ガウディーの建築・予備知識(その1)・・・塔の造形

ラ・ペドレア(カタルーニャ語で採石場の意)と、通称で呼ばれるカサ・ミラ邸の最上階の天井には、シルバーの細い
チェーンが板から吊下がり、まるでシャンデリアのようです。・・・ガウディーは、これを逆さから見て「塔の形」を決めて
いたのです。まさに逆転の発想ですね。

■チェーンの両端を固定して垂らすと、放物線を描きます。それを逆さから見ますと、ガウディーが描く「塔の形」が現れ
ます。先日、ご紹介した「サグラダ・ファミリア寺院」も一般のゴシック建築の塔より丸みを帯びているのは、その為です。

㊧ラ・ペドレア(カサ・ミラ)の外観   ㊨天井から吊るされたシャンデリアのようなシルバーのチェーン
d0019350_0194937.jpg
■㊧右上の写真を逆さにしますと、自然な曲線の塔が見えてきます。㊨これは、ガウディー設計のコロニア・グエル
教会
の模型です。すでにお気づきのように、左の写真と同じ形です。d0019350_2359341.jpg
d0019350_002875.jpg[コロニア・グエル教会]
現在は、礼拝堂が完成していますが、
塔の部分は、未完です。 入場料や
寄付金で、建築資金が調達できれば
工事が再開されると思います。
ところが、ここを訪れる人は少なく、
いつ再開できるかは分かりません。

この教会があるコロニア・グエル地区
は、古い建築物の保存地区でもあり、
多くの建物や歴史に触れることが出来
ます。ガウディーの建築スポットの中
では穴場です。寄付金をご持参の上、
伺ってみるのもよいと思います。
これから、ラ・ペドレア(カサ・ミラ)コロニア・グエル教会のディテールも紹介させていただきますので、予備知識と
して、記憶に留めておいて頂ければ幸いです。  駿河工房 今井

人気blogランキングに参加しています。
       ↑一日一回クリック!!!  応援、よろしくお願いいたします。
       (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。)

[お知らせ]
駿河工房のHPは、こちらです。→木の家の駿河工房
 駿河工房のニュース・イベントは、こちらです。→ニュース・イベント

工務店経営ソフト販売開始! (工務店経営者必見!!) 詳しくはこちら→ 建通新聞

建築にご興味をお持ち方は、こちらのミヤちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

    
by surugaki | 2007-05-13 10:25 | ガウディー | Comments(8)
Commented by tokyomachiya at 2007-05-13 13:44
日本でもお城の石垣を積むときには、墨坪の糸を伸ばして弛ませて(縄弛み曲線)、そのラインに合わせて積んだんですね。
洋の東西を問わず、構造計算無しでも自然の観察で力の流れをわかっていたんですね。
Commented by H_ishi at 2007-05-13 14:23 x
こんにちは
久しぶりに日曜日ゆっくりしています。

植物の群生やその環境など見ていると、色々学ぶことがたくさんあります。
それに気づくか否かは、感性・観察力の違いでしょうか。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-05-13 16:34
スペインにいってらっしゃったのですね。
どうも気配がないと思っていました。
サグラダファミリア教会は私が行った20年前からとは少し変わりました。
ちゃんと進んでいますね。
カサ・ミラの屋上にも行きましたが、そこで割れたレンガが落ちていたのを記念に持ち帰り、自宅のタタキに埋め込みました。間違いなく落ちていたものでしたので念のため。
Commented by surugaki at 2007-05-13 17:15
迎川さん、その通りですね。それにメガネ橋などの組石も同じですね。シェル構造ですから、構造的にも
しっかりしていますね。いくら地震がない国といえども、100年も持っているのですから、たいしたものです。
それに、サグラダファミリアのように高い建物は、鋭角になっています。風力についても考えていたと思われ
ます。
Commented by surugaki at 2007-05-13 17:19
H_ishi さん、ゆっくり出来てよかったですね。ガウディーは、動物や植物を観察して、それをモチーフに
建物を作っています。装飾だけでなく、構造にも利用されています。今後、少しづつ、そのことについても
書かせていただきます。
Commented by surugaki at 2007-05-13 17:37
中里さん、スイスからスペインに行ってきました。出掛けにMyPCがパンクして、音信普通になったのです。
スイスにあるコルビジェの母の家は、5月3日に現地からアップしましたので、よろしかったら、ご覧ください。
そういえば、カサ・ミラの屋上は、改修工事中でした。ようやくその理由が分かりました。(笑)薄いレンガを
アーチ状に積み上げて、それを組合わせてシェルを構成していました。この次は、そのレンガをアップしますね。
レンガが一つ足りなかったらどういたしましょうか
Commented by 自由工房(nabe) at 2007-05-15 16:56 x
surugakiさん、おかえりなさい。(すこし出遅れました(汗))
ご無事の帰国でなによりです。(PCは残念でしたね・・・)
カサ・ミラのシャンデリアから、グエル教会の塔を考えていたとは・・・。
ガウディのような天才のデザインの原点とは・・・・かなり興味深い(感心)。
Commented by surugaki at 2007-05-15 18:14
自由工房(nabe) さん、>カサ・ミラのシャンデリアから・・・これは、シャンデリアではなく、
シャンデリアのように見える、ガウディーの発想を説明したボードです。舌足らずでスイマセン。
これから、グエル教会もアップします。特に内部は撮影禁止でしたが、管理人のおじさんが、
意味不明のスペイン語で「内部も写してイイよ。」と言われ、バッチリ写してきました。寄付も
よろしくお願いしますね。
<< 丸いのは、どの角度にしても落ちない為 新美術館に行く。 >>