<   2006年 08月 ( 54 )   > この月の画像一覧

2006・夏から秋へ(その1)・・・里山からの報告

まだまだ、暑い日が続きますが、里山の田んぼでは、稲が実っていました。案山子(かかし)が、とてもリアルで、鳥
たちも悪さをしていないようです。街の鳥に比べて、純情なのかもしれません。街の鳥たちは、案山子程度では、驚き
ませんからね。しかも、カカシにいたずらする不届きものばかりです。ところが、ここのカカシも風には、なすすべも
ないようです。重くなった稲穂は、直ぐに倒れてしまいます。本当に農家さんは、大変です。それに、農業に従事する
若者が減っていますから尚更です。この田んぼでも、おばあちゃん一人で雑草をむしり取っていました。右の写真の
中で、ミレーの「落穂拾い」のような格好をしたおばあちゃん以外は、全てカカシです。ネッカチーフをしたお姉さんや
工事用ヘルメットを被ったオジサンカカシも居ました。d0019350_15184597.jpgd0019350_15192759.jpg
■実った稲穂の周りには、キバナコスモスが咲いていました。すぐそこまで秋が来ているようです。その割には、
蒸し暑い日が続きますけどねd0019350_17221344.jpgd0019350_17224665.jpg
■用水路には、ハグロトンボが産卵していました。草むらのバッタも秋色です。このバッタは、トノサマバッタでは
ないように思いますが、brizuさんにお聞きしてみましょう。d0019350_18103214.jpgd0019350_18182742.jpg
2006・夏から秋へ(その1)・・・と、いうことは、これからこのシリーズが始まるということです。実りの秋にちなんで
食べられる木の実や雑草、秋の虫等を掲載させていただきます。誤ってゲテモノが載ってしまった時には、仏の御心
をもってご指導賜りますようお願い申し上げます。今回は、その予告編とさせていただきました。  駿河工房 今井

[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-31 22:28 | 四季 | Comments(18)

“森伊蔵”

d0019350_9423986.jpg
もう芋焼酎ブームは過ぎ去ってしまったでしょうか
一時期は入手困難で偽物がでまわるほどの“幻”モノ
オークションでは高値がつく品物で話題でした 『森伊蔵』。 
テンポ遅れでようやく手元に届きました
日本橋高島屋で落選の嵐をなんどもくぐりぬけ念願かなっての当選です


ロックがおすすめでした♪
軽い口当たりで飲みやすく、いつまでも残るしっかりとした芋の風味
とても美味しかったですよ
お店のメニューでみかけたら一度試飲してみてください

詳しくはコチラ → 森伊蔵

                                      surugakobo.Y






[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-31 10:01 | | Comments(6)

あと、もう少しです!

d0019350_20165350.jpgd0019350_20161038.jpg
この写真は、9月30日(土)・10月1日(日)に見学会予定の静岡のoさん宅です。
先日、ようやく足場がはずれて、外観が見える様になりました。
(5月からの長雨で外仕事は、かなり泣かされました!)

d0019350_2032469.jpg内部の方も階段がかかり、大工さんの仕事も、あと少しで完了です。
(大工さんも、毎日暑い中頑張ってくれました!)
大工さんが終わった後は、仕上げ工事の職人さんが順番に入ってきます。
(内部の仕上げによって入る職人さんの数は違いますが、10業者位の人達
がこれから入ってきます)
1軒の家が、着工から完成までには何十人という職人の技が無ければ出来ません。あと、一番大事なのが、お施主様との信頼関係です。
ちょっと、偉そうな事を書きましたが、建物の内部は見学会までの、
お楽しみと言う事で・・・
                                                                                                                                            駿河工房    佐藤                         
[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

   
by surugaki | 2006-08-30 21:36 | 建築 | Comments(4)

三島の美術館

佐野美術館へ行くには、JR三島駅から南へ1.3kmの距離をバスかタクシーで行きます。
美術館では、私の好きな挿絵画家・村上 豊さんの展覧会を開催してました。
正門入口までのアプローチは、日本庭園の路地を歩いて行きます。
d0019350_15464488.jpgd0019350_15465855.jpg
この回遊式庭園の池には湧水が流れ込み、廻りの木々は、四季折々に花が咲き自然を楽しむ事が出来ます。
d0019350_15473287.jpgd0019350_15474785.jpg
池の石の上には、よく見ると亀が一匹乗っていました。
この池に古くから居る主かな。
石灯篭もさまざまな形をした物があり、美術館の正面に出るまで、いろいろと楽しめます。

d0019350_1548912.jpg


村上豊さんが、三島市の出身とは知りませんでした。
三島市役所に3年勤務した後、画家になるため
上京したと略歴には書かれていましたが、
独学で絵の勉強をしたのでしょうか。
d0019350_15482328.jpgd0019350_15483681.jpg
村上さんの挿絵は小説でも多く見られますが、そのモノクロームの描き方は、人物や動物それに妖怪などが出てきて、
とても楽しめます。
この特別展では印刷された絵ではなく、すべて原画で、細かい筆づかいや多彩な色の使い方が見ることができます。
ここの展示は、さまざまな小説挿絵や絵本があり、大人だけではなく子供もきっと楽しめると思います。

                                       工事課 宮崎

[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-29 15:48 | 情報 | Comments(8)

2006・夏 近くの山の雑草(樹木)⑤・・・エビヅル(蝦蔓)とタマアジサイ(玉紫陽花)

山に行くと、ブドウのような実を見つけました。山に生えているブドウなので、いつものように、山葡萄(ヤマブドウ)
かと、安易に考えていましたが、念のため図鑑で調べてみますと、どうも違うようです。特に葉形が異なりますね。
しかも山葡萄は、「高級な山の幸で、生食のほかジャムやジュースにして楽しめる」と、記されています。こんな山に、
高級な山の幸があろうはずはありません。
それで再度、調べてみますと、ノブドウ(野葡萄)のようでもあり、エビヅル(蝦蔓)にも見えます。どちらもブドウ科
ブドウ属
で、ブドウの原種のような感じがします。ただ、野葡萄は食べられませんが、エビヅルは、甘酸っぱくて
食べられると、書かれていましたので、私としては、エビヅルであって欲しいと願っています。そうすれば、近いうち
に山の幸を堪能できますからね。10月になれば、実が熟しますので、その時には、どちらかはっきりします。
ノブドウの実は、緑色、黄白色、紫色、赤紫色など、様々な色になりますが、エビヅルの実は、黒紫色一色だそう
です。いわゆるブドウ色ですね。仮にノブドウだったとしても、色とりどりの実は、目を楽しませてくれそうです。秋が
楽しみですね。この続きは、10月にさせていただきます。
早速、brizu博士にご教授いただきました。エビヅルで間違いないようです。ありがとうございました。 
(今回は、本文の変更はありません。ヨカッタ、よかった。)
d0019350_9431236.jpgd0019350_9433716.jpg
■ブドウのように房状に実が付いています。一粒の直径は、3~5mmで、今は、マスカットのような色をしています。
この状態では、仮にエビヅルとしても、食べられそうにありません。
d0019350_9435544.jpgd0019350_9442029.jpg
[タマアジサイ(玉紫陽花)]
自宅のアジサイ(紫陽花)は5月に咲き始め、6月には散ってしまいましたが、近くの山の紫陽花は、咲き始めた
ばかりです。花形は、額紫陽花とほとんど同じです。
こちらが自宅のガクアジサイです。比較してみてください。→自宅の庭木2006・・・ガクアジサイ(額紫陽花)
このアジサイは、蕾が玉のようなので、玉紫陽花と名付けられました。装飾花は、白色から淡青色まで変異し、
両性花は、薄紫色です。(装飾花・両性花についても、↑上の「自宅の庭木2006・・・ガクアジサイ(額紫陽花)」
を、参照してください。
d0019350_946084.jpgd0019350_9461937.jpg
d0019350_9464334.jpg蕾は、直径15~20mmで、昔、駄菓子屋さん
で売っていた飴玉のようです。葉形も、自宅の
紫陽花とほとんど同じです。もちろん西洋紫陽花
と同じ、ユキノシタ科アジサイ属です。
西洋紫陽花を見慣れている方には、物足りない
感じがするかもしれませが、原種らしい素朴な
味わいがあります。
野菜や果物や花は、人の手によって品種改良をが繰り返されてきました。近くの山には、その原点になった植物を
ほんの少し見ることが出来ます。原種に近い植物を見ていますと、その生い立ちも垣間見えてくるような気がして、
とても興味深いですね。   駿河工房 今井

[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-29 12:55 | | Comments(16)

明日の神話

d0019350_1034534.jpgd0019350_10343658.jpg
岡本太郎が、1970年の大阪万博のシンボルとなった「太陽の塔」と同時期に製作し
‘塔と対をなす’作品といわれている巨大壁画(縦5.5m、横30m)「明日の神話」。
作品は原爆の炸裂する瞬間をモチーフとし、未来に対するメッセージを描いたものだそうです。
左下は死の灰を浴びたのを知らずにマグロを引っ張る第5福竜丸。

d0019350_10405598.jpgd0019350_1041832.jpg
壁画は、メキシコの新築ホテルのロビーを飾るために描かれたものですが、
依頼主の経営状況が悪化しホテルは未完成のまま放置され、
壁画も取り外されて各地を転々とするうちに行方がわからなくなっていました。
2003年メキシコ国内の倉庫で35年ぶりに発見、日本に移送し、
概ね1年かけて、バラバラで欠損部分もあったものを全面修復したものが、
期間限定(2006年7月8日~8月31日)で
東京汐留の日テレプラザに展示されています。
見るだけでパワーがもらえるような絵でした。
まさに『なんだ、これは!?』です。
駿河工房 小笠原

[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-29 10:46 | art | Comments(8)

キャンプ

d0019350_19303438.jpgd0019350_19312926.jpg

毎年、夏に井川へキャンプに行きます。今年も7月に行きました。テントは大変なので、
ログハウスかロッジに泊まります。今年は、ロッジに泊まりました。大きな暖炉があるのですが、
夏でも井川は夜さむいので、(8月は涼しいです)9月の中旬くらいだと暖炉を使っています。
街の方は暑いけど、井川は標高1000mくらいの所なので、昼は涼しくて、夜はちょっと
肌寒いです。だけど、自然の樹木の間を通るとマイナスイオンをあびて清々しい気分に
なります。毎年ここで、のんびりとバーベキューをしたり散歩をしたりしてきます。
ここだと、携帯もつながらないし、ゆっくりすごせるんですよ。下界の事も忘れてのんびり
しました。カブトムシを子供たちが取りたがるのですが、ここは標高が高いためカブトは
飛んでこないそうです。そのかわりクワガタは飛んできました。このときは6センチくらいの
ミヤマクワガタをゲットしました。クワガタは暑い所がにがてだそうです。
今年、9月にも行けたらまた行こうと思います。
ちなみにこの場所は井川県民の森という所です。リバウェル井川スキー場の上です。
ログハウスは1棟、ロフト付で1泊10000円です。大人で8~10人くらいは泊まれるんですよ。
みなさんもぜひ自然を満喫してみてください。
d0019350_20113021.jpgd0019350_20115791.jpg

  
                        駿河工房  副島
[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-28 20:15 | 自然 | Comments(6)

韮(ニラ)の花

ブログに韮(ニラ)の花が載っていましたので、急に本物を見たくなり、近くの群生地に行きました。でも、花は、咲いていませんでした。それもそのはずです。そこの韮は、花韮(ハナニラ)でした。そういえば春に薄紫の花が咲いていました。ハナニラは、こちらのHPに載っていました。→ハナニラ(花韮)
今度は、韮の花はあきらめて、近くの山に玉虫を探しに行きました。先日、40年ぶりに生きている玉虫を見つけ、写真を撮ろうとしたら逃げられてしまったので、そのリベンジのつもりでしたが、玉虫の姿は無く、気配さえ感じられませんでした。ところが、ふと、田んぼの脇に目をやりますと、韮の花が咲いているではありませんか。玉虫のようには逃げませんので、慌てる事もなく、じっくりと観察してきました。
■韮の花は、面白い咲き方をしますね。㊧蕾は乳白色の薄い皮に覆われています。㊥表皮を破って蕾が出てきます。㊨上の蕾から開花が始まっています。まるで水生動物の卵が孵化しているようです。ユリ科ネギ属だけに花形はユリ科らしい感じがしますし、咲き方はネギに似ていますね。花径は5mmくらいで、6弁の白花です。
d0019350_1920521.jpgd0019350_192032100.jpgd0019350_20403182.jpg
東アジア原産で、日本にはかなり古くに渡来しました。「古事記」には、加美良(カミラ) と記されているそうです。古語で美味しいことを 美良(ミラ)と言い、それが 訛ってニラになったという説や 臭いを嫌う事から「にら」に変化したとも言われています。 葉っぱには、ビタミンAとカロテンを多く含み、風邪の予防効果もあるそうです。漢方では、種子を乾燥させて胃腸薬として用いられているそうです。
d0019350_20525145.jpgd0019350_20531518.jpg
花言葉は、「多幸」「星への願い」だそうです。次のような俳句もありました。花は目に優しく、葉は体にも良さそうですね。
                                                              駿河工房 今井
韮の花 長生きの母 ありがたし   星野麥丘人 (ほしのばくきゅうじん)



[お知らせ]
8月19日、20日の「住まいの見学会」をお見逃しの方は、こちらをご覧ください→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。
     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。


おまけ・・・完全開花した時、薄皮は?
by surugaki | 2006-08-28 00:12 | | Comments(16)

M邸 完成

1月に昔の引手3月に百年前の古材 と題して紹介しましたM邸が完成しました。
M邸は約240坪の土地に建つ約60坪の2世帯住宅です。
西側に親世帯、東に子世帯、それぞれを真ん中に位置する、玄関・土間で繋ぐ昔懐かしい感じのする間取り構成。d0019350_18503999.jpgd0019350_18501965.jpg
㊧南側正面:元あった百年前の家になるべく近い高さで設計し、平屋建てに見える様に。
㊨東側から:こちら側から見るとやっと2階建てだと分かります。
元あった家の外観、平屋建てに見える事、 Mさんが家を建てるにあたってこだわった所です。
設計するに当って、この高さの設定が一番頭を悩ませましたが、いい高さになったと思います。

d0019350_18505564.jpgd0019350_1851387.jpg
㊧玄関:正面に百年前の家の大黒柱、和室境の襖には昔の引手、奥に見える黒い建具は昔の建具の再利用。
㊨土間:上部には百年前の家に架かっていた梁。
大黒柱は約9寸角、古い建具は高さ調整をして、昔の引手も、百年前の梁も、納まってしまうと何の違和感もありません。

d0019350_18512346.jpgd0019350_18513289.jpg
㊧2間通しの和室:最近ではあまり見る事が少なくなった差鴨居。奥に見える床柱は無垢の黒檀!
㊨仏壇:この仏壇も古いものを、洗って、漆で仕上げて再生しました。古い物も手を懸けてあげれば綺麗になります!


d0019350_1851484.jpg子世帯居間より:食堂境に昔の簾戸を使いました。昔の建具の為、高さ・巾が足りなかったのですが、建具屋さんが上手く付け足しをして、塗装屋さんが綺麗に仕上げてくれました。

いろいろな方たちの協力があり完成したM邸、
百年後まで住み継がれる家でいてほしいと思います。


 

               設計課 山崎






[お知らせ]
8月19日(土)・20日(日)の「住まいの見学会」は、終了いたしました。
 多くのご来場、誠にありがとうございました。見学会会場の様子は、こちらをご覧ください。→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。

     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-27 11:49 | 木の家 | Comments(4)

カーブミラー4連発

d0019350_11235745.jpg静岡市大谷で見つけました。
カーブミラー4連発です。
これだけミラーがあると、どれを見たらよいのか、かえって迷ってしまいそうですが・・・。

きっと、出会い頭の事故が多かったのでしょう。

カーブミラーにも死角があって、直前にいる歩行者や自転車は確認できないこともあります。
しかも、左右両方にミラーが付いているとは限りません。
カーブミラーだけで安全確認をしないで、必ず徐行するようにしたいものです。

ちなみに、ここには右折できる道はなく、すべて単なるカーブミラーです。

もちろん!言われなくても徐行しました。

企画営業課 松浦

[お知らせ]
8月19日(土)・20日(日)の「住まいの見学会」は、終了いたしました。
 多くのご来場、誠にありがとうございました。見学会会場の様子は、こちらをご覧ください。→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。

     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-26 23:27 | 路上観察 | Comments(6)