいものです。駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-29 21:24 | | Comments(0)

サメビタキ ・ アキアカネ ・ マユタテアカネ

【たぶん、サメビタキ】
最初、見たときに「ルリビタキ・メス」だと思いましたが、「ジョウビタキ・メス」かもしれないと、比較してみますと、どちらとも
違います。
図鑑で調べた結果、「サメビタキ」が最有力候補として残りました。「ルリビタキ」や「ジョウビタキ」は、「南京ハゼの実」
が好きらしく、よく食べているところを見かけますが、この鳥は、それには、目もくれず、黒い実を食べていました。
この実は何の実でしょうか?これから調べてみます。いつもの年は、「鳥屋」を開業する時期ですが、猛暑が長引き、若干
遅れそうです。
d0019350_23443381.jpg
【アキアカネ?とマユタテアカネ・メス?】
上の写真は、前の記事の静岡で3年間も観察されていない「アキアカネ?」の顔の正面ですが、これでも、「アキアカネ」とは
特定できません。・・・「アキアカネの顔」の正面を見たことがないからです。少なくとも「マイコアカネ」ではないことだけは、
分かります。
下は、「マユタテアカネ・メス」だと思いますが、これも確証がありません。・・・と、いうことは、何も分かっていないのでは?
・・・ハイっ!その通りです。
d0019350_23445422.jpg
秋らしい気候になりましたが、まだ夏鳥が見られるとは、異常です。 (-﹏-。) 。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-28 23:45 | 四季 | Comments(2)

柿 ・ 赤トンボ ・ 水がめ

【柿畑と枝垂れ柿】
「柿畑の柿」は、間引きしたのか、数は少なめです。「枝垂れ柿」は、多くの実をつけています。重さに耐え切れず、
枝垂れたのかもしれません。
d0019350_1026142.jpg
【アキアカネ絶滅の危機】
静岡県では、アキアカネが、2009年を最後に3年間も見られていないそうです。私は2010年にも見ましたから、かれこれ
2年間、見ていません。こちらは、最後に見たアキアカネです。
↓これは、静岡県で初の「アキアカネ」ではないでしょうか?いつもなら、前・後・左・右からと撮っておいて、後から検証
するのですが、1カット撮った後に、5mくらい高い所に移動してしまいまいました。 (-﹏-。) 。影絵を見ていても、「アキ
アカネ」か確認できません。翅についた赤い模様は、マイコアカネやマユタテアカネにも付いていますから。 (-﹏-。) 。
d0019350_10262731.jpg
【雨が止んだら・・・秋色】
雨が止んだら、「白樫のドングリ」も「白梅の葉」も「秋色」です。この下には、お客様から頂いた、100年以上前の
「釣べ井戸の淵石」で作った「水瓶」を置いてあります。
直径3尺5寸(Φ1.050㎜)、高さ1尺5寸(H450㎜)厚さ3寸5分(165㎜)の円形で、大きな二つの石をくり貫いて作
られています。
この淵石の苔は、中庭の苔とは違い、歴史を感じます。夜になると、水中から梅ノ木をライトアップすると、風情があった
のですが、今は電球が切れています。屋根に降った雨水が地下に溜まると、自動的にポンプアップして、水が入れ替替わ
る仕掛けにしましたが、水中ポンプも壊れてしまいました。やはり、付帯設備は、メンテナンスが大事ですね。
d0019350_1022072.jpg
やっと秋らしい空が戻ってきました。このまま正常な四季になりますよう願ってやみません。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-28 10:35 | 四季 | Comments(0)

「台風一過」・「薄紫は、秋の色」

【台風一過の中庭】
台風一過の中庭は、しっとりしています。台風27号も殊の外、穏やかでした。
d0019350_19485741.jpg
【台風一過の曇り空】
「台風一過の晴天」とはいかず、曇っています。 (-﹏-。) 。隣の休耕地で「ヤマトシジミ」が翅を乾かしていました。
翅の鱗粉(りんぷん) は、水を弾きますが、あの大雨の中、どこにいたのでしょうか?全く傷みがありません。
チョットだけ、驚きでした。
d0019350_195007.jpg
【薄紫は、秋の色】
私にとって薄紫は、秋の色です。秋の七草の一つ、フジバカマ(藤袴)の色です。車で移動中に、季節外れの「フジバカマの花」
を見かけましたので、カメラを持って近づいてみますと、フジバカマではありませんでした。
蕾も花も実も付いていましたので、ネット検索すれば、直ぐに名前が判ると思ったのですが、・・・判りませんでした。(-﹏-。) 。
「喉に小骨が刺さった」気分です。ご存知の方は、是非、ご教示賜りますようお願い申し上げます。
d0019350_19502567.jpg
被災された方々にお見舞い申し上げます。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-26 19:50 | 四季 | Comments(0)

台風

【今日の朝パチッ!・・・ 涙(-﹏-。) 。】
台風27号は西日本に大雨を降らせていますが、静岡は鈍より曇っています。自作の滝も心なしか湿りがちです。
これが「平年並み」にならないことを祈るばかりです。
d0019350_231363.jpg
【海岸の二人・・・三人】
近くの久能海岸には、赤ちゃんに海を見せている、若いご夫婦がいました。恋人のようでした。
d0019350_23133399.jpg
NHK NEWS|WEB・「東海・関東・伊豆諸島 激しい雨警戒」・・・被害がないよう祈るばかりです。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-26 00:03 | 環境 | Comments(0)

ミサゴ ?・ トビ ・ カラス

【今日の朝パチッ!・・・屋根に太陽が当たった】
今日は、屋根に太陽が当たっているではありませんか。いつも見る風景ですが、先週の天気予報では、台風の影響が表れる
頃かと思っていただけに、今日の朝日は、いつもより輝いて見えます。台風はどこにいるのでしょうか。今から調べます。
d0019350_22432696.jpg
【ミサゴか?】
トビを観察していると、遠くに一羽の鳥が飛んでいました。飛ぶ鳥用の50-500mmを持っていなかったので、70-300mm
で撮り、Photoshopでトリーミングしてみました。
曇っていたので、鮮明ではありませんが、明らかにトビではありません。しかも魚を捕らえて運んでいます。この海岸のトビは、
おじさんがパンを与えると空中で食べています。「山野の鳥図鑑」では、「ミサゴ」のように見えますが、「海鳥図鑑」がないので、
よく分かりません。 (-﹏-。) 。
しばらく見ていると、途中で、魚を落としてしまいました。それが落ちた所にカラスがやった来ました。・・・続く。
d0019350_22422927.jpg
【ミサゴ?が落とした魚】
「ミサゴ?」らしき鳥が落とした魚の所にカラスが集団でやってきました。カラスは、集団でいても個が基本のようで、獲物を
分かち合うどころか、奪い合っていました。
争っているところにトビがやってきて、魚を持ち去りました。「鳶に油揚げを攫(さら)われる」とは、このことです。(*^-^*)
カラスは、一斉にトビ目掛けて飛び立ちました。この時ばかりは、利害が一致したのでしょう。力を合わせて、トビから魚を
取り戻そうと攻撃していました。今までは、トビの下に位置していたと思っていましたが、正に「下克上」です。
「窮鼠(きゅうそ)猫を噛む 」かな~ぁ?
d0019350_2244015.jpg
台風と秋雨前線が合わさって、大雨となる恐れあるそうです。警戒しよう! 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-24 22:45 | 野鳥 | Comments(0)

鳶と鳩 ・ 海は恋してる ・ 海鳥たち

【鳶と鳩の関係】
鳶とカラスやコサギとの関係を書きましたが、鳩は、それらの鳥とは、明らかに異なります。それは、カラスやサギは集団
でいても、基本は個であり、平等分配社会は形成しません。
先日も、NHKスペシャル『病の起源』・「うつ病~防衛本能がもたらす宿命~」で、人間がうつ病になるのは、平等な分配社会
から格差社会に移行したことが原因だと解説していました。
鳩は、撒かれたパンの耳を食べるために、鳶の周りを囲み、飛び去るのを待っていました。鳶がいなくなると、一斉に突付き
はじめました。鳩は、平等分配社会を形成しているようです。
d0019350_2328469.jpg
【海は恋してる・・・ザ・リガニーズ】(ふる~ぅ)
「海はすてきだな~ぁ 恋してるからさ♪ 誰も知らない 真っ赤な恋を♪ 海がてれてるぜ 白いしぶきあげて♪ えくぼのような
ゆれる島影♪ 君はきれいな 海の恋人♪ やさしく抱かれて 夢をごらんよ♪ 」 ここのところ、荒れ狂う海ばかり見ていましたが、
先日は、穏やかな海でした。浜辺でご家族が凧を揚げて、写真を撮っていました。思わず、昔の歌を口ずさんでいました。
d0019350_2327512.jpg
【今日の朝パチッ!・・・玄関から中庭】
今日は、鈍より曇り、元気がないように感じます。台風の前の静けさでしょうか。玄関の差し鴨居の上に、千葉山地満寺のお札
を貼り、台風の被害が最小限に収まるよう仏頼みしました。
d0019350_2325485.jpg
【海鳥たち】
会社の近くの久能海岸は、鳶やカラスばかりで、海鳥をあまり見かけません。ところが、海岸の裏に廻ると、多くの海鳥が
ささやいていました。・・・気づかなかったはずです。
私がおどかしたわけではありませんが、一斉に飛び立ちました。その光景を見ていると、加山雄三の「光進丸」を思い出しました。
「桟橋に立つ 君の肩から♪ 海鳥たちが 飛び立ってゆく♪ ラットを握る 俺を見つめて♪ 涙で何か話しかける♪ 出航前のあわただし
さに♪ そこだけ時が止まったようだ♪ 心ひとつの海の仲間が 綱といて船に乗る♪・・・♪」
d0019350_23195612.jpg
強い台風第27号が近づいています。くれぐれもご用心ください。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-23 23:33 | 野鳥 | Comments(0)

玄関アプローチ ・ 地域ブランド化住宅 ・ SURUGAドミノ ・ 大規模修繕

【今日の朝パチッ!・・・玄関アプローチ】
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われたのは、昔の話でしょうか?・・・10月になっても夏日と秋が交互にやってきます。
しかも、強力な台風が毎週発生しています。今日は鈍より曇り、寒くなりそうです。ほんとうの「秋の空」を見たいです。
d0019350_1917441.jpg
【地域ブランド化住宅・SURUGAドミノ】
国が推し進める「地域ブランド化事業住宅」⇒ と、「静岡県優良木材・SURUGAドミノ住宅」⇒ の二世帯住宅を計画しています。
二世帯の親子が、二つのタイプの家に、付かず離れず住まわれます。家もそれぞれに主張がありますが、一つの家としてもバランス
を考えました。
d0019350_19191971.jpg
【大規模修繕】
この建物は、上棟が終わった直後ではありませんし、最近、流行のリノベーション(renovation)の現場でもありません。
これは、基礎と土台、柱、梁を残し、スケルトン状態にしたところです。静岡県では、昭和56年以前に建築した住宅の耐震化を
推し進めています。
少なくとも耐震強度を現行の建築基準法以上にすることを求めています。補助金制度もあるのですが、一向に進んでいません。
多少の改修では、強度が確保されないということから、止めてしまう方も少なくありません。このお宅も骨組みだけにしてみますと、
傷んでいるところや強度不足が一目瞭然です。
某番組のようにバタバタ壊すのではなく、使えそうにないものだけ手で取って、後は、補強します。完成すれば、新築とほとんど
変わりありません。そういう意味では、使用用途を変えない「リノベーション」といっても良いかもしれません。また、完成したら、
報告させていただきます。
d0019350_19183994.jpg
気候変動が激しい日が続きそうですので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-22 19:20 | 建築 | Comments(0)