<   2007年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

F1日本グランプリ

静岡県小山町の富士スピードウェイで行われたF1世界選手権シリーズ第15戦、
日本グランプリ(GP)に行ってきました。
F1を初めて生で観戦したので、爆音とスピードと水しぶきにびっくりしました。d0019350_2141329.jpgd0019350_21384973.jpg
d0019350_21385966.jpgd0019350_21433437.jpg

写真はフリー走行時、決勝はこんな中でよく走るなあと、見ているだけでも心配になるような荒れた天候の中のレース展開でした。
日本GPは来年も富士で行われ、2009年からは三重県の鈴鹿サーキットと富士とで交互に開催されるそうです。
とっても混むので大変でしたが、せっかくの地元開催なので、また生の迫力を観戦したいなと思いました。
駿河工房 小笠原
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-30 21:51 | 静岡 | Comments(9)

再生 照明2

d0019350_1752376.jpgまたまた、スタンド照明を作りました。と言っても、笠だけは再生したものを使って作りました。先日お引渡しのMさんにプレゼントしたものです。

d0019350_1753717.jpg元々は写真のようなペンダントで使っていたものを笠だけ綺麗に再生したものです。この照明、建替えする前の家で使っていたもので、解体する前に、外してきました。写真の奥にあるもう1つ照明の笠があるのですが、そちらの方はきれいにして、トイレの照明として使いました。そちらは、駿河の工具箱で近じか載せますので見てください。今回の笠は何処にも使えそうに無いとのことで、捨ててしまうのはもったいないなと思い再生させました。

d0019350_17545946.jpg前回と同じでレセップとコード類はホームセンターで買いました。笠の部分は汚れていたので洗ってから色をつけました。内側はワーロンを張って(前回のあまりです)作りました
照明作りの第2弾がこんな形で出来るとは思ってませんでしたが、次回もどんどん作っていきたいと思います。




                             駿河工房  副島







ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-29 19:00 | art | Comments(4)

「中秋の名月」~「満月」&「十六夜の月」

中秋の名月は、少し欠けていましたが、9月27日の月が本当の「満月」でした。実は、どちらも満月に見えますので、今回はお蔵入りにしようかとも思いましたが、満月の翌朝の空気がとても清清しかったので、朝と夜を合わせてアップさせていただきました。もちろん、十六夜の月オマケとして付いています。

■自宅では、野村モミジの色が薄くなってきました。これは紅葉(こうよう)の始まりではありません。野村モミジは、江戸時代よりある品種ですが、5月に真っ赤になります。こちらを参照してください。→野村モミジ
このくらいの色合いも秋らしくて良いですね。そのモミジの下には、紫式部椿の実が生っていました。

[㊧野村モミジと㊨紫式部の実]
d0019350_11254940.jpg
■「その花は知らねど紫式部の実  松尾静子」
そういえば、紫式部(ムラサキシキブ)の花をアップしたことがありませんでした。(涙) 自宅の紫式部は、園芸種のコムラサキ(小紫)だと思います。こちらのHPには、花も載っていました。→コムラサキ(小紫)
紫式部の名前の由来については、こちらのHPに載っていました。→語源由来辞典
d0019350_2224431.jpg
■「はじまりし月日かぐはし椿実に  稲畑汀子」
㊧これが、椿の実です。直径15mm、長さ20mm程度で、ラクビーボールのような形をしています。十六夜の月の横に並べてみますと、月がますます「満月」に見えてきます。d0019350_22243229.jpg
中秋の名月」に始まり、「満月」、「十六夜の月」とアップさせていただきましたが、どれも変わり映えがしませんね。ただ、「十六夜の月」だけが少し異なるように見えるのは、撮影した時間帯が20時30分と、比較的早いのに対し、他は23時30分頃で、深夜だったからでしょう。何はともあれ、三つの月をアップすることが出来ましたのでホッとしています。良い天気に恵まれたお陰ですね。 
最下段をクリックしていただきますと、「十六夜の月」の拡大写真がご覧いだだけます。是非、お試しください。「月の兎」が見られるかもしれません。  駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

☆ こちらをクリックしますと、「十六夜の月」の拡大写真がご覧いただけます。
↓↓↓↓↓

☆「十六夜の月」の拡大写真
by surugaki | 2007-09-29 10:38 | 四季 | Comments(14)

「家ができました」

d0019350_1810363.jpg「家ができました」
今、家づくりをお手伝いさせて頂いている
お客様から教えてもらった本です。

筆者は 銀色夏生(ぎんいろなつを) さん
詩人であり写真家で、デビュー当時は作詞家
としても活動していたそうです。
有名なのが 大沢誉志幸「そして僕は途方にくれる」の作詞で
その他にも 松田聖子・沢田研二・小泉今日子
などにも詞を提供していたそうです。

本の内容は、銀色夏生さんが建てた家を、
本人が撮った写真に簡単な説明文でまとめた、
ちょっとした写真集のようです。
できあがった家は、シンプルな間取りに
いたる所に アソビ があり、
ここで生活したらとっても楽しい気分になりそうな
OMソーラー付の木の家です。
建築屋からすると ちょっとやり過ぎじゃない?
という感じもしますが、これいいじゃん!
という所も多数あり早速実践に向けて
検討を始めたいと思っています。

「入った人が気持ちよくなったり、楽しくなったりする家」 
おもしろい家づくりが実践されているので、興味をもった方は本屋さんの文庫本コーナーへどうぞ。


                                       駿河工房 山崎

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-28 19:53 | 情報 | Comments(8)

大正ロマンの湯の宿 『銀山温泉』

先日の連休、ばあちゃんの7回忌の法事に父の故郷『山形』へ行って来ました。
車で8時間はかなりきつい!小さい頃乗用車で妹弟3人後部座席ぎゅうぎゅう詰めの山形帰省は疲れ知らずだったような…。法事を済ませ
東根市から国道13号線を北上して小1時間、これを、近いと感じるか、遠いとかんじるか、これは行く人の感覚の問題ですね。1時間を長い
と感じるか短いと感じるかですよね。雪をあまり見る機会のない所に住んでいる人たちだったら、雪景色の中での一時間。堪能できますもの。
もちろん近いと思うでしょう!「できれば、雪景色を眺められるこの時間が永遠に続いて欲しい!」 と、思いかねません。

宿泊1日目
銀山温泉、ウワサ通り、ノスタルジック! 何が?と言うと、雰囲気です。「大正ロマンの湯の宿」と言われるのがわかります。古い感
じではありますが、しっとりとした大正ロマンのムードをそのまま残した仙境の温泉街でした。。「おしん」 の舞台になったところで 一説には
「千と千尋の神隠し」 のモデルになったという話も。 風情ありますねぇ。
d0019350_2203381.jpgd0019350_19573448.jpg温泉街の中心には川が流れ、その両横を歴史
を感じる旅館が軒を並べております。 

(銀山温泉は、尾花沢市東部にある銀山ダム
の上流に湧く温泉です。元禄期まで鉱山の町
として栄えたこの土地で、鉱山労働者によって
発見されたと伝えられています。鉱山閉山後も
湯治場として賑わっていましたが、大正時代の
大洪水により、温泉街が壊滅的被害を受けまし
た。後に地元の財界者らの人力により復旧され、
以来、人気の温泉場として定着しました。)
 

温泉街の街並や、お土産やさんをみながら
散策し、源泉そばにある足湯で休憩できます。
源泉の温度が高いので、足湯の温度もちょっと
高め。硫黄の香りのする温泉です。
夜になると銀山旅館街の様子が一変します。
レトロなガス灯の明かりと各旅館はライトアップされて、本当に幻想的な世界が広がっています。私は、大正ロマンの情緒を感じながら、
ぼんやりとベンチに座って、時間を忘れて,ライトアップされた川を眺めていました。 川のせせらぎに癒されながら・・・。d0019350_2253581.jpgd0019350_225584.jpgd0019350_2261643.jpg
気温18度。銀山川と銀山温泉街を充分に堪能した頃には、身体も冷たくそろそろ温泉に。ちなみに、銀山温泉のお湯は、細かな湯花が
混じった、乳白色の含食塩硫化水素高温泉です。

効能として ・・・ 神経痛、リウマチ、皮膚病、創傷、成人病、
             婦人病、等 だそうですよ。

さて、銀山温泉周辺の散策も終わり、あとは、時間の許す限り「大正ロマンの湯の街 仙境の宿 銀山温泉」 を満喫しましょうか!!
旅は心の洗濯です。果てしない日常から一時の脱皮。旅、賛歌です。2日目へ続く…。  企画営業課  松浦
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-27 22:44 | | Comments(10)

旅の必需品?

d0019350_5175331.jpg
コンパクトサイズのシェーバーです。

旅行の時にいつも持っていく、男性にとっての必需品^^

どうしても増えてしまう荷物をすこしでも、と思い購入。

以来、とっても重宝してます。

リチウム電池なので長時間動いてくれて、小さく持ち運びも便利。
(職業柄、三角スケールで表現してみました^^)

旅行の時の荷物、皆さんはどう工夫されてますか?

    駿河工房  杉本

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-26 23:16 | コレクション | Comments(4)

2007年は、9月25日が「中秋の名月」

昨日は、「中秋の名月」でしたね。旧暦の8月15日ですから、「十五夜の月」といわれているのは、ご存知の通りです。十五夜の次は、十六夜(いざよい)ですから、二つの月を並べて、本日アップする予定でした。ところが、本日は「十六夜の月」ではありませんでした。(涙)十六夜の月とは、満月の次の日の月のことを言います。昨日の「中秋の名月」は、満月ではありません。どうして勘違いをしたかと申しますと2005年は、9月18日が中秋の名月で、しかも満月だったからです。もちろん、翌日の9月19日 が「十六夜の月」でした。

 2005年の「中秋の名月」は、満月でした。→十五夜のお供え物
 2005年は、十六夜の月を肴に飲んでいました。→月見の石


■それで、「中秋の名月」と「満月」の日を調べてみました。・・・今年は、明日(27日)が満月です。月が顔を出しましたらアップさせていただきますね。
d0019350_108059.jpg





←これが十六夜(いざよい)の月と並べてアップする予定だった昨日の「中秋の名月」です。私には満月のように見えますけどね。

今回は、満月の予告記事になってしまいました。明日、満月が見られると良いですね。
                                                     駿河工房 今井


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-26 11:12 | 四季 | Comments(16)

世界柔道2007を終えて思うこと

d0019350_19552445.jpg
先日、ブラジルのリオデジャネイロで開催された世界柔道2007。

日本は初日から苦戦の連続。
くしくも最終日の金メダルで何とか日本の面目を保った形ですね。

今や、柔道にしろ、相撲にしろ、日本の国技と云われるものが
外国勢に押されています。
外国人の競技人口が増えたから?
外国人の方が体力や身体能力が勝っているから?

もちろん力や技術的な要因もあるでしょう。
しかし、それ以前にその道に取り組む姿勢に問題があるように思えてならないのです。
心技体の「心」の部分です。

d0019350_19565128.jpg東京オリンピックで柔道が正式種目になってから今日まで、柔道は以前にも増して
勝敗にこだわる様になってきてはいないでしょうか。
報道の仕方も影響しているとは思うのですが、まるで勝つことがすべてのように
見えてしまうのは私の錯覚でしょうか。
勝利した瞬間、ガッツポーズをしたり、ジャンプして小躍りする姿はどうしても美しく
見えないのです。
自分が負けたときの悔しさを知っているはずなのに、敗者の前でなぜそんなことが
出来るのか。
他の競技ならいざしらず、仮にも武道と「道」が付くのです。
武術ではなく、武道なのです。

私ごときがそんな偉そうなことを言える立場ではありませんが、
武道を志す者の一人として、柔道が単なる競技で終わらないことを願ってやみません。      駿河工房  村松

d0019350_19584227.jpg
柔道
明治15年に嘉納治五郎が創始した武道であり、正式名称を日本伝講道館柔道と云う。
「精神善用」「自他共栄」を基本理念とし、「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」を真髄とする。
単なる勝利至上主義でなく、精神鍛錬を目的としている。
    (フリー百科事典『ウィキベディア(Wikipedia)』より)



ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-25 20:11 | 武道 | Comments(6)

線路沿いのキバナコスモス

 わたしの家の近所に静岡鉄道の「入江岡駅」という非常に小さな駅があります。
『岡』と名のつくだけあって高架道路下に鉄道(JR・静岡鉄道)が通り立体的な構図となっています。
その線路沿いにキバナコスモスが群生しています。
d0019350_165588.jpgd0019350_1652547.jpg
 キバナコスモス:キク科コスモス属の1年草。高さ30CMから100CMになります。
             原産地はメキシコで標高1600M以下の地域に自生します。
             18世紀末スペイン・マドリードの植物園に送られて欧州に広まり、
             日本には大正時代初めに渡来しました。
             6月から11月にかけて黄色・オレンジ色に花を咲かせます。 
d0019350_166443.jpgd0019350_1661979.jpg
夏から秋にかけて花期が長く、鮮やかな色が印象的ですが、
        線路沿いの崖っぷちという悪条件?で生えてるなんてなんとなく逞しさを感じます。

              キバナコスモスの花言葉・・・・・・・「野生美」

                               駿河工房      渋谷

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-24 16:31 | | Comments(2)

キキョウ寺

周智郡森町の「鹿苑山 香勝寺」は、キキョウ寺として、
有名な古刹です。
境内には15種類4万株のキキョウが咲き誇ります。
6月中旬から7月下旬にかけてが見頃で、その後花が枯れると茎の
長さの半分の所で切り落とします。
8月下旬になると、そこから成長した茎は2番目の蕾を付け花を咲かせます。
この花は、9月下旬まで楽しむことができます。
d0019350_20151782.jpgd0019350_2121111.jpg











桔梗は山野に自生する宿根草で、秋の七草で“朝顔”とされているのが、この花です。
最初の見頃は過ぎてしまいましたが、まだ秋の七草として紫や白の可憐な花を見ることができます。
花言葉どおりの清楚な美しさです。
d0019350_21215697.jpgd0019350_21222262.jpg











秋の七草と言えば、桔梗、萩、薄(ススキ・尾花)、撫子、葛、 藤袴、女郎花ですが、このキキョウ寺にも薄、藤袴、 女郎花、萩などがさいていたので、撮影してきました。

d0019350_1014386.jpgd0019350_21232297.jpgd0019350_21234378.jpgd0019350_2124142.jpg







   
 春の七草は、食べることができますが、
 秋の七草は、見て楽しむものなのですね。

                                         工事   宮崎


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-09-23 20:27 | Comments(2)