「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:手長エビ( 2 )

手長海老の脱皮・・・不覚にも・・・

研修旅行から帰り、水槽を覗き込みました。そうしたら、いつもの定位置に海老がいません。
そこには、抜け殻しかありませんでした。そろそろ、脱皮するとは思っていましたが、
これほど早くするとは思いもよりませんでした。不覚にも、旅行中に脱皮されてしまった
のです。その抜け殻を見ると、鋏の付いた脚の長さは、両方で、30cm以上あります。
抜け殻をよく見ますと、後ろ向きに、うまく殻を脱いだようです。丁度、トレーナを脱ぐ
ときのように、両手を伸ばして、体を抜く感じだと思います。その時に背の部分も、
古い殻がバラバラに分離するようです。目は、脱皮せず、そんまま大きくなると思われます。
脱皮の瞬間は、撮れませんでしたが、少しメカニズムが分かった気がしました。
駿河工房 今井
d0019350_105362.jpgd0019350_1051412.jpg
d0019350_1053316.jpg
by surugaki | 2005-07-26 10:07 | 手長エビ | Comments(14)

手長海老・・・ビックリです

二年前、タナゴの水槽に、生まれたばかりの川海老を入れておきました。川海老は、体が
透き通ってとてもきれいでした。水槽は、たまに水を足すだけで、ヤシガラ炭と微生物で
浄化しています。水草も多くなり、中の様子が、見えづらくなりましたので、清掃をしよう
かと、上から覗き込みました。そうしたら、ビックリです。大きな手長海老が、こちらを
にらんでいるのです。それに、あの透き通った川海老は、何処にも居ません。

あの川海老が、大人になったんだ!と二度ビックリです。池でも、川海老を飼っていますが、
これほど大きいのは見たことがありません。全長が10cmで、鋏を広げると20cmも
あります。今までの川海老は、せいぜい全長5cmでした。倍以上の大きさです。いつの間に
こんなに大きくなったんだろうか?そういえば、海老も脱皮しながら成長します。

先日、亀の脱皮をブログで報告しましたが、今度は、手長海老の脱皮を報告しなくてはなりま
せん。どんな手順で、脱皮したのかなぁ?あの長い脚を、どうして抜くのかなぁ?と疑問が、
またまた、浮かんできます。きっと、近いうちにきっと脱皮すると思われますので、水槽から
目が離せません。これでは、この夏、仕事になりませんので、朝晩の定期観察とします。
タイミングが良ければ、脱皮の瞬間を報告できるかもしれません。    駿河工房 今井
d0019350_1015996.jpgd0019350_1015198.jpg
by surugaki | 2005-07-20 10:15 | 手長エビ | Comments(6)