M邸 完成

1月に昔の引手3月に百年前の古材 と題して紹介しましたM邸が完成しました。
M邸は約240坪の土地に建つ約60坪の2世帯住宅です。
西側に親世帯、東に子世帯、それぞれを真ん中に位置する、玄関・土間で繋ぐ昔懐かしい感じのする間取り構成。d0019350_18503999.jpgd0019350_18501965.jpg
㊧南側正面:元あった百年前の家になるべく近い高さで設計し、平屋建てに見える様に。
㊨東側から:こちら側から見るとやっと2階建てだと分かります。
元あった家の外観、平屋建てに見える事、 Mさんが家を建てるにあたってこだわった所です。
設計するに当って、この高さの設定が一番頭を悩ませましたが、いい高さになったと思います。

d0019350_18505564.jpgd0019350_1851387.jpg
㊧玄関:正面に百年前の家の大黒柱、和室境の襖には昔の引手、奥に見える黒い建具は昔の建具の再利用。
㊨土間:上部には百年前の家に架かっていた梁。
大黒柱は約9寸角、古い建具は高さ調整をして、昔の引手も、百年前の梁も、納まってしまうと何の違和感もありません。

d0019350_18512346.jpgd0019350_18513289.jpg
㊧2間通しの和室:最近ではあまり見る事が少なくなった差鴨居。奥に見える床柱は無垢の黒檀!
㊨仏壇:この仏壇も古いものを、洗って、漆で仕上げて再生しました。古い物も手を懸けてあげれば綺麗になります!


d0019350_1851484.jpg子世帯居間より:食堂境に昔の簾戸を使いました。昔の建具の為、高さ・巾が足りなかったのですが、建具屋さんが上手く付け足しをして、塗装屋さんが綺麗に仕上げてくれました。

いろいろな方たちの協力があり完成したM邸、
百年後まで住み継がれる家でいてほしいと思います。


 

               設計課 山崎






[お知らせ]
8月19日(土)・20日(日)の「住まいの見学会」は、終了いたしました。
 多くのご来場、誠にありがとうございました。見学会会場の様子は、こちらをご覧ください。→Mさんの家づくり
  
建築にご興味をお持ち方は、こちらの宮ちゃんブログもご覧ください→静岡で満足できる木の家づくり。

焼津ギャラリーにて、陶芸教室を開催いたします。
  詳しくは、こちらをご覧ください。→
はしばみ窯 陶芸教室

美和野ギャラリー・「和木(やわらぎ)の家」販売中! 建物の写真・物件概要など、詳しくは コチラ。

人気blogランキングに参加しました。
    ↑ここをクリックして 応援くださいますよう お願い申し上げます。

     (クリックしていただくとランキングが上がるそうです。・・・ありがとうございました。

by surugaki | 2006-08-27 11:49 | 木の家 | Comments(4)
Commented by hirano-soft at 2006-08-27 21:31
大規模な改修ですね。大変な苦労が・・・。また、改修の極意をご教授ください。
Commented by suruga zaki at 2006-08-27 21:47 x
もとは改修の予定でしたが、さすがに約百年前の建物だったので改修はあきらめ完全に建て替えにして、使えそうなものは再生、とさせていただきました。
百年前の家の面影がある新しい家、これはこれで苦労しました。 
Commented by たるけんましこ at 2006-08-28 10:20 x
思い出を受け継ぐっていいですね。
木が焼けてきたら、どんどんシックリきますね。
時間の経過を楽しむ家、こうありたいです。
Commented by suruga zaki at 2006-08-28 12:21 x
時間の経過を楽しむ家、まさに木造住宅ならではですよね!
百年後、この家がどう住み継がれているか、もの凄く興味が沸いています。
でも、百年後だと自分の目で確認することができないんですよね・・・・残念!
<< 韮(ニラ)の花 カーブミラー4連発 >>