カテゴリ:池田の森・エコ団地( 10 )

平成28年度 豊かな暮らし空間創生推進協議会 開催!

2016年5月19日に、静岡県が進める<クリック>⇒『豊かな暮らし空間創生<家・庭(いえ・にわ)一体の住まいづくり>』協議会開催された。

最初に、私も関わらせていただいた『エコロジー団地・池田の森』見学です。
ここは、2014年静岡市都市景観賞・「まちかどコレクション」大賞受賞し、昨年度は、国の「住まいのまちなみコンクール」において最優秀賞の
国土交通大臣賞
受賞しました。
オーナーであり、団地開発者でもある漆畑さんより『エコロジー団地・池田の森』の説明を受けました。
d0019350_1455967.jpg

弊社で施工させていただいた家の前で熱心に説明される漆畑さんとそれを聴講する県や市町村の担当者。
d0019350_14573827.jpg
『エコロジー団地・池田の森』は畑を中心とした団地で、自然と共生する暮らしができます。d0019350_1458131.jpg
造成が完了して、建築や外構を始めたころの<クリック>池田の森です。
                                                         駿河工房 今井
by surugaki | 2016-05-20 15:18 | 池田の森・エコ団地 | Comments(0)

2007・地元の情報・「池田の森・エコ団地」・・・最近の様子と野の花

住まいの見学会」会場の「池田の森・エコ団地」は、他の分譲地と異なり、畑を団地の中心に据え、その周りに宅地を配しています。この畑は、土地を購入された方に貸し出しています。4m×4mを一区画として、一年間で3000円程度です。どなたも土いじりが楽しいと話されていました。子供たちも土を通して仲間になっているようです。今日は、皆さんで、近くの山へ竹の子堀りに行ってきたそうです。工房凍では、収穫祭や試食会も開かれています。

この団地にいると、昔の風景が蘇ってきます。「循環の社会をつくりたい。」という、売り主である漆畑さんの長年の夢が少しづつ具象化してきました。住まいの見学会は、終了いたしましたが、敷地内には、天然酵母と国産小麦にこだわったパンのお店や女性服と小物のお店もございますし、工房凍では、女性ヨガ教室や子供造形教室を開催していますので、是非、お立ち寄りください。
  
■プロジェクトの概要がご覧いただけます。→池田の森環境計画工房
■工房凍ついては、こちらに詳しく書かれています。→エコロジー団地「池田の森」工房棟


d0019350_11153626.jpg
■ご近所の子供たちに目配りをしていて、ジョロの水が他を向いています。昔の近所付き合いは、こんな感じでしたね。最近は、殺伐とした世の中になりましたが、地元のコミュニティーを活性化して、安心して暮らせ街を作っていきたいですね。d0019350_11161015.jpg
「池田の森・エコ団地」で見つけた花

ミツバアケビ(三葉通草)
アケビは、アケビ科アケビ属のつる性落葉樹です。山に行くと、木に巻きついています。名の由来は、実が割れることから「開け実」、その色から「朱美」などの説があるようです。これは、葉が三枚づつ付いていましたので、ミツバアケビ(三葉通草)だと思います。濃い赤紫色の花は、神秘的な美しさです。図鑑を見て、雄花と雌花があることを知りました。蕾のように見えるのが雄花で、径は5~7mmくらいです。花に見えるのが雌花で、花径は15~20mmくらいです。この世界も、女性上位のようですね。
d0019350_1716465.jpg
モミジイチゴ(紅葉苺)
これも木苺の一種ですが、葉がモミジに似ていることから、モミジイチゴと名付けられたそうです。バラ科イチゴ属の落葉低木で、フユイチゴやダズベリー、ブラックベリーのような実を付けます。モミジイチゴは、花を下向きにつけますが、これは幼木のため、分かりづらいですね。(もしかしたら、モミジイチゴではないかもしれません。)まぁ、木苺には間違いありません。花径は、20~25mmくらいで、白無垢のように真っ白です。d0019350_14232748.jpg
多くのご来場、誠にありがとうございました。最近では、多くの花が咲き始め、「花記事」も他のブログとラップしますので、マイナーな花から紹介させていただきました。これから、メジャーな花もご紹介いたしますね。  駿河工房 今井


人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
4月14日()、15日()開催の「住まいの見学会」は、終了いたしました。
 多数のご来場、誠にありがとうございました。


駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房

工務店経営ソフト販売開始! (工務店経営者必見!!) 詳しくはこちら→ 建通新聞

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。
by surugaki | 2007-04-16 19:03 | 池田の森・エコ団地 | Comments(10)

池田の森・エコ団地・・・地鎮祭

今日は、池田の森・エコ団地で地鎮祭でした。これで全ての家が着工しました。ここは以前、ゴルフ練習場でした。
それを地主の漆畑さんの熱い想いでエコ団地が誕生したのです。ドイツ・カッセルにあるエコ団地も意識しましたが、
漆畑さんのテーマは、「日本の原風景」だったのだと思います。全てが思い通りにならなかったとしても、これからの
日本の団地のあり方を示されたように思います。ずっと住み続け、この環境を次の世代にも継承して欲しいと願って
います。

■このHPに池田の森・エコ団地の計画が書かれています。→池田の森環境計画工房
OM計画のHPに「工房棟」が紹介されています。

池田の森・工房棟の上棟は、2005年8月の暑い日でした。←こちらをクリックしますと上棟の様子がご覧いた
だけます。下の写真と同じ場所から写したましたが、当時は原っぱでしたね。今では、畑や田んぼまで出来て、日本の
原風景を感じます。
d0019350_13254910.jpg
団地内には、天然酵母と日本産小麦にこだわった「池田の森・ベーカリー」が出来ました。今では、団地内に洋品店も
オープンし、「衣・食・住」のあり方についても一石を投じました。

池田の森・工房棟←吊し柿をしたり、畑横に小川も作られました。
池田の森・パン試作←連日パン作りや試食会を開き、お店の準備をされていました。
池田の森・ベーカリー←2006年3月に、池田の森・ベーカリーがオープンしました。

■㊧畑周りには、ヨメナやユウガギクが咲き、一層、日本の原風景を感じます。
 ㊨建築用地の周りには緑地スペースが点在し、歩道の側溝は玉石で組んでありますので、水が流れると小川のよう
 になります。中庭や歩道などの共用スペースは、ご近所のコミュニケーションを活発にします。畑は、16㎡を一区画
 として、年間3000円で貸し出していますので、家庭菜園が手軽に楽しめます。
d0019350_13262759.jpgd0019350_18154511.jpg
■池田の森・エコ団地には、朝顔のような花形をした小さな花が咲いていましたので、ご紹介しようと図鑑で調べて
みましたが、名前さえも分らないのです。それで、やむなく特徴だけを書かせていただきましたので、ご存知の方は、
是非、教えてくださいますようお願いいたします。
花径は、10~15mm位で、朝顔の花と似ていますので、多分、ナス科の草だと思います。チョウセンアサガオにも
似ています。
先ほど、すろう博士にホシアサガオ(星朝顔)と教えていただきました。ありがとうございました。・・・北アメリカ原産
のヒルガオ科サツマイモ属の1年草で、日本全国に分布している帰化植物だそうです。
d0019350_2171348.jpgd0019350_217405.jpgd0019350_21854.jpg
■㊧花が終わると、写真右のような種が出来ます。 ㊨葉は、三つ手のような形です。
d0019350_21251571.jpgd0019350_21254697.jpg
池田の森・エコ団地に伺いますと、自然と共に暮らす大切さが見えてきます。散歩がてらに伺うのも良いですね。 
                                                           駿河工房 今井

[お知らせ]
駿河工房のイベントは、こちらをご覧ください。→ニュース・イベント

建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
  ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。最近、アクセス数は、増えていますが
   クリック数が減っています。是非、よろしくお願いいたします。

       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)
by surugaki | 2006-10-22 00:28 | 池田の森・エコ団地 | Comments(10)

地元限定情報・・・池田の森 BAKERY CAFE 

3月18日(土) 10時 OPEN!

昨日の暴風雨が嘘のような晴天です。今日は、真っ白に雪化粧した富士山が顔を出しました。
こんな日は、とても気持ちが良いですね。
d0019350_18133279.jpg
先日、お引き渡した、池田の森・べーカリーに立ち寄りました。開店準備の真っ最中です。
池田の森・ベーカリーでは、天然酵母と国産小麦にこだわり、一つ一つ手間と時間を掛けて作っています。
今まではテークアウト専門でしたが、明日からは、お店で頂けるランチメニューもご用意いたしました。
d0019350_1814213.jpgd0019350_18144578.jpg
店では、試食会と検討会を開いていました。私も、参加させていただき、満腹になりました。この美味しさを、
皆様にも知っていただこうと、急遽、アップしました。 是非、皆様お誘い合わせのうえお越しください。
d0019350_1816135.jpgd0019350_1816309.jpg
■静岡市駿河区池田1265  ■TEL・FAX 054-262ー5580  ■定休日:火曜日
周辺地図はこちらをクリックしてください→池田の森周辺
このブログをご覧になったからと言っても、何の特典もございませんが、きっと、今まで味わったことが無い
パンの味をご賞味できるはずです。 駿河工房 今井
by surugaki | 2006-03-17 18:15 | 池田の森・エコ団地 | Comments(12)

これは縁起がいい

池田の森・エコ団地の大きなクロガネモチが、真っ赤な実を付けていました。

d0019350_11302424.jpg子供の頃から、モチノキは縁起がいいと言われてきました。
花の無い季節に真っ赤な実をつけたクロガネモチは、
華やかな感じがします。やはり、縁起の良い木です。

近くには、マユミも、真っ赤な実を付けています。
春の日差しのようで、心まで温まります。赤い実は、
人を幸福にするようです。

早速、自宅の赤い実も探してみました。
南天と千両が赤い実をつけているではありませんか。
でも、欲をかいてはいけません。
d0019350_10192558.jpg
[池田の森の赤い実]

彼訪へば 黐の実赤き 土塀かな  長山あや
昔、地元の商店では、店先にクロガネモチが植えられていました。金持ちになるという語呂合わせでしょうか。
昔は、絆創膏の粘着材や、鳥を獲る為の鳥もちも黐の木 (モチノキ)から作られていました。私も子供の頃、
お世話になりました。私にとっては幸福の木です。

近づけば 花にあらず 檀の実  石井とし夫
冬枯れの木立に赤い花が咲いています。近づけば檀(マユミ)の実でした。本当に花が咲いたようです。
雪解けの春を感じさせます。これまた縁起がいいですね。
クロガネモチの実                     マユミの実
d0019350_1013718.jpgd0019350_919382.jpg
自宅の赤い実
自宅では、南天と千両が、赤い実を付けていました。
南天は、軒下でも育ちます。一般的には、夜露が降りない所に木を植えても、5年も経てば枯れてしまいます。
もちろん南天も日当たりの良い場所のほうが、実をたくさんつけますが、北の軒下で育つ木は、そうそう
ありませんので、とてもありがたい存在です。
(魔除けとして使われるヒイラギ南天は、葉がとがっていて、青紫色の実をつけます。)

千両は、葉の上に赤い実をつけますが、万両は、葉の下につけます。それが、万両のほうが奥ゆかしいと
言われる所以です。自宅では、千両も軒下にありますが、勢いよく育っています。深い緑色の葉と真っ赤な
実のコントラストが鮮やかで、元気を与えてくれます。
南天の実                           千両の実
d0019350_9202937.jpgd0019350_9223060.jpg
この赤い実を見られたあなたには、きっと、良いことがありますよ。・・・そんな気がします。  駿河工房 今井
by surugaki | 2005-12-15 14:55 | 池田の森・エコ団地 | Comments(4)

池田の森・エコ団地

今日は、池田の森・エコ団地からのレポートです。
静岡の漆畑さんは、以前のゴルフ練習場をエコ団地に作り変えて、自然と共に暮らせる環境を作ろうとしています。
池田の森の工房棟が完成し、今日はヨガ教室を開催していました。生徒さんは近所の奥様たちです。
人の体も自然治癒力が大切という彼の思いが感じられますが、このレーポートは、迷惑に思われる方も
居られますので、またの機会とさせていただきます。
その隣には、以前にも紹介させていただきましたが、天然酵母パンのお店ができました。 池田の森ベーカリー
食べてみますと、今までのパンとは全く違い、味に深みがあるのが分かります。天然酵母の素晴らしさを
実感しました。このベーカリーの裏側には、オーガニックカフェを建築しています。こちらは、来春オープンの
予定ですので、近いうちに写真付きでレポートします。漆畑さんの「自然と共に暮らす環境作り」への想いが
少しづつ形になってきました。この文だけでは伝えきりませんね。
その漆畑さんが、池田の森ランドスケープと言う会社を立ち上げましたので、そちらのHP もご覧ください。
池田の森・環境計画工房

d0019350_1913392.jpg工房棟の軒先には、吊るし柿がありました。素人の割りに
と言っては失礼ですが、なかなか上手にできています。
団地内には、小川の工事中です。ビオトープ用の
防水シートの上にヤシマットを敷いて、これから雑草を
植えます。春には、童謡に出てくる小川ができそうです。
この隣には、畑を作り、団地の方の家庭菜園として、
お貸しするそうです。
昔のままの生活をする事はとても出来きませんが、
先人の知恵に学び、それを体験することによって
これからの暮らしが見えてきそうです。
d0019350_19143035.jpgd0019350_22422669.jpg
漆畑さんのお手伝いをさせていただき、「自然への回帰」が、現代人には最も必要だと、気付かされました。
そうすればきっと、社会の歪みも和らげると思います。今回は、少し堅いレポートになってしまいました。   
駿河工房 今井
by surugaki | 2005-12-14 18:38 | 池田の森・エコ団地 | Comments(0)

池田の森・エコ団地

今日は、OMソーラーの家・見学会です。池田の森・エコ団地も見学が出来ます。
d0019350_1158109.jpg池田の森・エコ団地では、風力
発電と太陽光発電を組み合わせて
電気を起こして、それを蓄電して
街路灯に使っています。
遠くに見える建物が工房棟です。
屋根は、半分がOMソーラーの
集熱面で、半分が草屋根です。
これから、建物前面にビオトープの
庭が出来ます。
小川が流れ、緑の森になります。
ここには池田の森ベーカリーもあります。工房棟では、メニューの開発をしています。
今は天然酵母と国産小麦にこだわったパンを別の所にある工場で作って、こちらで販売しています。
これからはオーガニックカフェとパン工場も団地内に出来ますので、パン焼きの美味しそうな香りの中で
頂く事が出来ます。
おかずパンを思案中です。             パン工場から出来立てのパンが届きました。
d0019350_11583963.jpgd0019350_12175788.jpg
天然酵母と日本の小麦で作っています。     お待たせいたしました。OPENです。
d0019350_12191130.jpgd0019350_12281867.jpg
今日の昼食は、ここのパンにしました。私は、ご飯党で、パンはあまり頂きませんが、今までのパンの
イメージが一変しました。天然酵母と国産小麦にこだわられただけのことはありますね。
コクがあって美味しかったです。一度、召し上がってみますと、違いがわかります。
池田の森ベーカリー  静岡市駿河区池田1265   ℡ 054-262ー5580
見学会の実況中継の予定が、パンの紹介になってしまいました。    駿河工房 今井

中里さん、工房棟の草屋根を追加アップしま~す。
これから、屋根の上に、散水用のスプリンクラーをつけて、芝に水分を与えたり、夏のクーリング実験も行います。
今は、芝の生育のための養生中ですが、来年には屋根の上に登れます。ステンレス防水の上に置いたヤシマット
の中に土を入れてあります。かなりの断熱効果も見込まれます。来夏にはデーターをまとめるつもりです。d0019350_2050849.jpg
ベーカリー棟は、今のところ草屋根ではありませんが、将来は草屋根に変更出来ます。
by surugaki | 2005-11-26 14:02 | 池田の森・エコ団地 | Comments(4)

塗り壁体験会のお知らせ

 静岡市駿河区池田の森エコロジー団地内にて外壁の塗り壁体験会を行います。
 日時:10月22日(土)
 第一部 AM10:00~12:30        第二部 PM 1:00~ 4:00


 ※特に用意するものはございませんが、汚れてもいい服装でタオル持参の上ご参加ください。
 ※第一部に参加された方にはお弁当を用意致しております。
 お申し込みは、メール・surugakobo@ny.tokai.or.jp か 電話 054-257-3385 まで、
                                                   お願いいたします。

池田の森・エコ団地の現在の様子
池田の森の工房棟では、屋根にOMソーラーガラス集熱面と芝生が乗りました。左が集熱面で、右が芝生です。
下屋の、ガラス部分は、仮の雨よけがしてあります。(白く見える部分です。)今は屋根がツギハギだらけ
のようですが、これから、最終仕上げをしてきれいに馴染ませます。
外壁の下塗は、完了していますので、今回の体験会では、仕上げの塗り壁を体験していただきます。
左官職人が指導いたしますので、ご興味のある方は、是非、参加されると楽しいと思います。
d0019350_1721544.jpgd0019350_17213384.jpgd0019350_17263931.jpg
駿河工房ニュース・・・こちらに、毎月のイベントが掲載されています。
by surugaki | 2005-10-20 18:20 | 池田の森・エコ団地 | Comments(2)

池田の森・エコ団地・・・協働のものづくり

池田の森・エコ団地の工房棟が、上棟しました。この建物は、物作りの工房として、お貸し
したり、コミュニティースペースや管理事務所として使われます。
協働のものづくりのための場所です。この設計も、オーナー自身がやられていますので、
私たちは、アドバイザーとして関わっています。もちろん、建築は、構造から、法的な事
まで、専門知識がないとできない部分がありますので、そこは、私たちが、補わせて
いただいています。施工に関しても、直営工事を前提に計画してありますが、プロでないと
出来ないところは、私どもで、施工します。昨日、上棟しました。構造躯体の施工後には、
塗り壁などは、塗りたい人を募集して、プロの職人さんの指導により、土いじりの感覚で施工
する予定です。OMソーラーや、太陽光発電、風力発電、草屋根、ビオトープ、雨水利用など、
自然との共生や自然エネルギーの利用も体験しながら、実験も出来るような施設です。
畑をお貸しいたしますので、家庭菜園も楽しめ、虫とも共生できる環境です。
引き続き、無農薬食材のオーガニックカフェが出来ます。医療施設や集合住宅も現在、計画
しています。森の中に自然と共生する自立した街が出来つつあります。  
「池田の森・エコ団地」←こちらが、ホームページです。
d0019350_1120611.jpgd0019350_1121890.jpg
d0019350_11222662.jpg上棟現場の前の緑地は、先日のブログの
「エノコログサ」の緑がきれいです。
ここが、貸し農園になります。浜昼顔も出て
きました。タンポポも種を飛ばしています。

d0019350_1131245.jpg草の中には、コオロギがいます。
あと一、二週間で、羽が伸びて、鳴きだします。
赤とんぼもたくさん飛んでいます。スティルス型
戦闘機のようで、目にも留まらぬ速さです。
写真には、上手くおさまりませんね。もちろん、
バッタや他の虫も多く住んでいます。施設の紹介
の予定が、虫の紹介になってしまいました。
d0019350_1125791.jpgd0019350_11263537.jpg

駿河工房 今井
by surugaki | 2005-08-05 11:32 | 池田の森・エコ団地 | Comments(2)

池田の森・エコ団地のメタセコイヤーの木

池田の森・エコ団地は以前、ゴルフ練習場でした。そこに、メタセコイヤーの木があり
目印になっていました。直径1メートル、高さ25メートルの大木でした。
メタセコイヤーは、日本の杉に似ていますが、成長が早く、年輪の幅は5ミリから
1センチあります。エコ団地の開発時に切る事にしました。
切り株は、子供の遊び場にし、木は製材してベンチなどに使います。杉の様な針葉樹は、
切ると枯れてしまいます。逆に広葉樹は、切り株の中から新しい芽が出てきます。

d0019350_1623683.jpg
エコ団地の緑地地帯の中に、
メタセコイヤーの切り株が
そのまま残してあります。
もう、表皮が剥け、枯れて
います。

d0019350_163625.jpg
メタセコイヤーの木を製材して、
桟積みし、乾燥させます。
ベンチやテーブルになります。

駿河工房 今井
<2005.04.08>
by surugaki | 2005-04-08 16:08 | 池田の森・エコ団地 | Comments(0)