2008・夏休みの自由研究=トンボの観察・・・ふたたび、キイトトンボ

最近は、キイイトトンボが多く飛んでいます。他のトンボを撮るつもりでも、胴体の黄色が緑の中に映え、他よりも目立ちますので、つい、このトンボを写してしまいます。

先日も、産卵の様子をアップしたばかりでした。メスが産卵している間、オスは周りを見張っていましたね。けっして、サボっていたわけではありません。少し誤解していたようです。→2008・トンボの観察・・・キイトトンボ

{キイトトンボ オス(♂)}
全長38mmで、胴周りは他のイトトンボと比べると、かなり太いめです。それで目立つのかもしれません。つい自分のお腹を見てしまいました。
d0019350_1641812.jpg
{キイトトンボ メス(♀)}
メスは緑型黄色型の二種類があるそうです。これはリアル緑型です。大きさはオスと変わりません。
d0019350_16291178.jpg
交尾
昔は、水田で普通に見かけられたようですが、今ではほとんど見られません。水田が無くなったことや農薬の影響でしょうね。水田にキイトトンボが帰ってくることを祈念し、交尾の様子をアップさせていただきました。
d0019350_1646318.jpg
■先回のハッチョウトンボの交尾は10秒程度だそうですが、キイトトンボは、長い時間交尾を続けます。移動しても♥マークのままです。d0019350_16555594.jpg
私がトンボを観察している沼には、多くのキイトトンボが飛んでいますが、街中で見掛けることは、ほとんどありません。キイトトンボが棲める環境を取り戻したいですね。 駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】         駿河工房からのお知らせー【ニュース・イベント】

[ブログ]
ブログ【駿河工房設計室】    ブログ【駿河工房の工具箱】    

ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
by surugaki | 2008-08-16 07:43 | トンボ | Comments(12)
Commented by 白あずき at 2008-08-17 22:32 x
D80の御見舞に参りました。 熱中症にかかられたそうで・・・。
持ち主さんは元気なのに?
ごめんなさい。 渋谷さんのララとビビを見た後では、いかに美しいトンボを見ても心が動きません。
D300の写真楽しみにしております。
Commented by surugaki at 2008-08-18 06:16
白あずきさん、キイトトンボはそれなりにきれいですが、このように拡大すると「キモイイトトンボ」に
なるから不思議です。どうしてデジタルは、前触れも無く壊れるのでしょうか。アナログ人間には
理解できません。D300は、中古品ですが、新品同様でした。・・・が、取説が理解できません
ので、デビューは来月くらいでしょうか。それまでは、ポケデジにします。それまでにD80が退院
してくれば、デビューの機会を失うかもしれません。
Commented by muraokajun at 2008-08-19 00:08
自分が撮影した埼玉の森林公園にも、キイトトンボがいっぱいいました。
しかし、農薬をつかっている田んぼには全くいません。
キイトトンボが身近に見ることが出来る日本になってもらいたいと願います。
Commented by surugaki at 2008-08-19 06:34
村岡師匠
全くその通りですね。田んぼの農薬もそうですが、茶畑の農薬も気になります。自然農法は、
経済的にも大変ですが、何とかならないものでしょうか。つい、まじめなコメントになってしまい
ました。
Commented by kake24 at 2008-08-19 22:13
静岡には緑に囲まれた池がたくさんありますが、茶畑が多いせいか、
どの池も水棲生物の相は貧弱なのだそうです。
たとえば静岡の池にはゲンゴロウ(○○ゲンゴロウではなくて本物のゲンゴロウ)はいませんが、
県境を越えてお隣りの愛知県に行くと、まだ健在なところもあるようです。
ハッチョウトンボも愛知県の方が生息地が多いと思います。
メダカ、トノサマガエルなど、普通の生きものたちが普通に戻ってこれるような
環境でありたいですね。
Commented by surugaki at 2008-08-20 06:54
kake24さん、茶畑の消毒は、半端ではありませんね。無農薬での生産者グループは、細々と活動
しているのが現状です。無農薬手摘み茶を頂いたことがありますが、今までのお茶とは全く別物で、
なんともいえない味わいでした。生産者よりも私たち消費者の価値観を変えなくてはなりませんね。
昭和30年代の環境に戻す努力が必要だと思います。
Commented by -4.7℃ at 2008-08-20 08:36 x
消毒という表現変えたほうがよいのではないでしょうか?
Commented by surugaki at 2008-08-20 09:13
-4.7℃ さん、その通りですね。「消毒」ではなく、「農薬散布」に訂正いたします。エキサイトの場合、
「コメント編集機能」がついていませんので、上のコメントを変更できませんんでしたので、こちらを
訂正文とさせていただきました。
Commented by sononet1820 at 2008-08-21 17:43
  きれいな画像ですね~(^_^)
やはり息を止めて”気”を入れたわけですね!
撮った場所はやはりキーポイントと言うのでしょうね~!
!昨日はアクトで管理講習でした、考査は久々に汗をかきました
27日は静岡会場で総合司会です!建築士の為に頑張ります(^_^)v
Commented by surugaki at 2008-08-21 21:14
sononet1820さん、お疲れ様です。明日は、静岡県住宅振興協議会・企画委員会です。この委員会
の委員長も建築士事務所協会から輩出されました。私も微力ではありますが、いつもの「カバン持ち」
をさせていただきますので、静岡県の住宅振興のためにご尽力賜りますようお願い申し上げます。
Commented by fuu-2005 at 2008-08-22 00:41
こんばんは。
つい最近、軽井沢で、赤くなりきっていない赤とんぼをたくさん見かけました。
surugakiさんを思い出したのはいうまでもありません。^^

緑のイトトンボは子どものころ見かけた記憶があります。
そういう環境にまた戻りたい…と思う…このごろです。
Commented by surugaki at 2008-08-22 06:10
fuu-2005 さん、軽井沢は良いですね。私も行ってみたいです。それに思い出していただいて
光栄です。そのトンボは、アキアカネでしょかね。こちらでも、飛び始めましたよ。でも、飛んでいる
写真は、上手く撮れません。(涙)
虫嫌いのfuu-2005 さんには、申し訳ない気がしますが、お言葉に甘えて、「虫記事」を連載させて
いただきます。
<< 荒祭 焼津海上花火大会 >>