<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

玄関の植物・カマキリとスズメバチ・水引

【今日の朝パチッ!・・・玄関の植物】
下駄箱の上に、「猫じゃらし」や「ねじればな」などが飾ってありますが、5年ほど、そのままです。
・・・実は、室内に草を置くと観葉植物以外は枯れてしまうので、これは、「造(草)花」です。少し、暗くて分かり
づらいですが、よく出来ています。相良油田で、器付きで500円くらいだったと思います。⇒相良油田
春夏秋冬、同じものでも違和感がないから不思議です。
d0019350_23533085.jpg
【カマキリとスズメバチ】
藤枝市・蓮華寺池公園にトンボの観察に行くと、枯れた盗人萩(ぬすびとはぎ)にカマキリがとまっていました。
近づくとカメラ目線でこちらを向いたので、仕方なしに、パチッ!
池では、スズメバチが大賀蓮の葉の上から水面に顔を突っ込み、水を飲んでいました。私がカメラを向けると、こちらを
チラっと見ながら、飛び立ちました。・・・が、空中で90度方向転換し、こちらにカメラ目線を送ってきました。
・・・もちろん、撮らせていただきました。
d0019350_2350178.jpg
【水引の紅ひとすぢのつゆげしき 松村蒼石】
水引(ミズヒキ)の赤い花穂が緑の中に鮮やかに映えています。これは花びらではなく、四枚のガクです。
上から見ると紅色、下から見ると白色なので「紅白の水引」に見立てて名付けられたそうです。「水引 花 ガク」と
検索すると、以前私が書いた「ブログ記事」が出てきますので、詳しくは、そちらをご覧ください。(手抜き)⇒
d0019350_23482573.jpg
涼しくなってきました。このまま秋らしい日が続きますよう願わずにはいられませんでした。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-30 23:56 | 四季 | Comments(0)

自宅の緑 ・ 彼岸花 ・ この実なんの実♪ 気になる実♪ ・ ギンヤンマのホバーリング

【自宅の緑】
おはようございます。今日は、雲ひとつない秋晴れです。先月、一生懸命剪定したのに、もう緑に覆われています。
秋らしい光が輝いています。心地よい風が通ります。クツワムシも目覚めたようです。今日は、午前中に
ご契約に立会い、午後から近所の山を散策してきます。クマバチに襲われないよう細心の注意をして・・・。
d0019350_2237015.jpg
【彼岸花】
彼岸花は、若いうちは瑞々しく、華がありますが、花びらが朽ちる時は、見向きもされません。花が散ると下から種
が出来てきます。
日本人は、桜や椿、シャラなどの「散り際の潔さ」を好まれる傾向にありますが、最後まで散らずに朽ちるのも一つ
の生き方だと思います。
彼岸花は中国原産ですが、日本には有史以前に渡来したと言われています。
中国原産の帰化植物でも潔い花もありますけどね。・・・合歓の花です。⇒この~ぉ~ぅ木♪なんの木♪
私は、泥臭いのも潔いのもどちらも好きですけどね。
d0019350_22403213.jpg
【この実なんの実♪ 気になる実♪】
名前は知ってる♪ 実ですから♪・・・教えちゃいましょう。実は、私のBlog・カテゴリ「草」で、可愛そうな名前NO.2
に輝いた、「臭木(クサギ)」です。(ちなみにNO.1は「屁糞蔓(ヘクソカズラ)」、NO.3は「ママコノシリヌグイ
(継子の尻拭い)」です。)
昔は、草木染めの材料として使われていたそうです。「くさき」と読めばきれいな感じがしますが、「き」に濁点(゛)を
付けただけでイメージが変わってしまいますね。 (-﹏-。) 。
詳しくは、⇒
d0019350_2241979.jpg
【ギンヤンマのホバーリング】
blogやfacebookに「ギンヤンマの飛翔写真」をアップすると、「よく、飛んでいる写真が撮れますね。」と言われます。
確かに、ギンヤンマの飛行速度は約60㎞/hと言われていますので、飛行中を撮るのは「至難の技」です。
でも、ギンヤンマは、30秒以上もホバーリングし、その時は空中で「静止状態」になります。シャッタースーピード・1/1000
程度で連写すれば、手持ちでも簡単に撮れます。
子供もホバーリング中に「たも網」で、簡単にギンヤンマを捕りました。私のは「撮る」ですが、子供のは「捕る」ですからね。
(-﹏-。) 。「逃がしてあげな。」とも言えず、涙をこらえて、「記念写真」を撮りました。
d0019350_22423832.jpg
今日は、秋らしい爽やかな日でした。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-29 22:49 | 四季 | Comments(0)

秋晴れの障子」・ 「キイロスズメバチの惑星」・「露草とイヌダテ」

【秋晴れの障子】
おはようございます。爽やかな秋の光です。・・・実は、紫外線が多かったりして・・・。でも、気持ちがいいから、
思いっきり秋を楽しもう。ちょっとだけ仕事もしよう。(ひとりごと)
d0019350_21134372.jpg
【窓の外は雨♪・・・ではなく、秋晴れじゃ】
中庭は、さんさんと降り注ぐ光のシャワー。風も爽やかで気持ちが、いいね!苔や草も元気になりました。ほんとうに
秋らしい日になりそうです。
d0019350_2184448.jpg
【キイロスズメバチの惑星】
「スズメバチ」の巣かと思い近づいてみますと、「キイロスズメバチ」がいました。日本に生息するスズメバチ属では、
最も小型で、体長は女王バチが25~28mm、働きバチが18-24mmだそうです。
攻撃性が非常に高く、巣の近くを通っただけで攻撃されることもあるそうです。そ~ぉっと、近づいてマクロレンズで
撮りました。惑星まで50cmの距離です。
穴から出て来た蜂は、私の方に飛んできますが、どれも通り過ぎて行きました。(ほっ)このままでは、いつ攻撃され
るか分からないので、この場を立ち去りました。良い子は、真似しないでくださいね。
d0019350_219268.jpg
【露草とイヌダテ(犬蓼)】
山の中の荒れた畑には、「犬の顔をした露草」と「犬も食わないイヌダテ(犬蓼)」が生えていました。
良い組み合わせかなと思い、アップさせていただきました。
d0019350_23121399.jpg
今日は、爽やかな秋らしい日でしたね。「天高く馬肥ゆる秋」になってほしいと思います。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-28 21:15 | 四季 | Comments(0)

「肌寒い朝」・「鬼蓮・コフキトンボ・オオモンクロベッコウ」

【肌寒い朝】
おはようございます。台風20号が去った後、急に肌寒くなりました。玄関のモミジも色づき始めました。
それでも、来週からまた暑さが戻るそうです。気候の変わりやすい時期ですが、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
d0019350_21124173.jpg
【「鬼蓮の保護育成池」のコフキトンボとオオモンクロベッコウ】
いつもトンボを観察している藤枝市・蓮華寺池公園では、天然記念物の鬼蓮を保護育成するために池の中を網で仕切ってあります。
【コフキトンボ】
鬼蓮専用の池にも大賀蓮が進入してきますが、そこにコフキトンボがとまっていました。若い個体は、シオカラトンボの
オスを小さくした感じですが、成熟すると粉を噴いてきます。
もちろん、それが名の由来ですが、こんなに粉を噴いたコフキトンボはあまり見かけません。全長は40㎜くらいです。...
【オオモンクロベッコウ】
オニバスの上では、オオモンクロベッコウが飛び回っていました。普段は、地面スレスレを飛び、頻繁に地面に降りては、
クモを探しているそうです。
クモを見つけると、針を刺して麻痺させ、体に卵を生み、クモの体内で孵化(ふか)した幼虫がその体を食べて育つそうです。
それがどうして鬼蓮の上を飛んだり降りたりしているのか分かりませんでした。・・・それにしても、超マイナーな昆虫の話
でした。 (-﹏-。) 。
d0019350_21134774.jpg
今日は、涼しい一日でしたが、来週から暑さが戻ってくるようです。気温の変動が 激しい季節柄、ご自愛くださいますよう
お願い申し上げます。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-27 21:15 | 四季 | Comments(0)

「亀の脱皮ではないけれど」・紫の花&ギンヤンマ飛翔

【またしても、「亀の脱皮」・・・ではなく、「水の入れ替え」】
2010年6月のこと。「甲府市の公園の堀で、甲羅に「カメデス」と白いペンキのようなもので落書きされたカメ
(体長約30センチ)が見つかった。」・・・「甲羅に「カメデス」悲劇の結末・・・の結果」⇒  
この時、「カメの脱皮」の写真を貸してほしいと、日テレとフジテレビから依頼があったので、お貸ししました。
このカメは、要注意外来生物および世界の侵略的外来種ワースト100にも選ばれている「ミシシッピーアカミミガメ」です。
カメに責任は全くありませんが、かわいそうと思うより、本来は駆除すべきなのです。・・・と、いう私も、駆除も
放流もできず、20年以上飼っています。 (-﹏-。) 。今日は、久しぶりに水を入れ替えました。
d0019350_23481373.jpg
【紫の花】
最近、紫や薄紫の花をよく見かけます。「SURUGAドミノ」の現場では、オミナエシ(女郎花)のバックに紫色の花が咲いて
いました。お彼岸のお参りに伺った寺には、薄紫色の花が咲いていました。私は、どちらの花の名前も知りません。 (-﹏-。) 。
身の周りに咲く、「野の花」は8年くらい調べていますが、「園芸種」は、全く分かりません。野の花も帰化植物が多く、在来種
や日本固有種は隅に追いやられているようです。
d0019350_2336746.jpg
【ギンヤンマの飛翔・秋】
ほとんどのトンボは、せいぜい2ヶ月間見られるだけですが、ギンヤンマは、春から晩秋まで見られます。
ギンヤンマが枯れはじめた「オニバス」の上を飛んでいました。秋の日差しに輝いています。(左旋回している写真は
合成です。・・・分かってますよ。 (-﹏-。) 。)
これは、メスだと思いますが、夏より全体に小麦色になっている気がします。11月まで見られますから、次は、「晩秋
バージョン」をアップしようと思います。
d0019350_23363557.jpg
台風20号も温帯低気圧になって去っていきました。良かったです。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-26 23:38 | 四季 | Comments(0)

「柿と彼岸花」・「フィギア」・「ハグロトンボ」・「ガマの穂とキジの幼鳥」

【今日の朝パチッ!・・・柿と彼岸花】
静岡地方は鈍より曇っています。柿の先端を撮っていると、光が射してきました。・・・これは、鳥にあげよう!
日陰では、彼岸花が紅白に咲いています。良いことがありそうな予感がします。
素晴らしい一日でありますようお祈り申し上げます。
d0019350_20474729.jpg
【 仮面ライダーのようなフィギア】
荒れ狂う海岸の防波堤の外では、仮面ライダーのようなフィギアがHarley‐Davidsonにまたがっていた。
フィギアの名前を聞くのを忘れましたが、ハーレーダビットソンは、全て金属製で、マフラーはステンレスで出来て
いるそうです。
それにしても、精巧に出来ている。フィギアは、腕を動かすと、筋肉が盛り上がりました。非常時になると出動する
らしい。(所有者弁)
d0019350_20501570.jpg
【ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)・メス】
ハグロトンボは、盆のころに出ることから、「極楽トンボ」とも呼ばれています。この日は、「秋分の日」でしたが、
メスしかいませんでした。
いつもは、翅を閉じていますが、時々、開きます。開いた瞬間を上から、パチッ!
d0019350_20525711.jpg
【参照】これは、 2009年に撮ったオスです。胴体がグリーン&ブルーに輝いています。
d0019350_2054993.jpg
【チョコバナナではなく、ガマ(蒲)の穂とキジ(雉)の幼鳥】
上の写真は、縁日に夜店で売っているチョコバナナでなく、ガマ(蒲)の穂ということは、だれでも知っています。
ガマは全国どこでも見られるそうですが、私の周りでは、カワセミを観察している麻機遊水池でしか見ることができません。
実は、先日アップした「キジの幼鳥」が道路を疾走していたのは、このガマの藪に身を隠すためだったのです。⇒
あまりの速さに画面よりはみ出てしまいましたが、羽根を見ると、保護色ということが分かると思います。(負け惜しみ)
この藪に入ると、どこにいるのかさっぱり分からなくなります。もちろん、巣も藪の中です。 (-﹏-。) 。
d0019350_20552396.jpg
最近は気温の変動が激しくなりました。ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-25 21:00 | 四季 | Comments(0)

駿河工房・焼津ギャラリー・台風20号

【今日の朝パチッ!・・・駿河工房・焼津ギャラリーの草刈り】
朝から、ギャラリーの草刈をしました。土手には、彼岸花が咲いていました。ギャラリーの裏庭の石畳も味わいが
出てきました。土手は、緑のトンネルです。今日の成果は、ゴミ袋三袋でした。清清しい気分になりました。
d0019350_18345264.jpg
【台風20号近づく】
静岡市清水区から帰社途中、久能海岸に、大きな波が押し寄せていました。台風20号が近づいているようです。
海岸に波しぶきを撮っている人がいました。カラスは、いつもと違う風景に驚いている様子でした。
火山が爆発したような光景です。静岡県では、富士山の世界遺産登録に伴い、消波ブロックの移設を検討しています。
確かに景観は良くなりそうですが、大丈夫でしょうか?この波を見ていると心配になります。
d0019350_18373116.jpg
【風雲急を告げる】
台風が近づく海岸では、「憎まれカラス」も「幕末の志士」のように颯爽(さっそう)としています。嵐の中に向って
行くのでしょうか。
d0019350_18361959.jpg
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、秋風が吹いてきました。台風20号もこれからどんな動きをするか分かり
ませんが、海は荒れています。被害が出ませんようお祈り申し上げます。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-24 18:41 | 四季 | Comments(0)

「白い桔梗とクロウリハムシ」・「孟宗竹と彼岸花」・「キジ(雉)」・「西側の障子と夜の玄関」

【白い桔梗とクロウリハムシ(黒瓜葉虫)】
お寺の境内の「白い桔梗」に、頭がオレンジ色で、光沢のある黒漆のような翅の全長6~7㎜の虫が数匹集まって、
一目散に花びらを食べていました。
帰宅してネット検索すると、「クロウリハムシ(黒瓜葉虫)」と判明しました。クロウリハムシは、ウリ科以外に桔梗の葉
に発生するそうです。葉、茎、花、果実などを食害するので、農家では悩みの種だそうです。
こちらのブログには、「ノーベル賞候補! キキョウに付くクロウリハムシの駆除方法(1)」が書かれていました。⇒
d0019350_22442918.jpg
【お引渡しの帰りに「虹」ではなく、「キジ(雉)」が出た。】
静岡郊外の田んぼを通ると、雉(キジ)のメスが、こちらを向いていたので、車中から、パチッ!
車から降りて撮ろうとしたら、前方から車が来ました。通り過ぎると、そこには、キジはいませんでした。 (-﹏-。) 。
イネの中を探していると、今度は、オスの幼鳥が田んぼから出てきました。
近づいて撮ろうとすると、道路を一目散に走り出しました。幅員10mの道路の真ん中くらいまで行くと、飛び立って
しまいました。あまりの早業で、シャッタースピードを変更できませんでした。 (-﹏-。) 。
そういえば、キジは、「日本の国鳥」でした。・・・忘れていましたので、急遽、アップさせていただいた次第です。
d0019350_22411863.jpg
【孟宗竹と彼岸花】
自宅から車で5分ほど行った山に彼岸花の群生地がありました。この街に住んで早60年、これほどの群生地があること
を知りませんでした。地主の方が植えられたのかもしれません。山の上と下から撮ってみました。
d0019350_22433374.jpg
【西側の障子と夜の玄関】
自宅では、西側の障子の外に日よけの「よしず」が立ててあります。丁度、西日が射してきましたので、夕パチッ!
谷崎潤一郎の「陰翳礼讃(いんえいらいさん)を説明するつもり全くありませんが、玄関の「栗の実や葉、どんぐり、蓮の
実」について、説明させていただきます。
先日、アップした「玄関の置物」⇒ を、写真を撮るために飾り付けたと思われた方も多かったようですので、言い訳
がましく「夜の玄関」をアップさせて頂きました。
玄関には、古ダンスの上に、10年ほど前に購入した「栗の図柄の大皿」と昨年自宅で採れた「栗とドングリ」、三年前に
不忍池から拾ってきた「蓮の実」を置いてあります。・・・ほとんど10年間変わらぬ風景です。
毎年、自宅で採れた「実」と「干支の張子」だけは、替えていますが、生け花以外は、一年中変わり映えがしません。
それで、埃が被っていたため、ボケ写真にしたのです。(言い訳タラタラ。)お・し・ま・い。
d0019350_2242749.jpg
今日は、「秋分の日」でした。やっと、秋らしい光と風を感じました。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-23 22:47 | 四季 | Comments(0)

北の庭 ・ カラスウリ ・ サクラタテ

【きょうの朝パチッ!・・・北の庭】
北の庭は、未だ緑です。萩やフジナカマが枯れ、植えた覚えがない「盗人萩(ヌスビトハギ)」がいつの間にか咲いています。
筧の中からシダが出てきました。周りには、蚊がたくさん飛んでいました。・・・うかつにも刺されてしまいました。 (-﹏-。) 。
12月になると、北の庭も「葉の万華鏡」が楽しめます。【北の庭は、万華鏡】⇒
d0019350_19283378.jpg
【カラスウリ】
カラスウリは、「気になる秋の実」の一つです。⇒ ・・・が、この花をまともに見たことがありません。
理由は、いくつか考えられます。⇒①花は夜開く♪ ②花期になると、実が生っていた場所を思い出せない。③街中では、
高いマキの生垣の上に咲いていて見えづらい。等々です。
こちらのブログには、「カラスウリの花」について詳しく書かれていました。⇒ この実を見ると、秋を感じますが、来年こそは、
花を見て「夏を感じてみたい!」と思う今日この頃です。
d0019350_19291268.jpg
【彼岸花の前のサクラタテ】
墓参りの帰りに、産土(うぶすな)神社に参拝したら、彼岸花が夕日に輝いていました。
撮ろうと思い近づいてみますと、彼岸花の前に白花のサクラタテ(桜蓼)が咲いていました。
今の時期は、彼岸花が主役ですので、申し訳なく存じますが、今日だけ、主役を交代していただきました。
サクラタテの花は、花径Φ4~5㎜の小さな花ですが、5花弁で、桜の花に似ています。
一般に見られる、薄桃色のサクラタテの方が、桜により似ていますね。
d0019350_19295475.jpg
明日は、秋分の日です。来年も再来年も9月23日が秋分の日ですが、2016年(平成28年)だけは、9月22日 (木)に
なるそうです。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-22 19:38 | 四季 | Comments(0)

昨年の秋 & ナナホシテントウの交尾

【昨年の秋】
今日は、秋らしい爽やかな空気です。自宅の玄関は、まだ、昨年の秋に拾った栗や蓮、どんぐりなどを置いています。
今年の秋はいつ来るのでしょうか?「暑さ寒さも彼岸まで」・・・信じるしかなさそうです。
d0019350_2354267.jpg
【ナナホシテントウの交尾】
現場前の休遊地のオミナエシ(女郎花)の中でナナホシテントウが交尾していました。見えづらかったので、気を照射し、
指先にとまってもらいました。
d0019350_2355208.jpg
今日もfacebookに投稿した記事をまとめましたが、上の【ナナホシテントウの交尾】の写真は、ブログ専用に変更
してあります。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-22 00:00 | 四季 | Comments(0)