<   2005年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧

鞍馬寺

今年の某国営放送の大河ドラマ「義経」もクライマックス。
今日の某民間放送局の「まんが日本昔ばなし」も「牛若丸」を放送ということで、

今年のお正月に、先取りして鞍馬寺へ行ってきました。

d0019350_23534958.jpgd0019350_2354417.jpg

ここで牛若丸が天狗と剣の修行をしていたのかと歴史に思いを馳せながら
寒さに震え、足腰がガクガクになりながら、鞍馬の山を奥へ奥へと進み、
雪の降る杉木立を抜け、怪しく蠢くような木の根道(左下)を経て
奥の院魔王殿(右上)までなんとかたどり着きました。

d0019350_2354176.jpgd0019350_23542994.jpg

最後の写真は杉木立を撮ろうと天を仰いだら、
買ったばかりのデジカメのレンズに雪が偶然直撃!
レンズが自動で開閉しなくなり、とても焦った一枚です。
                                      駿河工房 企画営業課 宮川
by surugaki | 2005-11-30 22:35 | 歴史 | Comments(3)

黄・赤・黒

以前、私が設計させていただいたお宅にも山紅葉とドウダンツツジが植えてあります。「今日あたりが、紅葉の
ピークかなぁ~。」と、急に頭を過ぎりましたので、上棟現場に行く途中に立ち寄らせていただきました。
その途中には、イチョウが黄色に輝いていました。私の住む町の街路樹もイチョウ並木がきれいでしたが、
道路清掃が面倒なため、今では、全ての枝が切られています。太い幹だけの銀杏並木は、異様な風景です。
このイチョウも街路樹ですが、山側に枝を伸ばしているために切られずに残ったのだと思います。
イチョウ並木は哀愁が漂って、私は好きですね。街路樹も木の成長を考えて選定すべきだと思います。
d0019350_1236443.jpgd0019350_12452299.jpg
やはり、モミジが真っ赤に染まっていました 。黒い杉板塀に深紅のもみじがとても鮮やかで、私には
日本の着物を見ているような感じがしました。この木も歳を重ねるごとに家と共に味わいを増していくと
思います。     駿河工房 今井d0019350_11141112.jpgd0019350_11144577.jpg
by surugaki | 2005-11-30 14:10 | 環境 | Comments(2)

木の家の上棟

今日は、島田市の「蕎の字」さんの上棟です。
d0019350_19255868.jpg蕎の字さんは、4年前にお店を作らせて
いただきました。とても美味しい蕎麦で、
私もファンの一人です。
今まで、お住まいは別のところにありましたが、
この度、お店の隣に住まいを作り、渡り廊下で
繋げることになりました。
この頃は、陽が落ちるのが早く、野地板を
張り終る頃には暗くなってしまいました。
お店の照明を点けると、骨組みが浮かび
上がって見えます。遠くから見ますと
ライトアップされているようです。
開店していると思われたのか、車が三台、
お店の前で止まりました。本日は、いつもの
定休日です。暖簾も降ろしてありますが、
灯りってすごいですね。
もちろん、明日からは開店しておりますので、
是非、お越しください。
お店のご案内かたがた上棟の報告とさせて
いただきました。         駿河工房 今井
「蕎の字」さんのホームページ
by surugaki | 2005-11-29 20:20 | 木の家 | Comments(3)

福入だるまで縁起よく

d0019350_10542739.jpgd0019350_10543681.jpg

達磨の名産地、群馬高崎の達磨です。
達磨も段々にならべるとよりご利益があるかも。(よくばり?)
群馬の小林山達磨寺の福だるまは、七転八起の教えをもとにつくられ、
菩提達磨の慈愛の心の縁起物として親しまれているそうです。
色もメジャーな赤だけでなく、近頃は、白い達磨は結婚式の寄せ書き用として活躍、
黒いものは黒字祈願、金色は金運祈願にと、みなさんの願いに応じて大忙しとか。
達磨さんのように七転び八起きを実践したい今日この頃・・・。
                         駿河工房 小笠原
by surugaki | 2005-11-29 10:57 | 古きよきモノ | Comments(0)

見学会場の周り・・・桜並木の紅葉

上棟現場の近くに「住まいの見学会」焼津会場がありますので、昼休みに覗いてみました。
前面の道路は桜並木です。焼津市では以前、川の公園化計画がありました。この並木もその一環でしょうか。
川の片岸には、桜が植えられ紅葉がとてもきれいです。d0019350_11371325.jpgd0019350_11375923.jpg
木の根元には、落葉した葉で真っ赤に染まっています。川にも赤い葉が流れてきます。
これが、ゴミでしたら、また、イメージが違いますが、葉が流れていく姿には、優雅さが漂っています。
d0019350_13284096.jpgd0019350_1151461.jpg
d0019350_12231385.jpg川の水も以前に比べて、きれいになりました。
鯉が泳ぐ姿も心なしか優雅です。
春には、満開の桜がこの家から見られます。
この環境はそこに暮らす人たちが、皆で
作られたのです。
是非、守り続けてほしいと思いました。
                  駿河工房 今井
by surugaki | 2005-11-28 14:07 | 環境 | Comments(8)

Chrismas cuctus

d0019350_13585970.jpg
事務所にある 『蝦蛄葉サボテン』 です
名前の由来は、茎節の突起がシャコに似ているところから
きているそうですよ
夏場は玄関先に置いてありますが、冬の寒さに弱いとの事なので
暖房が効いている事務所の中に入れて観察しています。
もうそろそろ開花するのではないでしょうか日に日につぼみが
膨らんできています。

                              surugakobo.Y
by surugaki | 2005-11-28 14:00 | 植物 | Comments(3)

木の家の上棟

きょうは、100坪の大きな家の上棟です。この規模の家を設計する時、全体のプロポーションには特に
気を使います。でも、きょうは上棟ですから、骨組みの話です。右下の写真を見ますとジャングルジムの
ようですね。最近は、プレカット加工が多くなりましたが、その場合でも私たちは、木組みの仕方は、
自分たちで考えています。それは建築屋として当たり前の事ですが、以外と間取りだけ描いて、構造は
プレカット工場任せというところが少なくありません。図面も最近では、CADで書きます。
これは、別に悪い事ではありませんが、特に若い技術者の中には、CADが使えれば、設計が出来ると
思っていたり、図面を描けば、家は出来上がると勘違いしている人さえいるようです。私は意匠と構造は、
車の両輪だと思います。特に木造は、木の組み方を分かって設計するべきだと思います。この家は、
プレカットで出来ないところは手刻みにしています。
d0019350_21224869.jpgd0019350_21233230.jpg
この部屋は、昔の面影を残して欲しいというご依頼があり、昔の木組みに、接合金物等、
現代の技術を加味した構造にしました。先日、このブログに載せた太鼓梁を組み込みました。
先日の太鼓梁d0019350_21551679.jpgd0019350_21563435.jpg
この小屋組みの奥に箱が見えますが、餅まき用のステージに乗せた餅箱です。ステージには、
施主の親族の方や、大工も上がり餅と五円玉を一斉にまきました。ご近所の方も100人ほど集まりました。
昔は、普請といえば大工に混ざって、ご近所の方もよく手伝われたものです。餅まきでさえ最近では、
少なくなりました。私の頭には昔の懐かしい風景が蘇ってきました。       駿河工房 今井

小屋の奥には、餅が入った箱 ↓   ステージから餅まきです。       縁起物の五円玉

d0019350_22411476.jpgd0019350_2247255.jpgd0019350_22313792.jpg
by surugaki | 2005-11-28 00:43 | 木の家 | Comments(0)

床塗装

11月23日に焼津の見学会現場でお客様が床塗装と玄関のモルタルの土間にビー玉と
ガラスを埋め込みました。
自分も無垢の床板にオイル塗装をやらせて頂きましたが結構大変だなぁ…と感じました。
                                         工事課 鈴木
d0019350_18282880.jpgd0019350_18284285.jpg
by surugaki | 2005-11-26 19:07 | 建築 | Comments(2)

池田の森・エコ団地

今日は、OMソーラーの家・見学会です。池田の森・エコ団地も見学が出来ます。
d0019350_1158109.jpg池田の森・エコ団地では、風力
発電と太陽光発電を組み合わせて
電気を起こして、それを蓄電して
街路灯に使っています。
遠くに見える建物が工房棟です。
屋根は、半分がOMソーラーの
集熱面で、半分が草屋根です。
これから、建物前面にビオトープの
庭が出来ます。
小川が流れ、緑の森になります。
ここには池田の森ベーカリーもあります。工房棟では、メニューの開発をしています。
今は天然酵母と国産小麦にこだわったパンを別の所にある工場で作って、こちらで販売しています。
これからはオーガニックカフェとパン工場も団地内に出来ますので、パン焼きの美味しそうな香りの中で
頂く事が出来ます。
おかずパンを思案中です。             パン工場から出来立てのパンが届きました。
d0019350_11583963.jpgd0019350_12175788.jpg
天然酵母と日本の小麦で作っています。     お待たせいたしました。OPENです。
d0019350_12191130.jpgd0019350_12281867.jpg
今日の昼食は、ここのパンにしました。私は、ご飯党で、パンはあまり頂きませんが、今までのパンの
イメージが一変しました。天然酵母と国産小麦にこだわられただけのことはありますね。
コクがあって美味しかったです。一度、召し上がってみますと、違いがわかります。
池田の森ベーカリー  静岡市駿河区池田1265   ℡ 054-262ー5580
見学会の実況中継の予定が、パンの紹介になってしまいました。    駿河工房 今井

中里さん、工房棟の草屋根を追加アップしま~す。
これから、屋根の上に、散水用のスプリンクラーをつけて、芝に水分を与えたり、夏のクーリング実験も行います。
今は、芝の生育のための養生中ですが、来年には屋根の上に登れます。ステンレス防水の上に置いたヤシマット
の中に土を入れてあります。かなりの断熱効果も見込まれます。来夏にはデーターをまとめるつもりです。d0019350_2050849.jpg
ベーカリー棟は、今のところ草屋根ではありませんが、将来は草屋根に変更出来ます。
by surugaki | 2005-11-26 14:02 | 池田の森・エコ団地 | Comments(4)

11月26日(土)27日(日)は、「OMソーラーの家」見学会です。

AM10:00~PM5:00

詳細は、こちらをクリックしてください。→駿河工房ニュース

d0019350_23202982.jpg

焼津の家                  静岡の家                  エコ団地・工房棟                  d0019350_11241172.jpgd0019350_9591713.jpgd0019350_11284488.jpg
2軒のお宅と池田の森・エコ団地で、OMソーラーが体感できます。皆様、お誘いあわせの上、お越しください。
by surugaki | 2005-11-25 19:00 | 情報 | Comments(0)