「地域ブランド化事業・上棟&カマキリの孵化」&「世界食糧飢餓と昆虫」

【上棟&カマキリの孵化】
今日は、「梅雨のズル休み」のお陰で、地域ブランド化事業に採択された住宅が、無事に上棟しました。
上棟現場・左側の「夏みかんの木」では、カマキリが無事に孵化しました。日ごろの行いの良さでしょう。雨も降らず、
全てが上手くいきました。ツイテル、ツイテル。

d0019350_1833635.jpg
【世界食糧飢餓と昆虫】
一ヶ月ほど前に、国連食糧農業機関(FAO)は、「昆虫を食べる」ことが食糧飢餓に対する有効な一手段であるという調査報告書
を発表した。
長野県では、昔から、イナゴや蜂の子、蚕、などが食べれれていることは良く知られていますが、こちらのサイトには、日本の昆虫食
について詳しく書かれていました。
モンシロチョウやトンボの幼虫を食べる地域もあるそうです。偶然にも、草むらに隠れていたイナゴらしき虫と目が合ってしまいました。
帰宅して、検索してみますと、「ツマグロイナゴモドキのオス」のようにも見えますが、はっきりした名前は分かりません。
いずれにしても、次の世代の人たちに食べられてしまうのかと思うと、かわいそうになり、マジマジと覗きこんでしまいました。
そうしますと、細い脚で顔を隠そうとするのです。思わず、脚にピントを合わせました。脚の先が面白い形をしています。顔にボケが入
ってしまいましたので、名前の特定が出来ないと思い、最下段に顔をアップさせていただきました。
d0019350_1855346.jpg
人も自然と共生しながら、暮らすことが大事だと思います。 駿河工房 今井
facebook は、こちら 駿河工房・焼津ギャラリー教室スケジュールは、こちら駿河むすびの会

ブログ・ランキング
ブログ・ランキングに参加中
   スタッフブログは、こちらです。


平成24年度・第2回【地域ブランド化住宅】対象住宅・募集中!
 (地域材を使った長期優良住宅の建設に120万円/棟の補助金が支給されます。)
■詳しくは→【地域ブランド化住宅】
by surugaki | 2013-06-07 18:21 | 木の家 | Comments(0)
<< 初めて見ました。・・・黒い烏骨... 現場周辺の「キセキレイ(黄鶺鴒... >>