<   2005年 08月 ( 55 )   > この月の画像一覧

季節の花

清水T様宅のお庭には季節のお花、ハーブ、木々達が気持ちよさそうにすくすく育っていました
d0019350_17133279.jpgd0019350_177775.jpg
左: ご主人が日本平の山でとってきて庭に置いておいたら草が勝手に根付いてしまったようです。小~さな小~さなローズピンクの花から生命の強さを感じます 
右:アスクレピアス  近くの土手に咲いていた花の種が飛んできてこの花も勝手に根付いてしまったようです。緑の庭の中に赤い色の花は、彩りにちょうどよさそう・・・アスクレピアスの名前の由来は、ギリシャ神話の医術の神様アスクレピアスから来てるんですって。

d0019350_17341663.jpg d0019350_17351172.jpg
左:日々草  この季節になるとあちこちで見かける愛らしいお花です。外国では薬草として活躍しているところもあるそうです。
右:ユーリオプスデージー(マーガレットコスモス)
d0019350_17412789.jpgd0019350_1742369.jpg
左:フジバカマ  これから咲くつぼみ姿を撮ってしまいました。秋の七草の一つで、これから淡い紫紅色の小さな花をつけます。
右:カラミンサ  『葉っぱを触るといい香りがするわよ・・・』そーっと触ってみた。ミントと樟脳をあわせたような懐かしい香りがした
d0019350_17463797.jpgd0019350_17592463.jpg
左右:シコノボタン
d0019350_1752244.jpgd0019350_180591.jpg
左:ミョウガ  ミョウガは採らずにほおって置くと、黄色い花が咲くと言う事を奥さんから教えて頂きました。一度見てみたいな~  駿河工房 松浦 薫
右:不明
by surugaki | 2005-08-31 19:00 | | Comments(6)

徒然日記・・・柿畑で上棟

8月30日・・・上棟の現場に行きました。ここは、元々、柿畑があった所です。
柿は、山で収穫して、家庭に届くと思われている方が多いのではと・・・ふと、考えました。
じつは、畑で育てています。私もこの畑を見るまでは、山に柿がある風景しか、頭に浮かんで
きませんでした。でも、よくよく考えれば、山から採ってきたのでは、採算が合わないはず。
そうだったのかと思い、よく見ますと柿の木の背丈も低くしてあります。これなら、収穫も
楽です。そういえば、北欧では畑で木を伐採していたのを思い出しました。
こちらの現場の富士桧は、苗を畑で育てて山に植林した物です。確かにコストは、少し高い
ですが、こちらの方が、私は、いいなぁと思い、改めて富士桧の柱を見直しました。
私の会社で建てさせていただく家は、8割は日本の木が主体ですが、全棟の木材使用量で
みた場合は、6割です。クリアーしなければならない問題を解決して日本の木をより多く使って
いきたいと思います。これは、地球温暖化の軽減にも役立ちます。木を伐採するのになぜ
役に立つの?と思われる方も多いかもしれません。それを、説明すると長くなりますので、
必要な方には、冊子が出来上がり次第、差し上げます。あ、上棟日記なのに、話が逸れて
しまいました。ここまで、出来たところで雨が降ってきましたが、無事、上棟式を執り行う事が
出来ました。誠におめでとうございます。  「施主のご家族」  駿河工房 今井

d0019350_111282.jpgd0019350_1123333.jpg
d0019350_11171388.jpgd0019350_11174398.jpg
d0019350_11194726.jpg左が、一般の柿畑で、右の畑は、柿の木の間に
茶畑があります。
どうしてこのように植えてあるのでしょうか。
霜取りの為かなぁ?半日陰にして、
玉露のようにまろやかにする為でしょうか。
理由は判りませんが、お茶と混栽です。
柿の実はどちらも、多く実っています。

by surugaki | 2005-08-31 13:44 | 環境 | Comments(4)

風情ある小道

夏期休暇を利用して岐阜の郡上八幡へ行ってきました。
長良川・吉田川の石約8万個を使用して作られた風情ある小道があったので写してみました。
(住宅のアプローチにも使えるかも!!)
ちなみに、八幡では街のアッチコッチに水が出ていて飲めるようになっています。
全部で何ヶ所あるかは知りませんが、5ヵ所は確認済みです。
全国名水百選の指定を受けてるとの事・・・。

設計課 建部

d0019350_12545734.jpg

d0019350_12551125.jpg

by surugaki | 2005-08-30 12:52 | 古きよきモノ | Comments(7)

内輪(うちわ)の話・・・小池一三(こいけいちぞう)さん

小池一三さんから、彼が設立された会社のパンフレットが届きました。これは、パンフレットと
言って良いのかさえ悩みます。大きさは、縦横21cmで、厚さが、6mmの冊子です。
拝見しますと、表紙の裏には、ご自宅の居間の写真が、一枚、裏表紙のこれまた裏に名刺が
一枚、印刷されていて、他は、全て文字ばかり。論文のようです。読ませていただくと、
とても読みやすく、つい引き込まれてしまいます。
私のブログ師匠の迎川さんや東京町家の事も書いておられます。
小池一三さんは、つい最近まで、OMソーラー協会グループの最高経営責任者でした。
今は、経営の第一線から離れられ、どうされているのかと思う間もなく、この冊子です。
よく、理解できました。私が理解していても仕方ないことですが、小池一三さんが、
工務店経営者に与えた影響は計り知れないものがあります。そうは言っても一般の方は、
存じ上げない方も居られます。本屋さんに並んでいる「住む。」と言う雑誌の編集人が、
小池一三さんです。この「有限会社小池創作所」というネーミングがまた、いいですね。
工務店経営者の教科書になりそうです。悩み多き工務店の経営者の方は、一度、
小池一三さんのお話を聞かれるのもイイかなぁ~と思います。この冊子には、どこにも
定価が記載されていません。時価なのかなぁ?お土産にこの冊子がいただけるかも
しれませんね。「元気が出る冊子」の内輪の話でした。   駿河工房 今井

d0019350_10215599.jpgd0019350_10224872.jpg
これが、(問題の)冊子の表と裏表紙です。
小池創作所・・・℡:053ー434ー9820   E-mail:koike13@sosakujo.jp
by surugaki | 2005-08-30 11:31 | 情報 | Comments(5)

写真撮影の舞台裏

先日、SE構法の会報誌の撮影がありました。私は、インタビュー程度のつもりでいましたので、
お客様にも、「いつものままで良いですよ。」とお話していました。ところが、現地へ行ってみますと、
カメラマンとスタッフ合わせて、総勢四人が来られると言うのです。あ、私の勘違いでした。
それは、大変です。いつもの建築撮影になってしまいました。皆で、手分けして家具や備品の
移動です。撮影の時は、カメラに写らない所に移動して撮影しています。元々、あまり物を
置かれていなかったので、助かりました。舞台裏をこっそり、アップしました。

d0019350_1837323.jpgd0019350_18172665.jpg
d0019350_18175387.jpgd0019350_18183995.jpg
SE構法

「大体、このくらいでいいかなぁ。」右下の写真が、配置を完了したところです。
私の勘違いで、急な撮影会になってしまいましたが、お客様からは、SE構法やOMソーラー
について、貴重なお話しを伺うことが出来ました。誠にありがとうございました。  
駿河工房 今井
by surugaki | 2005-08-30 00:49 | 建築 | Comments(2)

お口直しの・・・名も知らない花

夏休み中、昆虫や爬虫類を、ブログにアップしたのは、子供たちに見てもらおうと思ったから
ですが、予想外に女性たちから「気持ち悪い」と言われ不評でしたので、お口直しの花を
セットで、アップする事にしました。近所の庭先に咲いていた花ですが、不思議な形をしています。
私は、名前も知りませんので、お知りの方は、お教え頂ければと思います。
また、前ページの記事で、お気持ちが悪くなりそうな方は、割愛してご覧いただければ幸いです。
駿河工房 今井

d0019350_177453.jpgd0019350_1772926.jpg
by surugaki | 2005-08-29 06:14 | | Comments(8)

もう少しで、夏休みも終わりですね・・・秋が近づいてきました

暑いに日が、続きますが、夜になると急に気温が下がります。自宅の網戸や外壁には、
「うまおい」が、とまっています。外からコオロギや鈴虫の合唱が聞こえてきます。
d0019350_14402830.jpgd0019350_14404682.jpg
d0019350_1443443.jpgd0019350_14432759.jpg
雨蛙が棲んでいる水鉢には、「おたまじゃくし」が生まれています。
まだ、孵化していない卵も見えます。最近は、おたまじゃくしが、蛙の子と知らない、お子様も
多くなりました。このおたまじゃくしも年内に蛙になります。
いつの間にか、どこかに行ってしますが、冬は、土の中で冬眠しています。また、翌年の
梅雨時に、何処からともなく出てきます。蛙は、卵が翌年に孵化するわけではありません。
これは、水が無くなったり、凍りついたり、餌が無くなっても子孫を残す為の生まれ持っての
知恵だと思います。   駿河工房 今井
by surugaki | 2005-08-29 06:13 | 環境 | Comments(6)

8月28日は、防災訓練

静岡県では、毎年、9月と12月に防災訓練を実施いたします。それに合わせて、各市では、
町内の自主防災組織ごとに訓練を行います。私の住んでいる町では、本日、防災訓練訓練を
実施いたしました。
防災訓練といっても、三角巾の使い方や、非常用担架の作り方、水掛けリレー、炊き出しです。
町内の運動会のようなものです。単身者や、若者は、ほとんど参加しません。
確かに、本格的な訓練ではありませんので、実際の震災の時に役に立つかは、疑問ですが、
毎年、参加していますと、少しづつ顔見知りが増えていき、コミュニケーションの輪が広がって
きます。これが、震災の時に役に立つと思います。
こんな時以外に地域の人たちと交わる機会は無いのですから、多くの方が、参加される事が
大切だと思います。  駿河工房 今井d0019350_12315284.jpgd0019350_12321377.jpg
町内には、この程度の防災グッツしかありません。三角巾の結び方も薄ら覚えです。
d0019350_1235731.jpgd0019350_12355381.jpg
d0019350_1238193.jpgd0019350_1239922.jpg
運動会のようですね、町内の人たちが力を合わせて一つの事をすると、コミュニケーションの輪が
広がります。
by surugaki | 2005-08-28 12:49 | 防災 | Comments(6)

フィギア

d0019350_17541253.jpg

この写真は、ぼくが好きで、ついつい買ってしまうものです。
kawasakiのZⅠとZⅡというバイクです。と言っても本物
ではないのですがぼくは昔からkawasakiのバイクが好きで
Z400FX-Z400GP-GPZ400R-GPZ400Fと乗ってきました。
いつか大型二輪の免許を取って本物に乗りたいです。


d0019350_17545173.jpgd0019350_1755697.jpg 
                       工事課 副島           
by surugaki | 2005-08-27 17:37 | コレクション | Comments(4)

手筒花火

d0019350_18123566.jpgd0019350_18124620.jpg
八月十五日静岡市葵区瀬名の長尾川花火がありました。
毎年大筒、小筒、手筒花火を見るのが楽しみで毎年行っています。
自分は打ち上げ花火より手筒花火のほうがきれいだなと思います。
来年も花火大会やると思いますので、もしよかったら行って見てください。

                                  駿河工房 鈴木
by surugaki | 2005-08-26 18:13 | | Comments(3)