しずおか地域材活用住宅・しずおか優良木材の家・地域ブランド化事業採択住宅・<上棟>

先週の上棟blogにアップしてありませんでしたので、急遽、facebookから転載しました。

徳川家康公ゆかりの静岡市安養寺の門の横に「百花春至為誰開」というご住職の書が掲げられていました。
美しく咲き乱れる春の花はいったい誰の為に咲くのか」という問いかけの語だそうです。
こちらに詳しく書かれていました。⇒  
本日は、住職のご両親が住まわれる家の「上棟」でした。この家は、静岡市の「しずおか地域材活用住宅」であり、
静岡県「しずおか優良木材の家」であり、国の「地域ブランド化事業採択住宅」でもあります。
早い話が、「優良な静岡県産材で建てた家」です。無事上棟式を執り行うことが出来ました。
本日は、「13日の金曜日」ですが、私のような建築屋にとっては、「友引」のほうがシックリきます。
「友引」は、「葬式を忌む日」でもありますから、「最良の日」だったですね。 — 場所: 静岡市駿河区
d0019350_21465131.jpg
駿河工房 今井
by surugaki | 2014-06-15 21:50 | 木の家 | Comments(0)
<< facebookの写真 facebook 記事 と blog >>