家・庭 一体の住まいづくり推進協議会・県営住宅東部団地の完成見学会

昨日、「家・庭 一体の住まいづくり推進協議会(リーディングプロジェクト、県産材の活用分科会)」は、「静岡県住宅行政
連絡協議会公営住宅部会」の協力により、「県営住宅東部団地・完成見学会」を実施しました。
この団地は、「家・庭一体の住まいづくり」における先進事例として静岡県が建設を進めていましたが、一部の棟が完成しま
したので、関係者に公開されました。
見学の前に、コンセプトや新しい入札方法、企業体方式、コストについて説明されました。構造は、鉄筋コンクリート造ですが、
内部は、静岡県産材を出来るだけ多く使用したそうです。
ただ、残念だったのは、押入れの内部壁やプラッシュ戸の下地は、「ラワン合板」が使われていました。台所のカウンターに
到っては、「ゴムの木の集成材」でした。出来れば、そこも静岡県産材を使用して欲しかったと思います。
今後、静岡県では、「県産材の活用」と「家・庭一体の住まいづくり」を推進していくわけですが、県民の意識と協力が大事
だと思います。是非、官民をあげて、よりよい住環境を創っていきたいものです。  駿河工房 今井
d0019350_18132576.jpg
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。



by surugaki | 2013-10-18 18:20 | 木の家 | Comments(0)
<< 「ピラカンサス」・「コサギとセ... 「苔と水」・「モンシロチョウの... >>