2008・野の花・・・ホトケノザ(仏の座)&カキドオシ(垣通し) 

私にとって、この時期に咲く野の花の中で、最も可愛らしいのがホトケノザで、最も凶暴に見えるのが、カキドオシです。あまりに対照的ですが、どちらもシソ科唇形花(しんけいか)です。すっかりこの時期の定番になってしまいましたので、今回は写真を中心にディティールを紹介させていただきます。

[ホトケノザ(仏の座)]
葉が仏像の蓮座(はすざ・ハスの花の形をした台座)に似ていることから名付けられたそうです。シソ科オドリコソウ属の二年草で、花の背丈は15mm、径は4mmほどです。兎の顔のような可愛らしい花で、メルヘンチックな雰囲気を漂わせています。d0019350_791637.jpg
■近づいてみても、やはり兎顔です。右端の花は閉鎖花といって、花を開かず蕾のまま自家受粉して種を作るそうです。
d0019350_793153.jpg
[カキドオシ(垣通し)]
葉の形は上のホトケノザと似ています。同じシソ科で、カキドオシ属多年草です。横に這うように広がり、垣根を通り抜けることから名づけられたようですが、カキドオシというよりカキオドシの方が似合っているように思います。花径は約10mmで、人差し指の先くらいの大きさです。それにしても厳(いか)つい顔つきです。
こちらの記事には、出会いから薬効まで書かせていただきました。→休耕地の観察・2006・・・カキドオシ(垣通し)d0019350_711653.jpg
■花を上から写しました。いつもの見慣れた花とは全く違う形です。接写すると、花全体にはピントが合いません。(涙) 花の全長は15mm程度です。d0019350_741407.jpg
花の正面は、怪獣が口を開けているような形状です。しかも、下顎に歯が生えているように見えます。
しばらく観察していますと、ルリハナカミキリがやって来ました。花が噛みつくのではないかと、ドキドキしましたが、期待は見事に裏切られ、虫は静かに去っていきました。d0019350_754699.jpg
[オマケの画像] ルリハナカミキリが立ち去る様子です。でも、花は噛み切りませんでしたよ。d0019350_1818021.jpg
花屋に返り咲くつもりで記事を書いていましたら、これからは「虫の季節」だと気づいてしまいました。虫がお嫌いな方も居られますので、ひっそりと兼業させて頂く所存でございます。どうかよろしくお願いいたします。 
                                                        駿河工房 今井

ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記のホームページとブログは、【名前】クリックしてご覧ください。

[ホームページ]
駿河工房のHPー【木の家の駿河工房】 

[ブログ]
ブログ【駿河工房設計室】    ブログ【駿河の工具箱】    ブログ【静岡で満足できる木の家づくり】

ブログ【駿河工房の不動産情報】    社長の行動【駿河工房日記】
by surugaki | 2008-04-12 18:45 | | Comments(6)
Commented by muraokajun at 2008-04-12 23:08
時期遅れ(流行遅れ)の鳥屋見習いです。
師匠は、花屋と虫屋に行かれたようで、自分も花屋見習いにもどりたいと思います。
5月になれば、トンボ見習いにも弟子入りしたいので、よろしくお願いします。
Commented by surugaki at 2008-04-12 23:53
村岡さん、私は、「野の花」と「木の花」に特化しますので、「園芸種」は他の方におまかせします。
虫は、「近所の虫」です。蝿やゴキブリも有りですけどね。トンボは、昨年、初めて蝶トンボを撮り
ました。今年は、トンボの種類を増やす予定です。こちらこそご指導賜りますようお願い申し上げます。
Commented by 白あずき at 2008-04-14 08:37 x
ホトケノザ、いいですね。
小さい花だけど、紫が濃いから一面に咲くと見事です。
うちのお庭にも毎年咲くので、繁殖させていたつもりなのに、
今年はみかけません(涙)。

ウサギ顔、というとこに、強く親しみを感じます♪
Commented by surugaki at 2008-04-14 09:34
白あずきさん、仏の座は、白あずき家の「うめちゃん」のように可愛らしいですね。ただ、繁殖力が強い
ので、紫色の絨毯を敷いたような畑をよく見かけます。過保護にしないほうが良さそうですね。シロバナ
もあるそうですので、近いうちに探しに行ってきます。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-04-14 10:31
やはり虫も・・・・~~。
カミキリくらいでしたらいいのですが・・・。
Commented by surugaki at 2008-04-14 13:06
中里さん、花を写したつもりでも、虫が主役なっている場合も多々ございます。上のルリハナカミキリも
虫にピントが合ってしまいました。なにとぞ諸事情をご高察くださいますようお願い申し上げます。
<< お洒落なリラックスタイムの贈り物 こんな電動車椅子をご存じですか? >>