建国記念の日は、建前・・・上棟の日

今日は、建国記念の日にちなんだ訳ではありませんが、上棟の日です。
d0019350_22153644.jpg朝から、雲ひとつ無い上棟日和です。ところが、
棟を上げ、野地板を打ち終わる頃に前の山から、
UFOが舞い上がったと思わせるに充分な雲が
突如、現れました。雲の横に見える白い丸は、
UFOの本体ではなく月でした。拡大してみますと
よく判ります。あ、拡大しなくても分かりましたか。
d0019350_23331390.jpg
二階の野地板が張り上がり、1階下屋の垂木を取り付けている頃、お施主さんのお嬢さんが施工された家が
完成し、ふと、この家の右横の山を見た時、その雲は突然現れました。
大工さんもデジカメで写す人まで現れました。もちろん、私も例外ではありません。この雲も30分くらいで
消えてしまいました。地震雲ではないかと言った人もいましたが、私の浅い経験では、明らかに違います。
この雲は勝手に、UFO雲と名づけました。d0019350_22312624.jpg d0019350_22304840.jpg
無事、棟上も終わった頃には、富士山に夕日が反射して薄紫色に輝きだしました。
ここで空や富士山を見ているだけでも飽きませんね。安全で快適な家作りは最も大切なことですが、
それにもまして、毎日、富士山を眺めながら住まわれるとは、羨ましい限りです。上棟レポートの予定が
UFO雲の話に変わってしまいました。詳細は、工事報告書で、改めてご報告させていただきますので、
よろしくお願いいたします。  駿河工房 今井d0019350_20312249.jpg
by surugaki | 2006-02-12 00:32 | 木の家 | Comments(6)
Commented by sono at 2006-02-12 08:11 x
流れが速い雲の表情はいろいろ変化して見飽きませんねエ~。
画像もジョウトウでした(^^)
Commented by taroveju at 2006-02-12 10:01
寒い時も暑い時も外でのお仕事は大変だと思います。
でも、時にはこんな素敵な光景も見ることができるんですね。
私も昨日と一昨日、国一の安倍川橋から久しぶりに富士山を見ることができて感動しました。
いつでも富士山を眺められるお家に住んだらきっと心が透き通ってくるでしょうね。
日本中の人々の憧れだと思います。
Commented by surugaki at 2006-02-12 11:15
sonoさん、本当に雲の流れはが速いですね。昨日は夕焼けもスピードを感じさせました。
全く飽きませんね。
Commented by surugaki at 2006-02-12 11:21
tarovejuさん、車で走っていると、突然、富士山が出現する時がありますね。いつも平らだと思っていた所が、
実は小高い所だったり、地球はやはり丸かったのだと実感します。実は、私は外にいるというより、
車で移動している方が多いのです。安倍川橋も周辺で一番高い場所ですね。
Commented by canproyoshikawa at 2006-02-15 00:37
私も静岡に住んで30年余、何が感激かというと冬の富士です。早朝の散歩に出会う輝く富士から夕焼け時、朱に染まる富士まで見飽きませんね。静岡に住めてありがたい事だと思います。
Commented by surugaki at 2006-02-15 06:36
canproyoshikawaさん、静岡の気候は日本で最も良いと思います。徳川家康もこの地で
終焉をむかえたのも分かる気がします。一富士ニ鷹三なすびですね。
<< 不動明王の磨崖仏(まがいぶつ) オブジェ2 >>