「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ベトナム・ラオス( 23 )

ベトナム・・・これは?

先月のベトナム研修旅行の際に見かけた「ちょっと何これ?」。
d0019350_2155116.jpg
ベトナム統一会堂に飾られていた象の足です。
(もちろん、本物です。)

大統領への各国からの贈り物中の一つだとか。
本物なので1つ1つが大きくて、
内側が赤く塗られているのが生々しくて
インパクト大でした。

↓下のとってもユーモラスな表情の人形。
様々な大きさ、表情の人形を、たくさんの土産物屋で見かけました。
どうしても「バカ殿」に見えてしまい、はたして売れているのだろうか?と思っていましたが、

d0019350_2161917.jpg1000年の歴史を持つというベトナムの水上人形劇
(ムアゾイヌオック Mua Roi Nuoc)に関する人形でした。

水上人形劇は元々、農民たちが農作業の気晴らしと豊作の祈りを込めて行っていた地方の娯楽で、それが今では世界中で上演される伝統芸能へと成長しているそう。

次にベトナムに行く機会があればぜひ水上人形劇を見てみたいです。 駿河工房 小笠原



ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】         

12月1日()・2日()・・・「住まいの見学会」
詳しくはこちらをご覧ください→駿河工房からのお知らせー【ニュース・イベント】

[ブログ]
ブログ【駿河工房設計室】    ブログ【駿河の工具箱】    ブログ【静岡で満足できる木の家づくり】

ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
by surugaki | 2007-11-29 21:30 | ベトナム・ラオス | Comments(0)

ベトナムコーヒー

d0019350_23373794.jpg最近、休日のティータイムにはまっているのが
「ベトナムコーヒー」
10月のベトナム旅行の時に自宅用お土産として買ってきたものです。

d0019350_2338220.jpgd0019350_23384897.jpg
まず、カップの上にステンレスでできたフィルターをのせます。
ここで紙フィルターを使わないのがベトナム流。
注:本来はこの時点でカップにコンデンスミルクが入っているのですが、甘いコーヒーが苦手な山崎家では省いています。
その中に既に挽かれたコーヒー豆をいれお湯を注ぎます。
フィルターの上にフタをして少し蒸らすと出来上がり!

d0019350_23391240.jpgd0019350_23392453.jpg
肝心な味は?
やはり紙フィルターが無い分「少し粉っぽく濃い目の味」ですが、
濃さは豆の入れる量で調整できるので問題なく、慣れるとこの濃さがいい味に感じてきて結構癖になります。
注:決して最後まで飲み干さないで下さい!
  カップの底に粉が溜まっていて飲み干すと口の中が凄いことになります。


d0019350_2340712.jpgd0019350_23401866.jpg
d0019350_23402922.jpgこの時、一緒に食べているのが「白ごまクッキー」。
白ゴマ・ナッツをシロップで固めて裏面にウェファースを張ってある
とてもあっさりしたお菓子で、ベトナムコーヒーとも相性がいいです。



「ベトナムコーヒー」一味違ったコーヒーです。
見つけたら試してみてはいかがでしょうか?

                      駿河工房 山崎




ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】         

12月1日()・2日()・・・「住まいの見学会」
詳しくはこちらをご覧ください→駿河工房からのお知らせー【ニュース・イベント】

[ブログ]
ブログ【駿河工房設計室】    ブログ【駿河の工具箱】    ブログ【静岡で満足できる木の家づくり】

ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
by surugaki | 2007-11-27 23:53 | ベトナム・ラオス | Comments(4)

ベトナムからの贈り物

先日、会社に戻ると机の上に見慣れない白い箱が・・・・。
横:14センチ、縦:9センチ、厚さ:2センチ、日本語ではない文字が並んでいます。
d0019350_17283416.jpgd0019350_17284383.jpg
恐る恐る箱を開けてみると、中から出てきたのは「木でできた印鑑」。
この前行ってきたべトナムで買ったものがやっと届いたっ!
ベトナム最終日に、ドンコイ通近くの「バタフライ」という雑貨屋さんで買った印鑑でした。
長さは6センチ、印鑑部分は2センチ角で確か1200円くらいだったと思います。
d0019350_1729325.jpgd0019350_17291027.jpg

d0019350_17292860.jpg印鑑を押してみるとこんな感じ。

入っていた箱をもう一度良く見てみると、住所が
SURUGAKUSUGUKARU12-2712-57
になっていて、このせいで届くのが遅かった・・・?

いずれにせよベトナムのいい思い出のひとつです。






              駿河工房 山崎

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。>
by surugaki | 2007-10-28 17:44 | ベトナム・ラオス | Comments(4)

 ベトナム  沢田教一について   

 今回のベトナム旅行で戦争証跡博物館に行きました。
この建物は、ベトナム戦争の悲惨さを伝える博物館で、戦車、武器、枯葉剤の惨状の写真・・・・
決して忘れ去ってはならない傷跡を数多く残してあります。
d0019350_20402328.jpgd0019350_20404189.jpgd0019350_20424162.jpg

その展示室の一角に『安全への逃避』と題した写真があります。
砲弾が飛んでくる極限状況の中で、逃げ場を失いながらも、河を渡りきろうとする
母子の必死の姿を世界に訴えたのは沢田教一という日本人カメラマン。
彼はこの一枚の写真で、ピューリッツアー賞・ハーグ世界報道写真グランプリ・アメリカ海外記者クラブ賞を受賞。
一躍世界的な報道カメラマンとして認められました。
d0019350_2126524.jpg

以前に「ライカでグッドバイ  沢田教一が撃たれた日」(青木富貴子/著)という本を読んだことがあります。
沢田の情熱と野望、そして不運な死(カンボジア戦線取材中に狙撃される)という壮絶な生き方に胸が熱くなった事を思い出しました。
沢田の写真は戦争写真というよりは、その犠牲となる民衆、子供や女性の悲痛な叫び、兵士達の心の痛みまでをフィルムに焼き付けたというのが評価されています。

最近、ミャンマーで映像ジャーナリストの長井健司さんが銃撃され亡くなりました。
「生命が脅かされる程の危険」は世界紛争等の報道に携わる人達の宿命かもしれませんし、
決して命を粗末にしてはなりませんが、彼らの仕事に対するプロ意識には、ただ、頭が下がります。

                                       駿河工房   渋谷

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。>
by surugaki | 2007-10-24 22:35 | ベトナム・ラオス | Comments(2)

「凄い」→「不思議な」→「面白い」国 ベトナム

ベトナム
空港を出て1時間で「凄い」国だ!と感じました。
何が凄いって、やっぱり バイク につきます。
数日前にも書かれていましたが、2人、3人乗りは当たり前。
4人乗りもチラホラ見られ、なかには5人乗りも見たという人もいました。
でも私はもっと「凄い」ものをっ!!!
d0019350_113295.jpg
なっ!なんとっ!!!犬がバイクをっ??? 
2日目の クチトンネル の帰り道をひたすら並走され眠気も吹き飛びました。
犬との2人乗り・ピンクのヘルメット・・・。
「不思議な」国でした。

1日目の夜、あまりのバイクの凄さにホテル前の道すら渡れず、
早く日本に帰りたい!と数人で ぼやき ましたが、
2日、3日とたつうちに不思議と慣れて最終日には すいすい バイクの川を渡れるようになり、
もう数日いればもっと「面白い」国では?と思いようになっていました。

日本では体験できない事がたくさんあり、とてもいい経験ができたと思います。


それではここで問題です! これはいったいなんでしょう?d0019350_1132763.jpgd0019350_1134887.jpg
                              答えは明日。   お楽しみに!!!

                                      駿河工房 山崎


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-10-13 11:18 | ベトナム・ラオス | Comments(6)

Vietnam

d0019350_20122747.jpgd0019350_2013587.jpg
d0019350_20151147.jpg■Cu Chi・TUNNEL
ホーチミンから2時間ぐらい車で行ったところにあるCu Chi(クチ)。
2時間と言っても、高速道路を使っている訳ではないし、バスの速度は終始遅め。ベトナム南部、この日はかなり天気が良好で、少しでも歩くと、汗が体のいたるところから吹き出てきます。このツアーは現地ガイドのニャンさんが案内。半日ツアーで朝の8時30分出発で午後1時(だったかな?)にはまたホーチミンに戻ってくるもの。ニャンさんは、どうやってベトナム兵が、アメリカ兵を迎撃したのか、又トラップはこういう風になっているなど色んな事を説明してくれる。このツアーのメインである実際に要塞として掘られたトンネルの中へGoー!そんなに距離がないトンネルでしたが、中は電燈が全くなく、真っ暗で、空気がこもったような独特の匂いがします。精神的に圧迫される感じがして、耐えがたい雰囲気でした。トンネルはとても狭く、中腰で足をすって進むのですが、早く出たいのでセカセカと進みました。(余裕がなかったので肝心な内部写真がないのが残念)ガイドさんいわく、このトンネルは当時のベトナム人に合わせて作った大きさで敵であるアメリカ兵は無論体が大きい為入れない、通れないようになっているそう。

■SAIGON SPA
最終日に突入。紫外線と排ガスで汚れたバディを洗浄するため、評判名高いSAIGON SPAの2.5時間ボディ&ソウルコースへ向かうのだった。体が溶けるかと思うほどの心地よいひと時でした。ホテルから船着場までの送迎バスがお出迎え。Yさんと二人でSPA体験。ドキドキワクワクで終始笑いが絶えない。船でちょっとしたクルージングを楽しみながらサイゴン川の対岸にある白亜の豪邸、『SAIGON SPA』を目指す。移転してまだ一ヶ月。新築ホヤホヤ、白さも眩しいほどだ。中には警備員がいらっしゃって、私たちが通ると敬礼してくださいました。到着すると、お茶と冷たいおしぼりが出てくる。香ばしくておいしいお茶。軽く問診したのち、ジャグジーへ。ここで働くベトナム女性の日本語は、今までベトナムで聞いたどの日本語よりも丁寧だった。(ちょっと聞きにくいけど)パレオ一丁になり、薔薇の花びらが浮かんだジャクジーにパレオをつけたまま入る。ひゃー、きっもちー。花が浮かんだジャクジーって、女の憧れ。想像以上にテンションがあがる。こののち、シャワーを浴びて、新しいパレオに着替えて、スチームバスに10分。このスチームバスが、レモンの香りがするスチームバス。吹き出るように汗が出る。気持ちー★「紙パンチュ、履いてください」紙パンチュを履くとき、エステティシャンが手を貸してくれる。ちょっと、恥かしい。ボディスクラブに、この後ボディマッサージ。あっという間に2.5時間。これで65$は相当お値打ちだと思う。

■saigon/naightlife
サイゴン川の夜景を目に焼き付けて。ホーチミンは素敵な街でした。ネオンがキラキラ☆ビックリしたのは、夜遅い時間でも、子供も一緒にまだ外に居たこと。公園のロータリーはバイクに乗ったベトナミーズで溢れ返っていた。初めは、道路を横断することができなかったけど、コツを掴んで最後には堂々とバイクの波を横切っていた。ディナーのあと、夜景を楽しみながらの散歩。夜になっても、蒸し暑く、現地の人は2人乗りどころか、3人4人5人乗りでバイクにまたがってびゅんびゅん行き交っている。広場のライトアップがすごく綺麗。熱気と不思議な雑踏に迷い込みながら、バイクの数と排気にどこまでも圧倒されながら、ショッピングもグルメもエステもフルにこなした3日間。機会があればまた行ってみたい国です。         企画営業課 松浦

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-10-12 22:39 | ベトナム・ラオス | Comments(10)

ベトナムの電線って

d0019350_228215.jpgd0019350_2283458.jpg
↑のどかなベトナムの街並を眺めながらバスに乗っていると、異様な光景があっちにもこっちにも。
電線が数十本も束になって電柱から電柱へ、街路樹の枝の中もおかまいなしに貫通して。

d0019350_2553498.jpgd0019350_314290.jpg

d0019350_324765.jpgd0019350_3114426.jpg
雨でショートしそうな配線と、手をのばせば届きそうな変圧器。
一人当たりの電力消費量が日本人の40分の1、電気普及率は50%のベトナムならではの
光景かと思います・・が、それにしても怖い。(昔の日本もこうだったのかな)

d0019350_3333144.jpg
原発なしで電力をまかなえている国、田舎に行けば電気なしで
生活できている国、ベトナム。

電気事業の整備は必要みたいですが、安全確保の方向へ
整備を進めていってほしいと思いました。
(夜景は2日に1回でもいいような)


 駿河工房 杉本
ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-10-11 23:26 | ベトナム・ラオス | Comments(4)

メコンの恵み

私にとって初めてのベトナム体験。
いろんな思いがありますが、熱気とパワーに圧倒されながら感じたことを一部紹介させて頂きます。

モンゴル、中国、フランス、アメリカと他国の支配を受け、戦争が絶え間なく続いたベトナム。
1975年の戦争終結と共に、この国の新たな歴史のページが開かれることとなります。

d0019350_16541165.jpgd0019350_16543240.jpgd0019350_1655814.jpgd0019350_16555523.jpg
d0019350_16584957.jpgd0019350_1702748.jpgd0019350_1704658.jpgd0019350_171378.jpg
d0019350_17282635.jpgd0019350_17285549.jpgd0019350_17291282.jpgd0019350_1729265.jpg
初めて目の当たりにしたベトナムは社会主義国のイメージとは大きく離れ、この国の強烈な日差しのようにエネルギッシュなパワーが溢れたとても魅力ある国に感じました。
ホーチミン市街の圧倒されるオートバイの数に、もはや工業国の錯覚さえ起こしてしまうのですが、実は就業人口の8割以上が農業従事者というれっきとした農業国なのです。
世界第2位の輸出量をほこるコメの他、南国特有のフルーツや野菜など農作物の宝庫でもあります。

d0019350_17124380.jpgその豊かな実りをもたらしているのがインドシナ最大の河川、メコン川です。
はるかチベット高原に源を発し、何ヶ国も旅してベトナムの地で海に注がれ終結します。
その河口付近では広大なメコンデルタが形成され、のどかな水田地帯にヤシの樹が立ち並び、日本とはまた違った田園風景が展開されています。
そしてメコン川の支流に縦横に張り巡らされた運河。

映画やテレビの映像でしか見たことのなかった風景の中で船に揺られながら、この国がいかにメコンと共に生き、その恵みを受けてきたか分かる気がしました。

母なる大地メコンデルタ。
この国が今後どのような発展を遂げようと、その原点はメコンの恵みにあるような気がします。
駿河工房  村松
d0019350_17185022.jpg


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-10-10 18:10 | ベトナム・ラオス | Comments(9)

ベトナム研修旅行  ホーチミンの熱気

 ベトナム・ホーチミンの研修旅行の報告です。
主に市民の生活や街の雰囲気についてご紹介します。
d0019350_22315658.jpgd0019350_2232217.jpg

経済成長率が著しく高いベトナムですが、その勢いは空港に降りたと同時に体感できるものでした。
それは「バイク」の一言に尽きます。バイクの洪水なのです。市民の足は車よりも、バイクが中心で、
(因みにノーヘルメットで2人、3人、4人は当たり前)昼となく夜となくひたすら街中を走らせています。

ただでさえ温度26℃以上かつ高湿度なところを益々熱くしているわけです。
そしてその排気ガスと容赦ない車のクラクションが街の熱気を更に高めることになります。

この交通ルールがあるのかと疑いたくなる道路を人が横断する際は、無理やりバイクの波間をかいくぐっていくしかありません。(ある意味命がけかもしれませんが、これも慣れてきますと何とか渡れますので不思議です)
 他にも屋台、天秤棒を担いだ売り子、露天商、歩道で食事する人、市場の人なつこい人達 等・・・・・・・
夜遅くまで活気溢れる人々でひしめいています。
 
街の活気が経済成長と直接結びついているとは限りませんが少なくともこの国の底知れぬエネルギーを感じることが出来ます。
d0019350_0323648.jpgd0019350_033546.jpgd0019350_0332492.jpg

研修旅行は他にもクチトンネル(南ベトナム国民開放戦線の跡地、戦争証跡博物館、統一会館、シクロ(人力車)、メコン川クルーズ等・・・・・・・刺激的内容は後の方にお任せです。

 TVの現地レポート番組や戦争映画などでしかベトナムの事について触れることはありませんでしたが、同じアジアの国でもこれ程の文化や慣習の違いがあることをを経験できてよかったと思っています。

                                  駿河工房  渋谷

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-10-09 23:53 | ベトナム・ラオス | Comments(2)

「ただいま~ぁ。」  ベトナム・ホーチミンから帰りました。

ベトナムの歴史は戦争の歴史といっても過言ではありません。しかも、他国から侵略されたというのは、紛れもない事実です。ベトナム戦争の前は、フランスとの戦争の末に統治されていたという哀しい歴史があります。

今回は、ホーチミン中心部にある、フランス統治時代に作られた建築物をアップさせていただきました。現在では、これらの建物はベトナムの人々のために使われています。「ベトナム人は、過去を恨まないで将来を考える。」と、ガイドさんが話していました。この日は一日中、自由時間でしたので、それらの建物を見学して歩くことにしました。どの建物も修復して今でも使われています。

[サイゴン大教会]
19世紀末に建てられた赤レンガ造りの美しいカトリック教会で、正式名称は、「聖母マリア教会」といいます。ドンコイ通りの北端に建っていました。
d0019350_2043051.jpg
[中央郵便局]
サイゴン教会の筋向いにあり、教会と同じ時代に建てられました。内部はクラシカルなアーチ状の天井が印象的で、美しい空間を構成しています。中央の入り口より中に入りますと、右側の壁に1892年当時のサイゴン周辺の地図が掲げられています。中央には、旧北ベトナム発行の古い切手が展示されていました。切手や絵葉書など共にベトナムの歴史を感じさせる小物なども売られていました。
d0019350_1958525.jpg
[人民委員会庁舎]
左右対称のいわゆる「シンメトリカルバランス」のフレンチコロニアル建築です。人民委員会前公園は市民の憩いの場になっています。その中心に戦没者慰霊碑が設置されていて、献花が捧げられていました。d0019350_1959769.jpg
■建物中心の塔には、フレンチコロニアルらしい石彫が施されています。
d0019350_19595543.jpg
■夜は、建物をライトアップして幻想的な雰囲気です。d0019350_2002360.jpg
今回は、フランス統治時代の建物をご紹介させていただきましたが、これから「市民の生活」などもアップさせていただきます。他の社員も多くの事を感じ取ったようですので、そちらからも紹介されるとは存じますが、合わせてご覧いただければ幸いです。   駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[お知らせ]

 駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
  駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

 不動産情報は、こちらです。→駿河工房の不動産情報

 工務店経営ソフト販売開始! 詳しくはこちら→ 建通新聞

 駿河工房設計課メンバーによるブログ→【駿河工房設計室】

  駿河工房工事課メンバーによるブログ→【駿河の工具箱】を立ち上げました!

■ こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。
by surugaki | 2007-10-09 22:16 | ベトナム・ラオス | Comments(24)