<   2007年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧

清見寺 その2

 前回に続いて清見寺(せいけんじ)について書かせてもらいます。
 私は、以前この清見寺の仏殿で座禅を組む機会がありました。
 若かったせいか、その時はさほど感じませんでしたが、
 何年ぶり(○十年ぶり?)かで訪れてみて感じたことは、とても由緒ある建物であり、
 歴史的にも文化的にも価値のあるものである、ということでした。
d0019350_2028558.jpgd0019350_20291285.jpg

 徳川家康が今川氏の人質になった際、この清見寺にいました。 「手習の間」は、大方丈の西の間 奥にあります。名勝庭園(山本道斉 作)に面しています。



d0019350_20361038.jpgd0019350_20362323.jpg
 書院は慶応3年(1867)に建築。桁行20.4m、梁間13.30mで34畳と言う広さ。 明治天皇御成りの間を保存してあります。
d0019350_204087.jpgd0019350_20402378.jpg


 住宅の設計に携わっていて「木の家」のよさを常々感じてはいますが、
 こうして身近に日本の伝統技術の素晴らしさに触れてみると、
 改めて昔の大工や職人の腕の素晴らしさに圧倒されます。
     ・・・・・彼らの威勢のいい声が伝わってくるような気がします・・・・・

                                       駿河工房   渋谷

人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-31 21:09 | 地元の紹介 | Comments(2)

ドライフラワー

清水にドライフラワーを作っている工房があります。
d0019350_0274749.jpg

生花とは一味違ってその家に住まう人や
家のイメージで作ってくれますので、
私は時々お祝いなどで差し上げています。
d0019350_0294286.jpg

趣味の物ですので最初、お祝いにはどうかと思いましたが、
生花とは一味違うナチュラルな風合いのドライフラワーは、
作り方によりプロバンス風インテリアに限らずどんなインテリアにもあわせてくれます。
d0019350_0314356.jpg

これから花の季節です。
「花をいつまでも楽しみたい」という人にとっては魅力ですね。


関心のある方<ドライフラワー麦>さんへ。
スタッフの方が丁寧にアドバイスしてくれます。

                       駿河工房 木俣

人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-30 00:32 | コレクション | Comments(6)

春の花

春の花として親しまれている花桃が満開で、今が一番の見頃です。

d0019350_13242193.jpgd0019350_13243945.jpg
近所の家の入口に咲いていた紅白の枝垂(源平枝垂)。
とても美しいので出勤前に撮らしてもらいました。

d0019350_13281976.jpgd0019350_13283728.jpg
白色の木と桃色の木が2本、道路の脇で咲いています。こちらはもう少しで満開です。
八重咲きの花でヤグチ(矢口)とカンパク(関白)でしょうか。
4月の上旬までは、通勤途中にきれいな花を楽しむことができそうです。

d0019350_13332954.jpgd0019350_13334566.jpgd0019350_1334097.jpg
私の家では花桃は植えてありませんが、庭先の花はキンセンカ、マーガレット、チューリップなどが
美しく咲いています。

桃の節句と言えば3月3日ですが、私の住む地域では1ヶ月遅れが節句になります。
花桃が見頃で切り花にはちょうどいいですね。

雛祭りには、女児の雛人形と一緒に男児の人形「天神様」を最上段に置きます。髭の菅原道真公です。
このような飾り方をするのは私の住んでいる地域(志太地域)だけなのでしょうか。
前から気になっていたので近くの人形店に聞いてみようかと思ってます。

                                              工事 宮崎


人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-29 11:53 | 四季 | Comments(6)

2007・すもも(李)の花&河津桜の実

最近は、桜の話題が多くなりましたが、染井吉野の満開までには、少し時間が掛かりそうです。静岡では、記録的に早
い開花が予想されていましたが、蓋を開けてみれば、昨年より一週間、平年より四日も遅れたそうです。それで、最も早
く咲いた河津桜を思い出し、様子を見に行ってきました。
(河津桜は、立春の頃から咲き始めます。→2007・節分から立春へ・・・水仙と河津桜) 河津桜は新緑の中に赤い
実が生っていました。その隣には、すもも(李)の花が満開でした。

すもも(李)の花
すももの花は、径が15~25mm程度で、桜より一回り小ぶりですが、花の形は似ています。桜と同じ、バラ科サクラ属
の高木で、中国から渡来したそうです。桜のような華やかさもあり、春爛漫という感じですね。  の代わりといったら、
すももに失礼ですね。
d0019350_1939028.jpg
■私たちが食用にしているスモモは、江戸時代にアメリカに渡って品種改良されたものが、里帰りしたそうです。今では
日本の主力品種になっているそうです。プラムとして販売しているものは、多分、改良品種でしょうね。プラムの花も先日
見ましたが、スモモと瓜二つで、私には区別がつきませんでした。見て良し、食べて良しで、桜よりも良いかもしれませんね。
d0019350_19392370.jpg
河津桜の実
桜は、花が散った後に葉が出てきます。河津桜は、黄緑色の初々しい葉に覆われています。「桜の果実=サクランボ
と、思われていろ方も居られます。確かに大枠としては正しいのですが、正確には、セイヨウミザクラ(西洋実桜)の
サクランボです。果実を採るために栽培されています。昨年は、サクランボの盗難が相次ぎ、話題になりました。困っ
たことです。サクランボは一種類では、実が付きづらいといわれていますので、自宅では、佐藤錦とナポレオンという品種
を鉢植えにしてありますが、実が付いたことはありません。修行が足りないようです。愛情不足かもしれませんね。d0019350_19394014.jpg
■話が横道に逸れてしまいましたが、桜の果実は、サクランボのように細い茎?が付いています。サクランボより小さく、
直径7~8mm程度で、ラクビーボールのような形をしています。もちろん、味わってみました。ま、マズイ!・・・渋味が
舌にまとわり付いて離れません。(ペェッ、ペェッ)やはり、桜は見て楽しむものですね。染井吉野の実も、同じような形を
しています。お花見が終わって一ヶ月もすれば見ることができますので、是非、ご覧ください。でも、食べないほうが無難
でしょうね。d0019350_19395560.jpg
今年は、桜の開花に一喜一憂していますが、これも予報が外れたお陰です。これから、ようよう、お花見の季節が始まり
ますが、飲み過ぎないよう注意します。これ以上、予報が外れたことを愚痴ると、後ろから小突かれそうですからね。
                                                                 駿河工房 今井


人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-29 10:28 | 庭木 | Comments(12)

ぐるっと浜名湖ツーリズム2007

3月18日浜名湖で開催された「ぐるっと浜名湖ツーリズム2007 チャリ・DE・浜名湖」に参加してきました。
本大会はレースという訳ではなく、みんなで仲良く奥浜名湖、猪鼻湖を含む浜名湖1周88kmを自転車で
走ろうという趣旨の物です。

当日は、天気も恵まれ雲ひとつ無い晴天になりました。
しかし、朝も早いせいか気温が低くとても寒い!
さらに、浜松周辺冬特有の北西の風がさらに体温を奪っていきます。

d0019350_1014315.jpg会場に付いて、着替えて自転車の準備をしてエントリーを
済ましたら、いざ出発です。
スタートラインは大変混雑しています。
それも、そのはず。スタートは「よーいドン」ではなく、
18人を一組として、1分おきに1組づつスタートなのです。
参加者約1600人が3グループ程に分かれて
グループごと1時間ずれの出発なのですが、
それでも単純計算1グループ500人程が18人の
スタート枠を目指してるのでとても時間がかかります。
㊦みんな一列になって。               ㊦途中つくしが出ているのを発見。春を感じさせます。
d0019350_10181943.jpgd0019350_10184032.jpg
浜名湖ガーデンパークを出発し浜名湖を反時計回りに、湖岸の歩行者・自転車専用道路を走ります。
お花畑のような所を通ったり、別荘地を通ったり、山を登ったり、OMソーラー協会前を通ったり色々な所を走ります。

d0019350_1030747.jpg途中チェックポイントが5ヶ所設置されていて、
それぞれにスタンプとチェックポイント周辺の
名産品が配られました。
茶だったり、みそまんじゅうだったり、
乳製品だったり色々でました。



㊧用意されたお弁当と豚汁
d0019350_1033399.jpg参加費2000円で参加記念品や昼食が付いてくる、
とてもお得なイベントでした。
他にも小学生から参加できるファミリーコース22kmもあり、
参加者募集も開始2週間程で締め切る大変人気のある
イベントですが、来年もきっとあると思いますので
興味のある方は参加してみてはいかがでしょう?


㊧着替え、自転車片付けて帰宅です。
                                               駿河工房、hama

ぐるっと浜名湖ツーリズム!2007浜名湖サイクルツーリング チャリ・DE・浜名湖



人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-28 10:38 | 情報 | Comments(6)

2007・野山の草花・・・スミレ(菫)

近くの山には、スミレが咲き始めました。スミレは日本に50種類ほど自生しているそうですので、自宅の図鑑で名前を
調べてみましたが、花だけでは明確には判りませんでした。もちろん、白あずき博士の教え通り、葉も写してはあるの
ですが、それでも区別がつきません。それでは、お話しになりませんので、コスミレ(小菫)、タチツボスミレ(立坪菫)、
スミレサイシン(菫細辛)のいずれかではないかと当りを付け、掲載させていただきました。

■昨年、街中に咲いていたスミレです。→道端の観察・2006・・・駐車場のスミレ・・・こちらのスミレとは種類が違う
ように見えませんか。
■これが昨年見かけたタチツボスミレ(立坪菫)ですが、ここを開きますと、先に蛙が飛び出しますので注意してくだ
さい。
牛蛙とスミレ

d0019350_16395011.jpg左下:コスミレ(小菫)?
コスミレと言っても大きいと、図鑑には書かれています。これは花径15
mmくらいです。葉は、卵型やハート型で、どちらもふちにギザギザが
あります。(左の写真参照) 上にリンクしてあります「街中のスミレ」が、
本家本物のただのスミレだと思います。そちらの葉は被針形で、こちら
とは葉形が異なります。

右下:タチツボスミレ(立坪菫)?
スミレには茎が地上に出ているものと、地下茎だけで地上には出ない
種類があるようです。タチツボスミレは前者で、地上に出た茎に花が付き
ます。タチツボスミレの「タチ」は、「茎」のことを指し、「ツボ」は、「庭」を表
すそうです。花径は20ミリほどです。日本の固有種で、全国の山野に育
つ多年草です。最もよくかけるスミレと記されていますので、「タチツボ
スミレ
」と言っていれば間違いが少ないと考えました。 ・・・自信がありま
せんね。 ・・・どなたかご存知の方は、教授くださいますようお願いいたし
ます。
左下:コスミレ(小菫) 右下:タチツボスミレ(立坪菫)か・・・???
d0019350_6501018.jpg
■花の大きさが分かるように、お馴染みの「指タレ」登場です。左は、タチツボスミレ(立坪菫)だと思いますが、右は、
スミレサイシン(菫細辛)のようにも見えます。図鑑には、北海道西南部~日本海側に多く育つと書かれていますので、
これもタチツボスミレでしょうね。(ガックッ)d0019350_12443617.jpg
■夕方、行ってみますと、花びらが閉じていました。スミレも休眠運動をするのでしょうか。それとも枯れ始めたので
しょうか。・・・今後、再調査をして、ご報告いたします。後ろから見ますと、茎と花の付き方がよく分かります。他の花と
異なり、白いコブのようなものが付いています。面白いですね。d0019350_12451127.jpg
け、結局、よく分かりませんでした。(涙) グダグダと長文で、歯切れが悪かったですね。深く深くお詫び申し上げます。
・・・が、ご存知の方は、是非、ご教授くださいますよう お願い申し上げます。    駿河工房 今井


人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-27 18:00 | | Comments(14)

土雛

岐阜県土岐市で見掛けた「土雛つちびな」です。
d0019350_23342121.jpg

こんなお雛様がたくさん残っているなんて、さすが陶器の町ですね。
明治~昭和初期の作という、これらの「土雛」は、雛だけにひなびた雰囲気がとても素敵でした。
なんと、ここに飾られていたうちで最も古いものは、明治22年(120年前!)のものだそうです。
d0019350_23421264.jpgd0019350_23422971.jpg

d0019350_23424917.jpgd0019350_23431589.jpg

昭和30年代に実家に飾られていたという母は、夜に見ると子供ごころに不気味で怖かったそうで、
しかも、友達から「ヘンなお雛様だ~」とからかわれて「とても恥ずかしかった」と言っていましたが、
子供の頃にはこの良さは解からなかったかもしれませんね(笑)。

以下に土雛の概略を引用します。

「土雛」とは、土"で作られた素焼きの人形で、正面にだけ、顔や着物の絵が 描かれていて、中は空洞、
底には 穴が開いているという、非常に 珍しく、素朴な人形です。
昔、岐阜・東濃地方では、「ひなまつり」の時期になると、ほとんどの家庭で、この「土雛」が、
タンスや 引き出しなどの段に並べて 飾られていたそう。
しかも、この「土雛」は、いろんな種類があって、"お内裏様"や"お雛様"、"三人官女"以外にも、
"大黒様"や"恵比寿様"などの「七福神」、"弁慶 と 牛若丸"といった、お芝居の登場人物の人形も
あるそうですから、普通の「ひなまつり」よりも、豪華で 賑やかな感じがします。
昔は、節句が近付くと、こうした人形を売りに、尾張地方や三河地方から、商人が やってきたそうで、
各家庭では 子供が生まれるたびに、毎年1つ2つと新しく買い揃え、増やしていったという事です。


みなさんのお宅にも、古くて素敵なものが眠っているかもしれません。
以前には解からなくても、今だからこそ、見返してみるとその良さが解かるものとは・・・・・・?

                                        駿河工房 企画営業課 宮川

人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-27 00:40 | 古きよきモノ | Comments(2)

ブルーベリーの花が咲きました。

d0019350_63899.jpg

去年買ってきたブルーベリーの苗木がスズランにも似た花をつけました。春ですね・・・。

ブルーベリーはスノキに近いツツジ科の植物だそうです。どうりでドウダンツツジの花に似ているわけですね。

釣り鐘状の淡紅色の小花がぽつぽつと咲いているのを眺めつつ、昨年初めてブルーベリーを収穫したのを思い出しました。ほんの楽しみ程度のつもりで植えていたのですが、それでも自分の所で木の実が食べられるということは別格です。
d0019350_6391138.jpg
今年は、両手いっぱいくらい採りたいなと思っているのですが・・

受粉させないと実が付かないので雄の苗木を早急に買いに行く予定です。

設計課 白鳥


人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-26 17:32 | | Comments(4)

2007・自宅の花木だより・・・桃・ゆすら梅・土佐水木

昨日(3月24日)、遅ればせながら静岡で染井吉野の開花宣言が出ました。2度目の訂正予報よりも3日遅れです。特に静岡市は6日遅れでしたね。気象台の担当者が「ほっとした。」と、テレビで話されていました。良かったですね。自宅でも樹木にも花が咲き始めました。今日は ゆすら梅土佐水木をご紹介いたします。
桃の花
は、バラ科サクラ属ですから、桜の花と似ています。中国から渡来したそうです。桜よりも成長が遅いので家庭の庭向きだと思います。桜ほどは虫が付きませんので、手軽に花が楽しめます。ただ、実が生っても熟す前に虫や鳥に食べられてしまいます。自宅でも20個ほど実が生りますが一つも残りません。3月3日は、桃の節句ですが、その頃は、花が咲いていません。本来は旧暦の3月3日だったからでしょうね。静岡では、桜と同じ時期に咲きます。

桜より 桃にしたしき 小家かな     蕪村    

昨年のゆすら梅と桃の実です。→自宅の庭木2006・・・ゆすら梅の実
d0019350_2383845.jpg
山桜桃(ゆすら)の花
ゆすら」は「山桜桃」と書きます。先日も山桜をご紹介いたしましたが・・・2007・近所の山桜 ゆすら梅も山桜のように、花が咲き始めると同時に葉が出てきます。桃の花のような華やかさはありませんが、清清しい感じがします。花は、径15mm程度と小さく、桜に似ています。バラ科サクラ属の中木で、梅桃とも言われているそうです。 これも中国原産で、日本には江戸時代の始めに渡来したそうです。私はこの花が好きで、玄関前に植えてあります。

こちらが昨年の様子です。→自宅の庭木2006・・・ゆすら梅と丁字桜(ちょうじざくら)
d0019350_20485542.jpg
土佐水木(トサミズキ)の花
先日紹介させてただいた、日向水木(ひゅうがみずき)と似ていますが、それよりも大振りの花です。こちらが日向水木です。→20007・日向水木(ヒュウガミズキ)と山モミジ名前が示す通り、高知県に自生するそうですが、それほど多くはないようです。江戸時代から観賞用に栽培されていてヨーロッパにも紹介されたそうです。黄色の小さな花が7~8個集まって、枝から垂れ下がっています。一つの花は6~7mmくらいで、全体でも30mm程度です。これから中国の団扇のような葉が出てきます。夏には、風にそよぐ葉が涼しげで、とても爽やかです。これから葉もアップさせていただきますね。d0019350_21175560.jpg
あちらこちらで花が咲き始め、春を感じますね。これから、野の花もご紹介させていただきます。  駿河工房 今井


人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-25 11:27 | 庭木 | Comments(16)

昔の扇風機

d0019350_18455378.jpgd0019350_1846214.jpg
d0019350_1846322.jpg
お客様の家に行った時に面白い扇風機があったので紹介します。
この扇風機は、人の手でレバーを回して、羽を回転させるもので、
風を起こして穀物などのごみを選別するものです。
アンティークとして外玄関横にあるので少し汚れていますが、
昔は羽の所には色がついていたそうです。
実際に回してみると意外と軽くレバーが回ってかなり強い風を起こします。
昔の人は農作業の合間にも涼むためにも使っていたんでしょうね~。
昔の家にも扇風機が一家に一台あったのでしょうかね~?

                                 工事課 スズキ


人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-03-25 01:55 | 古きよきモノ | Comments(2)