「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:草( 97 )

散歩道の「野の花」

散歩中に見かけた「野の花・特集」です。
【ハルユキノシタとユキノシタ】
一般の「ユキノシタ(雪ノ下)」は小さい3枚の花びらに濃紅色の斑点があります。「ハルユキノシタ(春雪ノ下)」は、
黄色の斑点です。日本固有種だそうです。・・・そう聞くと、価値が上がった気になります。 — 場所: 自宅近く
d0019350_2324580.jpg
【はくちょうそう(白鳥草⇒白蝶草)】
近所のおばさんが「この花は、白鳥草だよ。」と教えてくれました。「日本の花ですか?」と私が聞くと、「そうだよ。」と
言われました。念のため、ネットで調べてみますと、北アメリカ地方原産で、Gaura(ガウラ)というそうです。
ギリシャ語の「gauros(立派な、華美な)」が語源だそうです。・・・まぁ、よくあることです。(-。-;)しかも、「白鳥」では
なく、「白蝶」でした。白い蝶が飛んでいるようなので名づけられたそうです。
d0019350_2327790.jpg
【近所のシラン(紫蘭)】
近所では、紫や白花のシランが咲いています。原産地は、日本、台湾、中国だそうですが、野生のものは激減していて、
準絶滅危惧種に指定されているそうです。
d0019350_2326253.jpg
【ドクダミの花】
近所ではドクダミの花が咲き誇っています。半日陰地に生えていて、草に強い臭気があるため、嫌わる方も多いですが、
実に興味深い花です。
d0019350_23301968.jpg
facebookをご利用の方は、こちらをリックしてみてください。⇒Facebookムービー
facebookは、こちら駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
スタッフブログは、こちらです。


by surugaki | 2014-05-28 23:37 | | Comments(0)

草 ・ ホトトギス

【今日の朝パチッ!・・・草の種】
名前を忘れた草にΦ0.5㎜位の種がいっぱい付いていました。よく見ると水を蓄えています。これも生きる知恵でしょうか。
瑞々しい感じがします。食べられるかもしれません。(未確認)
d0019350_2346631.jpg
【焼津ギャラリーの清掃と草取り】
今日は、本社と焼津ギャラリーの一斉清掃日です。私は、焼津ギャラリーに行き、木の剪定をしました。焼津ギャラリーは、
阪神淡路大震災の発生する1時間前に四国から木頭杉を焼津に搬入しました。
既に18年が経っていますが、外壁の杉板も塗り直していません。玄関前の珪藻土の壁は、1階だけ家庭用高圧洗浄機で
洗浄したらきれいになりましたが、2階が汚れています。
お客様から「使用前・使用後みたいで、いいね!」言われ、そのままにしてあります。今日は、米袋8袋の草や葉が集まり
ました。今度は、2階の外壁もきれいにしなくては・・・。足場が必要です。 (-﹏-。) 。
どうしたことか、金糸梅 (きんしばい)が1輪だけ咲いていました。いつもは、6月に咲くのに、異常気象の影響でしょうね。 (-﹏-。) 。2
d0019350_023214.jpg
【山に自生するホトトギスとタイワンホトトギス】
近所の山に自生するホトトギスは、種、開花途中、完全開花と一連の流れが分かります。自宅のタイワンホトトギスとは、
明らかに花の付き方が違います。
在来のホトトギスは、ほとんど見られなくなりましたが、・・・実は、タイワンホトトギスは、「絶滅危惧種」ですが、在来種は
そうではありません。
違和感を感じると思いますが、タイワンホトトギスは、自生する物を採って、品種改良して、園芸品種として売られている
からです。桔梗や川メダカと同じです。ですから、タイワンホトトギスや桔梗、川メダカが「絶滅危惧種」ということを知る人
は少ないのです。
自生するホトトギスは、日陰に咲きますが、自宅のタイワンホトトギスは、日向で多くの花を付けています。皮肉なものです。 (-﹏-。) 。
d0019350_23485275.jpg

昨日は、寒かったのに今日は暑さが戻ってしまいました。気候変動が激しい日が続きそうですので、くれぐれもご自愛ください
ますようお祈り申し上げます。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-21 23:48 | | Comments(0)

ツマグロオオヨコバイ ・ ホソヒラタアブ ・ トレニア・エサキモンキツノカメムシ

【ツマグロオオヨコバイ・ホソヒラタアブ】
休耕地では、「ツマグロオオヨコバイ」が「ミゾソバ」の葉にとまり、その先には「ミゾソバの蕾」があり、おまけに
水引まで横たわっていました。偶然、キャストがそろいましたので、パチッ!
隣には、ホソヒラタアブが、キツネノゴマ(狐の孫)の花蜜を吸っていました。アブが去った後、キツネノゴマが怒った
ような顔をしていました。あれは、キスだったのかな~ぁ?
今日は、寒くなるようです。くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。
d0019350_22442043.jpg
【“o(><)o”くう~悔しい!・・・またしても判らない。 (-﹏-。) 。】
最近、白や紫の花を見かけますが、名前が判らないものばかりです。休耕地の花は、ハーブが野生化したものが多いので、
分からなくても仕方がないと諦めていましたが、これは山に咲いていたので、調べれば直ぐに判ると思っていました。
以前、花を調べる時は、正面、側面、葉の形状を撮っておくと良いと、教えていただきましたので、セオリー通りに撮って、
調べてみましたが、全く判りませんでした。
カテゴリは、「シソ科」「くちびる型」「白」「紫」「秋」に当たりを付けて検索したのですが、それらしいものは出てきません
でした。 (-﹏-。) 。2。
甚だ勝手ではございますが、ご存知の方はご教示賜りますようお願い申し上げます。
・・・facebookで先ほど、「トレニア」と教えていただきました。ありがとうございました。(ほっ)
d0019350_22444733.jpg
【かひなしや 水引草の 花ざかり 正岡子規】
「かひなし」は、「取るに足りない」という意味らしいですが、その「水引草」に「エサキモンキツノカメムシ」が、ぶら
下がっていました。カメムシは、悪臭を放つことから嫌われていますが、これには、背中に♥マークがあります。
・・・水引草にぶら下がった姿に愛を感じました。(小ウソ)
d0019350_22453885.jpg
今日は、涼しい一日でしたが、まだ本等の秋になっていないように思います。清清しい秋は、いつ来るのでしょうか? 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-04 22:48 | | Comments(0)

はじめて見ました。・・・ゴマダラチョウ ・ サフランモドキと思いきや ・ キツネノゴマの白花

【アサギマダラ(浅葱斑)かと思いきや・・・ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)】
見学会会場前の土手の木に「アサギマダラ」らしき蝶がとまっていましたので、気を送ったら、私の指にとまりました。
いつものタムロン90mmでディティールを確認することにしました。
帰宅して、図鑑の「アサギマダラ」と比較してみますと、眼の色も胴の色も翅の色まで違っていました。 (-﹏-。) 。
じゃぁ、この蝶は、何でしょうか?・・・わ、分かりません。...
甚だ勝手ではございますが、ご存知の方は、ご教示賜りますようお願い申し上げます。

・・・先ほど、江河 宏征さんに「ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)」と教えていただきました。図鑑やネットで確認しましたが、
間違いありません。ありがとうございます。
d0019350_23382716.jpg
【サフランモドキと思いきや・・・】
自分の生活圏で見かける草・花・虫・鳥などを撮り始めて9年になりますが、毎日のように、今まで見たことがない動植物に出会います。
今日は、前の記事の「ゴマダラチョウ」もそうですが、この花も始めて見ました。
サフランモドキ(2006年⇒ )だと思い、近づいて見ますと、花の色や付き方、シベの形状まで異なります。
サフランモドキは彼岸花科ですが、これは、ユリ科の花に見えます。
紫色が入り、高貴な感じです。・・・調査は続く・・・
d0019350_23414287.jpg
【超マイナーな話題ですが・・・キツネノゴマ(狐の孫)の白花・大発見!】
キツネノマゴ(狐の孫)は、野原や道端に生えていますが、本格的に観察を始めたのは、2006年の今頃からです。⇒
花冠(かかん)は、幅4~5mm、長さ8㎜程度で、薄紫色の唇形の花です。
花言葉は、「可憐美の極致」・「女性の美しさの極致」だそうです。
2006年以来、毎年観察していますが、昨日、「白花」を始めて見つけました。...
光の反射で白く見えるのかと思い、周りの花と比べてみましたが、明らかに「白花」でした。
図鑑やネットで調べましたが、どこにも「白花」が存在するとは、書かれていません。
農薬の影響も考えられない土手に生えていましたから、薄紫の花とは別種だと思います。
と、すると、大発見!です。・・・これから、再調査をして、報告させていただきます。
d0019350_23391759.jpg
大型台風18号が、静岡に上陸しそうです。被害が少ないよう祈るばかりです。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-09-15 23:44 | | Comments(0)

雪ノ下

【雨の「雪の下」】(見学会一日目の朝)
雨の「雪ノ下」もよくよく見れば、きれいです。雨粒も小さくて可愛いね。
d0019350_02255.jpg
【朝パチッ&夕パチッ・・・雪ノ下】(見学会二日目の朝・夕)
昨日は、雨の雪ノ下でしたが、今朝は雨もあがりました。夕方には、下の花も開花しました。上部の小さい花弁が赤ちゃんの
ような桃色です。
d0019350_022177.jpg
【昼パチッ!・・・またしても雪ノ下(見学会二日目の昼)
「雪ノ下」の上3枚の花弁を見ると、模様が違うことに気づきます。開花したばかりの花は薄桃色で、だんだん白くなるようです。
右下の花弁は、笑っているように見えます。(*^-^*)
d0019350_02412.jpg
見学会の合間に見た、「雪ノ下」がきれいでした。 駿河工房 今井
駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-05-14 00:11 | | Comments(0)

アザミと虫(テントウムシ・マルハナバチ)

facebookに掲載したアザミです。テントウムシ(天道虫)やマルハナバチ(丸花蜂)がいました。

【アザミのディティール】
アザミをよく見ると、海に棲むウニ(海栗・Sea Urchins)に似ているように感じます。
d0019350_2122838.jpg
㊧花形もウニに似ています。 ㊨これは、ウニ(Sea Urchins)のvimeo画像です。
こちらをクリックすると、神秘的な「ウニの動画」がご覧いただけます⇒vimeo
d0019350_21232824.jpg
テントウムシが飛び立ちました。マクロレンズを通して見ると迫力があります。
d0019350_21393457.jpg
マルハナバチ(丸花蜂)が花粉を体にいっぱい付けて花蜜を吸っていました。アザミと花蜂は共生しているのです。
d0019350_21531186.jpg
自然と共に暮らすことが大切だと思います。 駿河工房 今井

5月11日(土)12日(日)リフォーム完成見学会開催します。詳しくは⇒ニュース・イベント

駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-05-07 22:39 | | Comments(0)

【最近気になる植物】・・・ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)&竹の子

【ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)】
最近、道端でナガミヒナゲシ(長実雛芥子)をよく見かけます。1961年に東京都で初めて確認されて以来、現在では
沖縄県と青森県を除く、全国で確認されています。
ケシ科の一年草ですが、阿片の原料となるアルカロイドを含んでおりませんので、栽培には問題がありませんが、生態
を乱すと指摘する専門家もいます。今日も、急速な繁殖の問題が報道されていました。⇒47news 
芥子坊主(果実)から1000~2000の種子(ケシ粒)をばら撒き、爆発的な繁殖力で、他の草花を駆逐してしまう可能性
があるそうです。私も、種が飛ぶところを見たことがありますが、風や振動で、考えられないくらい遠くまで飛ばします。
日本の風景を変えてしまったセイタカアワダチソウの二の舞にならないよう祈っています。
d0019350_0185068.jpg
連休明けに上棟する現場では、玄関土間の型枠を外しました。基礎着工前に敷地の竹やぶを伐採したのですが、直ぐ
に竹の子が出てきました。お施主さんが再度、根を掘り起こしましたが、まだまだ出てきそうです。この家も竹に負けず、
永く根付いてほしいと思います。上棟が待ち遠しいですね。
d0019350_0192190.jpg
ナガミヒナゲシも竹も凄い生命力です。見習わなくては・・・。 駿河工房 今井

駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-05-03 00:24 | | Comments(2)

【草花の観察/2013】 オオイヌノフグリ ・ タチイヌノフグリ ・ ノビル

今日も、facebookのまとめです。
【草花の観察/2013】
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)は、早春からコバルトブルーの花をつけます。ヨーロッパ原産で、オオバコ科クワガタソウ属の
越年草です。今では日本各地に定着しています。
私は、在来種のイヌノフグリを探して8年が経ちますが、未だに見つかっていません。それもそのはずです。このオオイヌノフグリ
に生育地を奪われたり、開発行為によって大幅に数を減らし、今では、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されているのです。
3年ほど前に、オオイヌノフグリと花形が似ていて、大きさが四分の一...くらいのフグリを見付けましたが、残念ながら、在来種
のイヌノフグリではありませんでした。
これは、タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)といって、ヨーロッパ、アフリカ原産の帰化植物です。あまり見かけないのは、花が小さい
上に、開花している時間が2~3時間と短いために目立たなかったからです。
オオイヌノフグリとタチイヌノフグリの比較写真を掲載させていただきました。タチイヌノフグリは午後1時には確実に開花しています。
ご興味がございましたら、地面に顔を近づけて、覗いてみてください。
d0019350_2149545.jpg
【休耕地の観察・・・ノビル(野蒜)】
ノビル(野蒜)をご存知でしょうか?・・・野に生える蒜(ひる)という意味で、蒜はネギやニンニクの古名です。ユリ科の多年草で、
ネギの花のように薄い皮を破って花が出てきます。今は、ノビル3兄弟です。一ヶ月もすると下のように花が咲きます。ニンニク、
ニラ、ネギ、ラッキョウと同じように食べることができます。昔は酒のつまみとして珍重されていました。
こちらのブログには、料理の仕方が書かれていました。⇒美味しく食べたい
d0019350_21532330.jpg
今日は、「富士山、世界遺産へ」のニュースが流れていました。生態系が変わらないよう環境を保全する必要があると
思います。 駿河工房 今井

駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-05-01 22:09 | | Comments(0)

休耕地の観察・復活・・・カタバミ&ユウゲショウ

2005年からブログに書いていた「休耕地の観察」が復活しました。facebookに載せた記事ですが、ブログには、2記事を
まとめて掲載させていただきました。
隣地の休耕地にカタバミが咲いていました。カタバミは、花径10㎜くらいで、全国いたるところに咲いています。夕方になると
花びらを閉じて休眠運動をします。[下の写真]右側の花は休眠運動をしています。左の花の中には休眠しているように見える
アブマドヒラタアブらしき小さなハナアブがいました。カタバミについては、以前、ブログに書きました。⇒気になる野の花(その1)
d0019350_2036487.jpg
ユウゲショウ(夕化粧)は、「赤花夕化粧」とも呼ばれています。名の由来は、午後遅くに開花して、艶っぽい花色を持つこと
からとされていますので、寝起きの写真を撮りましたが、早起きでした。ところが、カタバミは、まだ寝ていました。ホソヒラタアブ
が待ち遠しそうにホバーリングをしています。小さな虫もカタバミの開花を待っているようでした。
d0019350_20384948.jpg
休耕地にも小さな生き物の営みがあります。これから、復活連載しますので、よろしくお願いいたします。 駿河工房 今井

駿河工房では、4月29日(祝・月) 13:30~15:30に、住まい教室・『無理のない資金計画編』を開催します。
 詳しくは駿河工房/ニュース・イベント
駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-04-28 20:53 | | Comments(0)

ハバネロ

先日、ある現場の庭に生っていたハバネロの実です。
ハバネロはトウガラシ属の植物の一種で、実の大きさは2 - 6センチメートルくらいで
オレンジ色が、一般的。
d0019350_17105361.jpg


ハバネロの辛さは、ギネスブックに1994年に申請した最高記録として掲載されましたが、
現在ではハバネロよりも遥かに辛いトウガラシが存在する事が分かっており、
『世界で2番目の辛さのトウガラシ』と言うことになります。

     私はまだ食したことがありませんが、見た感じの色具合からは想像できませんね。

                                  駿河工房   渋谷



ブログ・ランキングに参加中「人気blogランキング」に参加しています。こちらをクリックしてご覧ください。
      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。
[ホームページ]
こちらが・・・→駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】
駿河工房からのお知らせー【最新のニュース・イベント】
社長の業務日記・・・→HP【駿河工房日記】 「つぶやき」はこちら→Twilog
[ブログ]
住宅設計・よもやまばなし・・・→ブログ【駿河工房設計室】    
建築現場の様子も見られます・・・→ブログ【駿河工房の工具箱】    
New 焼津市の『セントラルタウン宗高』分譲開始→ブログ
【駿河工房の不動産情報】

New 自宅の建築日記→ブログちいさな家ができるまで ~駿河工房設計士 自宅建築日記~
New 営業マンのつぶやき→ブログ静岡木の家暮らし
New 駿河工房営業スタッフブログ→ブログ駿河工房営業分室

長期優良住宅事業
平成22年度 木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)の募集開始について
詳しくはこちらをご覧ください。→長期優良住宅建設工事助成
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
駿河工房がつくる「長期優良住宅先導的モデル」→『CONCIERGE』は、長期優良住宅特集
長期優良住宅の上棟→耳寄りな情報・・・長期優良住宅先導的モデル事業
by surugaki | 2011-10-13 17:14 | | Comments(0)