2008年・トンボの観察・・・ウチワヤンマとオマケの睡蓮

よく雨が降りますねぇ。(涙)トンボは晴れていないと出てきませんし、出てきたとしても、きれいに撮れません。今回、ご紹介するウチワヤンマも同じです。この日は雲が多い夕方でした。池に刺さった木杭の先端の釘に、しがみついていました。これが飛んでいる写真ならよかったのにな~ぁ。と、思いつつ、またしても、トンボの標本記事になってしまいました。

■村岡さんの1/4000の世界を拝見して以来、私も飛んでいるトンボに挑戦しているのですが、上手くいきません。そこでフォトショップで、1/4000を再現してみましたが、マウスでは細かいところが描けませんでした。(涙) 実は、釘を消して羽の骨組みも描いたのですが、よく見ると不自然です。邪道ですね。
d0019350_17215128.jpg

↓下の写真・①&②オリジナルの釘にしがみつくウチワトンボです。尾の先端にウチワのような突起物があります。メスのほうがウチワが大きいそうですから、これは、オス(♂)だと思います。葦などの先端にとまり、縄張りを主張するそうです。昨年は、逆立ちをしながら、自己主張をしていました。なかなかのパフォーマーです。→トンボの観察・・・ウチワヤンマの逆立ちd0019350_211822.jpg
ウチワヤンマなのにヤンマ科ではなく、サナエトンボ科です。全長70mmくらいで、ギンヤンマくらいの大きさです。まぎらわしいですね。ウチワも横から見ますと一枚のように見えますが、左右に二枚付いています。それで、こっそり後に回って、お尻の団扇を撮ろうとしたら、どこかに逃げていってしまいました。d0019350_21182270.jpg
ウチワトンボが去った後には、杭と折れ曲がった釘だけが残っていました。・・・それでお仕舞いにしますと、ご批判を浴びそうですので、近くに咲いていたスイレンオマケに付けさせていただきました。

スイレンは漢字ですと、水蓮ではなく、睡蓮と書きます。ここ蓮華寺池には、チューリップと同じように、赤、白、黄色が咲いていました。睡蓮は、睡眠するなのです。こちらが、睡眠している証拠記事です。→灯台下暗し・・・・睡蓮の花

■睡蓮の話を聞きますと、との違いが知りたくなりませんでしたか? ・・・お知りになりたい方は、こちらをご覧ください。→地元限定の検証・・・蓮華寺池の蓮d0019350_2120498.jpg
大雨による災害が多発していますが、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
早く梅雨が明けてほしいですね。私も晴れた日にせいせい、トンボの撮影をしたいです。「せいせい」は漢字で、「晴々」または、「清々」と書くそうです。・・・蛇足でした。 駿河工房 今井


ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】 

[ブログ]
ブログ【駿河工房設計室】    ブログ【駿河の工具箱】    
ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
by surugaki | 2008-06-23 19:11 | トンボ | Comments(12)
Commented by muraokajun at 2008-06-23 22:10
花屋師匠
蓮と睡蓮の違いは、知りませんでした。
自分のブログにも、投稿しましたが、あっているんでしょうか?
確認すると、なんか葉っぱが上に上がっているようにも見えます。
勉強になることばかりで、楽しいですね。
たまにミスをして、ドキィとするのも、スリルがありますね(●^o^●)
Commented by kake24 at 2008-06-23 22:36
ウチワヤンマ、もう出ているんですね。
なんか不思議な写真だなあと思いながら本文を読みましたが、
村岡さんの写真に相当な衝撃を受けている様子がひしひしと伝わって来ます。(笑)
サナエトンボ科のトンボがヤンマ科と違う点は、複眼が離れていることと、木の枝などにぶら下がって止まらずに、棒や石に乗っかって止まることの2点です。

ところで梅雨が明けるととにかく暑くて、トンボ撮影はかなり大変です。
あと、だんだん羽がぼろぼろになってきてしまいます。
私は梅雨の頃のしっとりとしたトンボの風景の写真も好きです。
Commented by surugaki at 2008-06-23 23:05
村岡師匠
私のは「間違いだらけの植物図鑑」と言われてましたから、たまたま間違っていなければ、
儲けもの。・・・そのくらい、おおらかにご覧いただければ幸いです。早く、晴れ間が出て
ほしいですね。私も飛んでいるトンボを撮りたいです。寝ても起きても「飛んでいるトンボ」
ですからね。
Commented by surugaki at 2008-06-23 23:13
kake24さん、一番上の写真ですね。・・・まさに不自然そのものです。実際に飛んでいる姿を
撮りたいものです。まぁ、「念じれば通じる」ということで、フォトショップで念じた次第です。
サナエトンボ科とヤンマ科の違いも検証したいですね。暑さは苦手ですから、梅雨の晴れ間
を狙いますね。それにしても週末は雨天が続きますね。ウイークデイに撮らなくては・・・。
(ひとり言)それでは仕事になりません。(涙)
Commented by ルーズメリー at 2008-06-25 21:14 x
surugaki親分
お久しぶりです。(^^ゞ
先日は 白あずきさんブログのコメント欄に ご紹介頂き有り難うございました。
こんなに ご無沙汰しておりましたのに 嬉しくて 有り難くて。。。"^_^"
涙(?)で グチョグチョです。

とんぼは 苦手ですが ウチワヤンマの逆立ち
面白いですね。
本当に 倒立しちゃっていましたね。
こんな画像が撮れるなんて。。。
私には 考えられません。(@_@;)
また 図々しく遊びに伺わせていただきま~す。
Commented by arutaguchi at 2008-06-25 21:31 x
いよいよ飛んでいるトンボをキャッチ!?
と思ったら労作だったのですね。
羽根の波打っている瞬間を楽しみにしています。言うは易しですが。笑
Commented by surugaki at 2008-06-26 05:34
ルーズメリー さん、ご無沙汰しています。ここのところ、白あずきさんは、休息中のようで、
心配ですね。早く戻ってきてほしいです。昨年は、晴れ間が多かったのでトンボの逆立ちも
撮れましたが、今年は雨ばかりで、姿さえ見かけません。(涙) 晴れたらまた撮りに行ってきます。
虫嫌いの方々に配慮しながらアップさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
わたしも>図々しく遊びに伺わせていただきま~す。
Commented by surugaki at 2008-06-26 05:40
arutaguchi さん、スイマセン。贋作でした。最近は雨ばかりで、チャンスすらありません。(涙)
晴れたら、再挑戦しますので、よろしくお願いいたします。arutaguchi さんも、ブログでトンボを
アップしていただけませんか。
Commented by arutaguchi at 2008-06-26 10:23 x
トンボ道にはいる前にブログ道に入るという壁がありまして・・・。
Commented by エキサイトブログ at 2008-06-26 11:53 x
arutaguchi さん、それでしたら、SAREXメンバー御用達の「エキサイトブログ」がお勧めです。
村岡さんも野辺さんも迎川さんも田中さんも池田さんも岩下先生までも、み~ぃんなエキサイト
です。上の名前・「エキサイトブログ」をクリックして、「新規申し込み」をされれば、即、ブロガー
です。是非、お試しください。by surugaki
Commented by muraokajun at 2008-06-27 00:31
ARU田口さん
エキサイトの壁は、うちの娘に15分でアップさせます。
ご来社ください、その後トンボブログにワープください(●^o^●)
Commented by surugaki at 2008-06-27 03:37
muraokajun さん、その通りですね。「ARU田口さん、是非、伺ってみてください。美穂さん
でしたら、5分でアップされますよ。」・・・今からトンボ記事が楽しみです。
<< 大鐘家の紫陽花。 映画<めがね> >>