<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

トンボの観察/2013・・・ついに再開!

チョットの間、お休みしていましたが、急遽、「トンボの観察」を再開しました。これは、facebookにアップした記事をまとめました。

【トンボの観察・・・ショウジョウトンボの羽化】
昨日、テントウムシの羽化をアップしましたので、今日は、ショウジョウトンボの羽化です。羽化したては、ガラス細工のように
透明感がありますが、これは、2時間以上前に羽化したと思われます。
これから、真っ赤に染まっていきます。今日は、絶滅危惧種のベッコウトンボの大発見をしました。これから、記事にしますので、
是非ご覧ください。
d0019350_19374525.jpg
【絶滅危惧種・ベニイトトンボ】
このトンボは、絶滅危惧種のベニイトトンボのオスです。静岡県磐田市の桶ヶ谷沼で本日撮りました。あまり見かけないと思います。
交尾の様子は以前撮ったことがあります。(クリック)→■2010・トンボの観察・・・イトトンボ&ギンヤンマの交尾
d0019350_19391922.jpg
【絶滅危惧種・ベッコウトンボ】
これは、ベッコウトンボのメスです。絶滅危惧IA類(CR)に指定されていて、今では、ほとんど見られなくなりました。日本では、
静岡県磐田市・桶ヶ谷沼に最も多く繁殖しています。
普通、メスはベッコウ色をしていますが、この個体はオスのように黒く、翅には「3」と書かれています。これは、3月末に羽化した
個体で、成熟しているため黒くなったのです。「3」は、個体の移動を確認するために付けられました。
今年は、本日と5月3日に個体数調査が実施されます。今までベッコウトンボの行動範囲は狭いとされていたのですが、これは
確認された場所(生まれた場所周辺)より3kmくらい離れた所で見つけました。
桶ヶ谷沼ビジターセンターによりますと、観測を始めて以来、これだけ遠方に移動したのを確認したのは、初めてだそうです。
絶滅危惧種の中でも、最も珍しいトンボということになります。(自己満足)
こちらに桶ヶ谷沼で確認されたベッコウトンボの頭数が記載されています。⇒桶ヶ谷沼ビジターセンター
d0019350_194037100.jpg
また、トンボの観察を再開しましたので、よろしくお願いいたします。 駿河工房 今井

駿河工房では、4月29日(祝・月) 13:30~15:30に、住まい教室・『無理のない資金計画編』を開催します。
 詳しくは駿河工房/ニュース・イベント
駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-29 20:04 | トンボ | Comments(0)

休耕地の観察・復活・・・カタバミ&ユウゲショウ

2005年からブログに書いていた「休耕地の観察」が復活しました。facebookに載せた記事ですが、ブログには、2記事を
まとめて掲載させていただきました。
隣地の休耕地にカタバミが咲いていました。カタバミは、花径10㎜くらいで、全国いたるところに咲いています。夕方になると
花びらを閉じて休眠運動をします。[下の写真]右側の花は休眠運動をしています。左の花の中には休眠しているように見える
アブマドヒラタアブらしき小さなハナアブがいました。カタバミについては、以前、ブログに書きました。⇒気になる野の花(その1)
d0019350_2036487.jpg
ユウゲショウ(夕化粧)は、「赤花夕化粧」とも呼ばれています。名の由来は、午後遅くに開花して、艶っぽい花色を持つこと
からとされていますので、寝起きの写真を撮りましたが、早起きでした。ところが、カタバミは、まだ寝ていました。ホソヒラタアブ
が待ち遠しそうにホバーリングをしています。小さな虫もカタバミの開花を待っているようでした。
d0019350_20384948.jpg
休耕地にも小さな生き物の営みがあります。これから、復活連載しますので、よろしくお願いいたします。 駿河工房 今井

駿河工房では、4月29日(祝・月) 13:30~15:30に、住まい教室・『無理のない資金計画編』を開催します。
 詳しくは駿河工房/ニュース・イベント
駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-28 20:53 | | Comments(0)

日本ミツバチと西洋ミツバチ

昨日、「日本ミツバチと西洋ミツバチの見分け方」をfacebookにアップしましたら、写真に書いた説明に誤りがあったことを
facebook友達に教えていただきました。それで、facebook記事3つをまとめてアップさせていただきました。

①【日本ミツバチと西洋ミツバチ】
先日、「ミツバチ」をアップさせていただきましたが、「西洋ミツバチ」のようです。(上の写真)写真を整理していますと、他にも
小ぶりで黒っぽいミツバチが写っていました。(下の写真)たぶん、「日本ミツバチ」だと思います。
こちらのサイトに「日本ミツバチと西洋ミツバチの見分け方」が書かれていました。ご興味がございましたら覗いてみてください。
日本蜜蜂と西洋蜜蜂 このサイトには、「女王蜂の寿命は、日本ミツバチが3年くらいで、西洋ミツバチが16日。働き蜂
は、日本ミツバチで19日、西洋ミツバチで21日。」と、書かれていましたが、サイトによって、期間は若干異なります。
いずれにしても働き蜂の寿命は短く、懸命に蜜を集めています。悲哀を感じると言っては、語弊がありますが・・・。 (-﹏-。) 。
d0019350_2351531.jpg
②【たぶん、日本ミツバチ】
このサイトには、「日本ミツバチと西洋ミツバチの翅脈の違い」が書かれていました。→はちみつ屋このサイトを参考に翅脈を
つぶさに見ますと、たぶん「日本ミツバチ」に間違いないと思います。ミツバチのド・アッフを連載してしまい、虫嫌いの方には大変
申し訳なく存じます。
d0019350_237394.jpg
③【結論】私⇒「ミツバチの翅を目いっぱい拡大してみました。翅脈が2本あります。」・・・小高和洋氏⇒「二本に分かれて
いると日本なんですね。」・・・要するに、①【日本ミツバチと西洋ミツバチ】の写真から、「たぶん」を抜き、㊤西洋ミツバチ
日本ミツバチとし、②【たぶん、日本ミツバチ】の写真は、翅脈一本二本変更すれば、すべて正しくなります。
d0019350_23191499.jpg
西洋ミツバチは体全体が黄色っぽく日本ミツバチは小柄で黒っぽいです。最近、日本ミツバチを見かけなくなりましたが、
よく見ると、けっこういますよ。 駿河工房 今井

駿河工房では、4月29日(祝・月) 13:30~15:30に、住まい教室・『無理のない資金計画編』を開催します。
 詳しくは駿河工房/ニュース・イベント
駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-25 23:49 | 四季 | Comments(0)

クレマチスとホソヒラタアブ

先日の日曜日のことです。会社でご契約を済ませ、帰宅すると、鉢植えの白いクレマチスホソヒラタアブ(細平田虻)
が飛んできました。懸命に蜜を吸っていましたので、5cmまで近づき、マクロレンズで撮りました。
マクロレンズですから大きく見えますが、全長1㎝くらいです。アブの中では最も可愛らしいと思います。手で捕まえて
も刺されることはありません。
(facebookをご利用の方は、既にご覧になったかもしれませんが、ブログにも投稿させていただきました。)
d0019350_17313537.jpg
クレマチスよりホソヒラタアブの方に目が行ってしまうのは習性のようです。マクロレンズを通して見ると、オスとメスでは
体の模様が違うことに気づきました。それに、顔には角と鼻があるように見えます。
d0019350_17354496.jpg
d0019350_18225231.jpg←これは、以前ブログに載せたホソヒラタアブ(細平田虻)
ですが、いわゆる普通のアブ とは異なり、刺す事もなく可愛
らしいです。むしろ露草の方が怖いくらいです。・・・・・これは、
あくまでも私の主観ですので、個人差がございますことをお許
しください。 駿河工房 今井

駿河工房・焼津ギャラリーの教室スケジュールは、
 こちら駿河むすびの会
ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-23 18:44 | 庭木 | Comments(0)

霧雨に濡れる新緑

今日は、朝から雨がしとしと降っています。庭のモミジもしっとりしてきました。これから本格的な新緑の季節を迎えます。
午前中、ご契約に立会い、午後から「カワトンボ」を撮りに行くつもりでしたが、予定を変更し、雨の新緑を撮ることしました。
d0019350_12173866.jpg
自宅の雨に濡れる新緑を見てから出社しました。1階玄関脇のコハウチワ(小羽団扇楓)や2階中庭のイロハモミジ
(いろは紅葉)も雨に濡れてきれいでした。新緑の中でご契約させていただきました。これから、懸命に良い家を作らせ
ていただきます。とても清清しい気持ちになりました。
d0019350_1218145.jpg
これから、キラキラ輝く新緑の季節になります。本当に楽しみです。 駿河工房 今井

駿河工房・焼津ギャラリーの教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-21 12:29 | 庭木 | Comments(0)

『土鍋ご飯の時間・スイハニング教室』in駿河工房・焼津ギャラリー

五ツ星お米マイスター・長坂 潔曉氏(安東米店・店主)の『土鍋ご飯の時間・スイハニング教室』が駿河工房・焼津ギャラリー
で開催された。長坂さんのお米に対する想いが伝わる素晴らしい教室でした。
d0019350_034288.jpg
長坂さんお奨めの土鍋
d0019350_043770.jpg
いい感じで炊きあがりました。
d0019350_05350.jpg
手筒花火のように勢いよく噴出す土鍋もあります。なかなかの迫力です。
d0019350_071657.jpg
お米一粒一粒にも愛情を込める長坂さんの姿勢に感動しました。 駿河工房 今井

駿河工房・焼津ギャラリーの教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-21 00:30 | 情報 | Comments(0)

イロハモミジの花と種

自宅のイロハモミジの花と種が同時に見られました。花はφ5㎜くらいで、蕾は3㎜くらいです。d0019350_2251413.jpg
今の時期の種はシベが付いていますが、5月には二つに別れ、赤ウサギの顔ようになります。冬は、ムーミンのキスです。
d0019350_2255862.jpg
イロハモミジの発芽も同時に始まりました。双葉から手形の葉が出ています。
d0019350_22233355.jpg
モミジの花が池に散りました。木に咲いている時より、水辺に浮いている方がきれいに見えます。
d0019350_2261960.jpg
これから美しい新緑の季節を迎えます。楽しみです。 駿河工房 今井

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-19 22:41 | 庭木 | Comments(0)

島田市・「お茶の郷」と「裏山のクサイチゴ&ニョイスミレ」

facebookで、カタクリの記事を拝見したので、牧の原カタクリ園に行きましたが、既に散った後でした。それで隣接して
いるお茶の郷に伺いました。ここには、京都伏見奉行屋敷の復元茶室と仙洞御所東庭の復元庭園があります。
マツバウンラン(松葉海蘭)が可憐に咲いていました。北アメリカ原産ですが、和風に見えてきます。
d0019350_20533770.jpg
お茶の郷」の裏山には「クサイチゴの花」が咲いていました。花びらに穴が開いていたので、近づいてみますと、青虫が
食べていました。花びらが散って、シベガクだけになってもきれいです。日が経ったガクはトケイソウのようです。ハナアブ
が蜜を吸っていました。
d0019350_212135.jpg
日陰には、ニョイスミレ(如意菫)が咲いていました。アスファルトの割れ目からも顔を出す「ど根性スミレ」よりも、可憐に
見えます。葉も♡型で、優しい感じがします。
d0019350_2125863.jpg
カタクリは、見られませんでしたが、クサイチゴやニョイスミレが見られてよかったです。 駿河工房 今井

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-18 21:24 | 島田 | Comments(2)

春の風景(その2)

最近、facebookに投稿した「春の風景」です。
土手の花菖蒲が輝いていました。ご近所の方が植えられたのでしょう。暮らしの楽しみ方が見えてきます。7年ほど前に、
ブログ仲間で⇒アヤメの仲間の見分け方について話したことがありました。
d0019350_21495272.jpg
新緑の中、若葉も震えるような冷たい空気におおわれることを「若葉寒む」と言うそうです。華やかな染井吉野も可憐に見えます。
d0019350_21514029.jpg
先日、池で水苔を撮っていると、メダカが顔を出しました。これは日本メダカではなく、淡水魚店で10年ほど前に購入した養殖の
黒メダカの子孫です。日本メダカは絶滅危惧II類に指定されてから、メダカ保護やビオトープへの感心が高まりましたが、遺伝的
に異なる種類のメダカを放流するなど、誤った保護活動のために生態系を乱す結果になった河川も少なくありません。正しい知識
を持って保護活動をすることが、大事だと思います。私の観察の結果、観賞用の黒メダカから100匹中4匹のヒメダカが生まれま
した。2005年のメダカ記事⇒自宅のメダカ
d0019350_21594731.jpg
先週は、暖かい日が続いたかと思うと、急に「若葉寒む」でした。今週は暖かい日が続きましたが、これから寒気がやってくる
ようです。駿河工房 今井

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-17 22:06 | 四季 | Comments(0)

春の風景(その1)

最近、fasebookに投稿した、「春の風景」をブログでも紹介させていただくことにしました。
【郊外の風景(その1)】
これは、静岡の郊外の何の変哲も無い風景ですが、最近は見かけなくなりました。昔は、この時期になると山藤が咲き、
狭い場所でも石垣を組んだお茶畑があり、休耕田には、蓮華が植えられていていました。田んぼの横には、肥溜めがあり
ました。(もちろん、今は肥溜めはありませんが・・・)昔は、作物を作り、それを食べて、出たものは肥料にするという暮らし
でした。今でいう循環するシステムが出来ていました。
d0019350_20583761.jpg
【郊外の風景(その2)】
静岡でも郊外へ行くと、石垣の上に板張りの小屋が建っています。石垣も自分たちで石を削(はつ)って組石しています。
建物の脇には、花菖蒲やアジサイが植えられています。槙の生垣には、白藤が咲いていました。自然を楽しみながら暮ら
していたことが感じられます。
d0019350_18215713.jpg
現代人は、自給自足の生活は無理ですが、持続可能な「自立循環型社会」を作らなければならないと思います。 
                                                             駿河工房 今井

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-16 18:22 | 環境 | Comments(0)