<   2007年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧

2007・自宅の庭木・・・雪柳とボケ

自宅では、雪柳ボケの花が咲き始めました。 この二つの共通点は、どちらもと同じバラ科で、
落葉低木ということでしょう。花びらも5枚で、よく見れば桜や梅の花と似ています。

自宅の庭木2006・・・雪柳 ←昨年の春は、このように咲いていましたが、今に時期は、ほんの少しだけ開花し始め
たところです。一つの花の径は、7~8mm程度です。
d0019350_2234471.jpg
雪柳は、落葉樹ですが、下の写真ように越冬する葉もあります。右は開花直前の花で、径は3mm程度です。
その花の脇には、1mm程度の赤い粒が見えますが、これが雪柳のガクのようです。これから成長の様子を報告させ
ていただきます。
d0019350_2216145.jpg
■自宅にはボケを一本植えてあります。名前に似合わず、鮮やかな紅色です。ボケは、中国原産で、平安時代に
中国から渡来し、園芸用に品種改良され、紅白の花だけではなく、桃色や同じ木に赤と白の花が咲く種類もあるそう
です。d0019350_2244192.jpg
d0019350_2217186.jpg私は、真っ赤なボケの花が好きです。ボケは、漢字
で「木瓜」と書きます。西洋梨に似た果実が出来ます
ので、このように名付けられたのでしょう。でも、自宅
の木は若いせいか、果実が成りません。(涙)

赤い花・白い花♪♪♪あのひとの胸に・・・
↑昨年は、通勤途中のボケの花を載せましたが、改
めて見ますと、桃色のようです。自宅のボケの花は、
半日陰に植えてありますので、いっそう赤く見えます。
私は、完全開花する直前の卵型で筒状の花形の方が
好きです。左の写真より一日前が、その状態になりま
す。うっかり、写し忘れました。(涙)
紅白の意味は、諸説あるようですが、私にとって紅白の花と言ったら、ボケ雪柳ですね。これからも自宅の花を
連載いたしますので、よろしくお願いいたします。   駿河工房 今井


人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-28 22:07 | 庭木 | Comments(12)

家族の家

d0019350_9103427.jpg 昭和10年当時の流し台です。
先日観に行った江戸東京博物館/に展示されていたものです。
当時の中流家庭の台所として紹介されていましたが、その20年後、私の幼少期(昭和30年代の下流家庭)も似たようなものだったと記憶しています。当時としては流し台の横に水道ガスがあるだけでも随分と良い生活だったんでしょう。
これに比べれば今のキッチンセットは安いものでも立派に見えます。
でも何か暖かさのあった当時の流し台です。






d0019350_9345782.jpgちなみに「さざえさん」の磯野家の間取りです。
昭和30年代から40年代の住まいだと思いますが、3世代7人がこの約30坪平屋建てに住んでました。
物の多い現代では不都合が多そうな間取りですが、家族のふれあい暖かさを感じます。
設備やプライバシーも大事ですが、提案する側として 家族の家 というものをもっと訴えていきたいと思ってます。
駿河工房 木俣








人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-28 09:37 | 古きよきモノ | Comments(5)

椿の花の展覧会

掛川駅からタクシーで5分、徒歩25分で「資生堂アートハウス」に着きます。
1978年に開設したこの建築物は、高宮真介、谷口吉生両氏の設計によるものです。
1980年に「日本建築学会賞」を受賞している美しい建物です。

d0019350_1014145.jpgd0019350_10142835.jpg
資生堂のシンボルマーク「花椿」にちなんで収蔵品の中から椿をテーマにした作品のみを展示してあります。
日本画、洋画、彫刻、陶芸、漆芸など日本人作家によって製作されたものです。

d0019350_10152362.jpgd0019350_10153570.jpg
館内はとても静かで、一つ一つの作品をゆっくり観賞することができます。
私の好きな前田青邨の作品や、椿を描いたそれぞれの作家の個性を楽しむことができました。

d0019350_1016099.jpgd0019350_10161598.jpg
アートハウスの隣には「資生堂企業資料館」があり、商品や宣伝に使われたポスター、雑誌広告
テレビのCMなどを見ることができます。
明治時代から現在までの、その時代の最先端を行く女性の美しさをもとめた写真や広告などは女性はいうまでもなく
男性も楽しむことができます。
残念なことにこの資料館は4月1日から展示公開日を金曜日のみとするそうです。
                                            工事課 宮崎


人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-27 10:18 | 情報 | Comments(4)

つるし雛

d0019350_083452.jpgd0019350_026719.jpg
我が家に飾ってあるつるし雛です。

つるし雛とは、江戸時代から伝わる伊豆稲取の風習であり、長女の初節句に雛壇の両脇に無病息災、
良縁を祈願して細工を吊すもの
過去においては庶民の雛壇代りでもあったようです。

名前も正確には、雛のつるし飾りだそうです。

さて、最初に戻って我が家の雛のつるし飾りですが、よくよく見ると鎧兜や鯉が居ます。

端午の節句向けなのでしょうか・・・?
去年見たときには確かにお雛様とお内裏様が居たはずなのですが、今年は見当たりません。
桃の節句になればひょっこり出てくるかもしれません。

そして、片付けも簡単でしょうからあっという間に消えそうですが(笑)

                                          駿河工房、hama

人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-26 23:31 | 情報 | Comments(2)

寒さに耐えられずに・・・・・

今日の静岡の冷たい風は、久し振りに真冬であることを思い出させてくれました。
先日、車でいつもの通勤コースを会社へと走っていて見掛けた 冬を感じる話題を。

いつも、こんな感じで防音壁の脇の土手に植えられた
木々を横目に東名高速の側道を走ってくるのですが・・・・・
d0019350_0293320.jpg


・・・・・・これでは、あまりにも寒そう ですよ・・・・・
d0019350_0153372.jpg

厳しい冬を越すためには、この枝打ちの方法が正しいのかもしれませんが、
もうちょっと私たちの目を楽しませてくれるような枝打ちの方法はないものでしょうか?

また、足元に落ち葉があってこそ、栄養分も生まれ、水分も保たれて温かいのでしょうが、
木々の「寒くてかなわん」「裸ですみませ~ん」という声が聞こえるくらいスッキリしてしまいました。

この写真、木の幹が寒さに耐えられずに意思を持ち、冬の青空へ向かって動き出しそうに感じませんか?

                                 駿河工房 企画営業課 宮川

人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-25 23:57 | 路上観察 | Comments(10)

2007・地元限定情報・・・春爛漫

焼津市内の小川には、河津桜菜の花が咲き、まさに春爛漫です。花見の時期は、まだ先ですから、人影もまばらです。今でしたら、この景色を独り占めに出来ますよ。

場所はこちらをクリックしてご確認ください。河津桜と菜の花が咲く小川 (地図の縮尺を変えて検索されると分かり易いですよ。)

■左側の土手は河津桜が満開ですが、右側の染井吉野は蕾の状態です。こちらは満開までに3週間ほど掛かると思います。
d0019350_949599.jpg
d0019350_9484622.jpg
河津桜は、染井吉野が咲き始めるまでの一ヶ月間ほど咲いていますので、長い期間、花見が楽しめます。今回は、久しぶりに地元をご紹介をさせていただきましが、場所が分からない方は、ご連絡くだされば、ご案内いたします。春爛漫をアップしましたら、急に寒くなりました。皮肉なものですね。運命のいたずらでしょうか。 静岡は平年より5℃も気温が低いそうです。どうしたことでしょう。   駿河工房 今井


人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
(クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)


[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-25 11:38 | 地元の紹介 | Comments(22)

ベビーキュウイ

先日、スーパーで不思議な果物を発見しました。

その名も【チリ産ベビーキュウイ】。(ニュージーランドの鳥、キュウイバードの赤ちゃんではありません。)
ワクワクしながら早速購入してきました。
d0019350_18551687.jpg

とってもチッチャくて親指程の大きさです。一口きゅうりみたいだけど、キウイ。フルーツ。
皮のゲジゲジの毛がなく、皮ごと食せます。
通常のキウイよりも酸味がおさえられていて熟したキュウイを一口で食べているようなお味でした。はっきり言って【美味】。やみつきになりそうなおいしさです。

通常のキュウイは食べた後に「こめかみ」あたりが痛くなりがちですが、そういった現象はおきず安心して頂けます。
d0019350_197412.jpg
夜のおやつに、クリームチーズ(KIRIがお勧め!)と白ワインで頂きましたが、なかなかの組み合わせでした。どこかで見かけたらお試しあれ・・・です。

ちなみに、ベビーキウイはニュージーランドでサルナシを改良した品種で、現在、北半球のアメリカのオレゴンと南半球のニュージーランドから輸入されているのが多いそうです。
d0019350_19104232.jpg日本の農産物の自給率は減少傾向にあるのに流通経路が発達した為に、輸入品の珍しい商品がこの頃スーパーの店頭に並ぶようになりました。
先日ベビーキュウイをみかけたスーパーでは、一番目立つコーナーの一角をそういった商品で埋められていました。
生鮮コーナーが一昔前より随分華やかになり、一般消費者でも購入できて嬉しい気もしますが、これでいいのか・・・と、複雑な思いがしました・・・。


設計課 白鳥

人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)
[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-24 10:19 | 果物 | Comments(4)

2007・野鳥の観察・・・セグロカモメ(背黒鴎)

野鳥観察をしている川は、水門の改修工事の為に水をせき止めてあり、平年よりも水嵩が上がり、ゆったりと流れて
います。土手には、最近植えられた河津桜が満開で、春らしい長閑な風景が広がります。この花が散る頃には、以前
から土手にあった染井吉野が咲き始め、本格的な春が訪れます。昨年の染井吉野→地元限定情報・・・桜の名所

川には、多くの渡り鳥が飛来してきました。その中に一際大きな声で鳴く、2羽の鳥がいました。全長60cmくらいで、
カモメのような格好をしています。d0019350_23151247.jpg
■帰宅して、図鑑で調べてみますと、セグロカモメ(背黒鴎)のようです。写真では、オオセグロカモメにも見えます
が、くちばしがセグロカモメより太いと書かれていますので、多分、間違いないかと思います。他にはワシカモメにも
似ていますが、本州ではほとんど見られないそうです。私の感では、メスオスではないかと思います。d0019350_011264.jpg
■図鑑によりますと、雄雌の特徴は、「雄雌同色」と記されています。・・・確かにその通りかもしれませんが、それで
は、見分けがつかないということでしょうか?
■私には、鳴き方が少し違うように見えました。セグロカモメAは、「キャ~ァオ」と、喉から優しく鳴きますが、セグロ
カモメB
は、「ギャ~アオ」と、腹の中から声を絞り出しています。には女性の優しさを感じますし、腹式呼吸
で、力強さが感じられます。それが、♀メスで、♂オスと思う根拠です。

ところが、人間の社会では「逆もまた真なり」という言葉が示す通り、反転している場合も多々ございますから、真相
は定かではありません。これ以上、この点について触れますと、問題になりそうですので、今日はこのくらいにさせて
いただきます。(ほっ・・・冷汗)
d0019350_012994.jpg
カモメは海にいるものという先入観がありましたが、ここのように海から10kmくらい離れた所にも飛来するのですね。
セグロカモメは、チドリ目カモメ科の大型カモメですが、他のカモメ類とも混群をつくるそうです。これから「花の季節」
になりますが、身近な野鳥も、少しづつ、ご紹介させていただきます。   駿河工房 今井


人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-23 17:18 | 野鳥 | Comments(11)

賤機山古墳(しずはたやまこふん)

d0019350_18473053.jpgd0019350_18474339.jpg
d0019350_0422794.jpg静岡浅間神社境内から、急な階段を登った所に、古墳があります。
階段が急なので、登りきった時には、息切れ状態でした。
体力不足を痛感させられました。
神社の裏に古墳があるとはいままで知らなかったので、驚きました。
古墳の所には、模型やパネルがあり、静岡市全体の景色が一望でき、
とてもきれいな所です。夜の景色も綺麗ですよ。
古墳は横穴式石室で、巨石を組み上げて作られていて、
中には大きな石棺が置いてあり入口扉から内部を覗く事ができ、
当時のままの状態なのでとても迫力のある空間でした。
古墳から出土したものは神社内の資料館にあるので寄って見て下さい。
入場料が200円と安いですし、徳川家康に関する展示もしてあります。

                                工事課 鈴木

人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-23 15:45 | 静岡 | Comments(6)

エコパックカイロ


d0019350_9401674.jpg
「地球温暖化の影響ですね」 って最近よく耳にしませんか?
異常気象がもたらす自然災害の映像は 目に余る思いがします
私達の暮らしの中でもちょっとした節約や工夫の積み重ねで
温室効果ガス(CO2)を減らすことができるんです
もっともっと真剣に考えて取り組んでいかなければいけませんよね


d0019350_94121100.jpg









こちら ノベルティーでいただいた “エコパックカイロ”
カイロの中に入っている平たい金属を上下に押すと液体が結晶化
熱を発し50℃程度の温かさになる とのこと
再利用するには沸騰したお湯に入れ5分加熱すると良いらしいのですが 
日本(静岡)も記録的な暖冬で このカイロにお世話ならずして春を迎えそうです
冬らしくない冬になんとも寂しい気がします・・・
                                    surugakobo.Y



人気blogランキングに参加しています。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-02-22 10:07 | 環境 | Comments(6)